タグ:馬鹿話 ( 25 ) タグの人気記事

ひと時の晴れ間と洗濯物

八月なのに涼しいのはとても喜ばしい事なのだが、ここのところ梅雨並みに降り続く雨で困ってもいる。

洗濯出来ない(正確には洗濯しても干せない)。
以前インテリア系のセミナーに参加した時の事。
「あ、そのTシャツ、干した時なかなか乾かなかったから、匂うかも」
「え?別に匂わないけど。平気平気」
と意に介さずに、当日空はスッキリ晴れ渡っていたのもあって出掛けたのがそもそも間違いだった。
駅からの送迎バスを一歩手前で逃したので、十五分程歩いてセミナー会場のある建物に入る頃には全身が汗まみれになった。
会場は十ニ階だ。
数人が乗ったエレベーターの扉が閉まる直前に間に合って乗ったのだが、最悪だった。
汗をかいてから初めて立ち止まって判った。

自分の汗だくのTシャツから部屋干し臭がムンムンと立ち登っているのだ。
それは同じエレベーターに乗り合わせた、涼しげでいい匂いさえ発している女性五人とは悲しい程に対照的だった。
熱気と共に漂う臭気は、俺の汗ばむ体にまとわり付いてゆっくりと拡散している。
それはもう視覚的に見えておかしくない程の香しさである。
どうにか落ち着こうと深呼吸をした。

俺が倒れそうだ。

目の前にいる一人があからさまに俺に背を向けた。
申し訳ない気持ちと、
「これは俺の匂いじゃない、洗濯物の匂いだ、部屋干し臭なんだよっ!」
と言いたい欲求が心の洗濯槽の中で渦巻いて、俺は下を向いてしまった。

そして再び悲しかったのは、一人を除いて他の全員が同じセミナー受講生だった事だ。

どうも貰い物の今の洗濯機は汚れ落ちが悪いらしいし、次は是非とも銀イオンか何かの除菌機能が付いた洗濯機を買いたい。
[PR]
by angelwhisker | 2008-08-28 23:40 | 道具

母さん、もう秋です。夢の話

ちなみに母はだいぶ前にあの世に行っているのだが、この間久し振りに夢に登場。

そこは結婚式場のような葬儀場ような雰囲気の会場の庭のようだった。
俺はどうも集合写真を撮らねばならないところに遅刻しているらしくて、あちこちで撮影されている集団の中から自分の親類連中を捜している。
汗をかきかきようやく辿り着いて見渡すと、親戚連中の中に母や同級生やらの顔が見えた。
何の記念撮影なのかサッパリ解らないまま、カメラに向かって階段状に並ぶ列に混じり俺はこういう場にサングラスを掛けていて良いのだろうか・・・、メガネ忘れたしなぁ・・・、などとぼんやり考えていた。

「おい、お前は真ん中の方だ」

「兄貴なんだからさっ」

とそのぼんやり頭に下の方からどやし付けられて、どうやら主役が妹であるらしい事が解った。どうも結婚式のようだ。
慌てて下の方に降りてゆく・・・。


とまぁ、夢はそこで終わってしまって、肝心の妹は一度も姿を見せなかった。

面白いのは昨日だか一昨日、妹が旅行から帰ってきたのだがその行き先の一つが縁結びの神様出雲大社だったという事。
笑った。

俺は全く信心深くないのだけれど、妹に御利益あるといいなと心から思う。
だがしかし、余った縁結びのお守りを「貰ってくれないか?」と聞いてきたのには驚いた。

「もし縁あって芸能人なんかと巡り会って、泥沼離婚訴訟沙汰になったら責任取れるのか」

と、電話で丁寧に断った。

しかし秋の虫も鳴き出して涼しいを越して寒いくらいだ。
寝冷えまっしぐらな今日この頃。

e0058443_23483211.jpg

[PR]
by angelwhisker | 2008-08-26 23:48 | その他

雷と誤解

前回、動画をアップする予告を書いたのだが駄目だ、眠い・・・。
ちょっと忙しくて朝から夜中の三時までCADの作業をして、家に帰って三時間寝てまた出勤して・・・。

今日は夕方六時にやっと開放されて自転車に乗ったらボツボツと夕立。
帰宅するまで土砂降りは免れたが、結構濡れた。

今日は落雷が近くて数も多い。

それにしても

俺は雷が好きだ。

瞬く閃光に地響き。何よりも稲妻が美しい。
e0058443_23524214.jpg


濡れた衣服を脱ぎ捨ててパンツ一丁のまま部屋の明かりを消し、ガラスの窓越しに稲妻をカメラに何とか収められないか挑戦してみた。

カメラは連写モード。

下手な鉄砲数打ちゃ当たる方式だ。
横殴りの雨が吹き込むので窓を閉め切って、濡れた体のまま撮影開始する。
雷雲はもたもたしていると離れてしまう事が多いので、時間との勝負だ。

目の前で空が光り、雷鳴が轟く。

真っ暗な部屋の中で俺は何だか段々と興奮してきて体が熱くなっていた。

狂喜して頭に血が上り、喘いで窓は曇るわ汗はかくわ、


ひとり雷祭り状態。





それを一気に冷ましてくれたのは、何も知らずに帰ってきた妻。




明かりを点ける妻。

顔を紅潮させた、パンツ一丁汗だくの俺。


妻は一瞬の間に眉をひそめ、笑っているような悲しんでいるような何とも言えない顔をした。その中に明らかに俺に声を掛けようかどうかためらった様子が見て取れた。


そんなこんなで百三十三枚撮ったうちの、当たりの二枚なのだ。
e0058443_23525763.jpg

[PR]
by angelwhisker | 2008-08-22 00:07 |

縁起担ぎの考察。

縁起というものの実物を、生まれて初めてこの目で見た。
多分、恐らく、これは『縁起』だろう。

e0058443_1758778.jpg


縁起というものがテーブルの脚だったとは驚きだが、これは縁起がたまたま形象化したものの一つで、それは多種多様な形として現れるようだ。
改めて思い出してもチャイが時々担いでいた縁起はテーブルか椅子の脚でしかなく、そう考えると猫というのはあまり縁起を担がない動物のようだ。

