タグ:音楽 ( 4 ) タグの人気記事

二十年来の夢叶う。

e0058443_23193853.jpg


知らない人も多いとは思うが、二十年くらい前に東京パノラママンボボーイズというグループが活躍した。
その名前を知らなくとも、フジテレビ「ごきげんよう」のテーマソングを聴いた事が無いという人は少ないと思う。その他にも「パチンコ」という曲や「カサショフ」など、テレビやラジオのいろいろなシーンBGMに使われているのだが、俺はステージを一度も見る事が無いまま、彼等は解散してしまった。

ところが最近になって、そのパノラママンボボーイズがどうも復活したらしいという事が判って俺は心躍った。それでずっと公式ブログやらHPをチェックしていたのである。

で、やっと機会は訪れたのだ。

歌謡WONDERLAND 〜レッツ歌謡曲!〜

今回の出演者は濃い。
全員初めて観るが、総じて良かった。
信じてもらえないかもしれないが、こまどり姉妹も本当に良かった。
元々、俺は音楽に関しては周りが呆れる程に節操無く聴く。
洋楽邦楽問わずロックにジャズ、ワールドミュージックも聴くし、沖縄