担ぐ瞬間の連続写真
[PR]
by angelwhisker | 2007-12-20 18:08 | 我が家の猫

民主主義的テントの考察

街で面白いモノを発見した。

しかし、テーマが猫とかけ離れているし、ここのネタ的にも相応しくない。
残されるコメントも恐らく限りなくゼロに近いだろう事も予想される。
ブログに乗せるかどうか、随分迷ったのだが・・・、思い切って載せる事にした。
いつも生真面目な記事ばかりじゃ、つまらないし。
まぁ、たまには良いではないか・・・。

最初それを目にした時は、余りのさりげなさに気付くのが遅れた。
考え事をしていたら、全く気付かなかったろう。

そのモノとは、『店舗のテントに書いてある文字』なのだが、笑ってしまった。

どうしてその文字ががそこに書いてあるのか理解出来なかったのだが、手前の駐車場の車の屋根越しに覗いてみてやっと判明。

どんなテントなのかというと・・・、
[PR]
by angelwhisker | 2007-03-30 00:07 | その他

血のバレンタイン

世の中、バレンタインデーだそうだ。

我が家は今は結構冷めている。
旧知の友人からは「昔からじゃん」と突っ込まれそうだが・・・。


「ねぇ、あなたバレンタインチョコ欲しい?」

「う〜ん、別に・・・」

「あ、そう」


以上。
バレンタインデーに関しての会話はこれで終わりだ。
だからといって、夫婦間が冷めているという事ではない。


あ、もう少し会話したか。

「もう何処のチョコレートも一通り美味しくなったから、有り難みも欠けるしね」

「そうねぇ、結構チョコ食べてるもんねぇ・・・」

妻はあまりチョコレートを食べない。
頂き物の高級チョコレートの賞味も専ら俺の役割だ。

e0058443_1636886.jpg


そういえば若かりし頃・・・
[PR]
by angelwhisker | 2007-02-14 16:38 | 行事

御年玉付年賀葉書当選・・・。

もうここ何年も当たっていない、お年玉付き年賀葉書。

まぁ、当たるといっても切手シートなのだが、あれはあれで嬉しいものだ。
さてさて今年はどうだろうかと、妻の横で葉書を並べて調べていた。
すると、切手シートの当選番号と学生時代の友人からの年賀状の下二桁が合致!!

当たった!!

e0058443_23551441.jpg


万歳!!万歳!!万歳!!
[PR]
by angelwhisker | 2007-01-19 00:28 | 年賀ネタ

副作用かアレルギー反応か

昨日の事だ。
一軒家にしては大掛かりなデッキの現場下見に行った。

屋外だったので風に当たり、寒さが骨身に沁みた。

e0058443_2251083.jpg


ちなみに今年の暮れは、懐も寒い。


そのままシャチョーの仕事場に行って、CADでデッキの図面を描いているうちに、何だか首の辺りが痒くなってきた気がした。
幸い、掻きむしりたい程の痒みではないし、気にすると全身に移りそうな気がしたので、あまり気にしないようにしていた。

ところが・・・
[PR]
by angelwhisker | 2006-12-26 16:06 | 健康

池波正太郎と水木しげる

気分転換には読書は良い。

二、三ヶ月前から、妻が池波正太郎にハマっている。

剣客商売シリーズ、鬼平犯科帳シリーズをほぼ読破。

e0058443_22252846.jpg


夕食を終え寛いでいると、携帯ゲームに飽きた妻がこう言った。



「さてと、ウメヤスでも読むかな」
[PR]
by angelwhisker | 2006-12-03 23:03 | その他

アクセス解析の楽しみ

このブログを置いているエキサイトのサービスの中で、簡易アクセス解析というものがある。

e0058443_23455865.jpg


ここにアクセスして来た人が何処のリンクから飛んで来たかとか、検索サイトで調べてやって来た人がどんな<キーワード>でやって来たかがトップ10方式で表示されて、人気キーワードが大まかに判る仕組みだ。

これがなかなか面白い。
[PR]
by angelwhisker | 2006-11-05 23:55 | 我が家の猫

ヨッスィーが凸凹猫コンビ、タビーとチャイの可笑しい生活を綴る。路地裏の猫達に幸せを届ける『マタタビ至福団』の本部。


by angelwhisker

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
我が家の猫
マタタビ至福団
他の猫
料理と美味
外出
熊五郎
道具
栽培
行事
インテリア
年賀ネタ
安倍川茶伊太郎先生

息子
健康
告知
その他

タグ

(277)
(91)
(47)
(44)
(39)
(33)
(28)
(25)
(25)
(20)
(19)
(19)
(18)
(18)
(17)
(16)
(16)
(15)
(15)
(12)

ブログパーツ

最新のトラックバック

欲求不満
from 難攻不落の熊本城
体にフィットするソファ
from Stlpd28の音楽生活
ボロタワー
from にゃんちんと一緒
療法食開始
from ねこぱんち
寝違えないタヌキ
from ねこぱんち

検索

以前の記事

2017年 05月
2013年 01月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 09月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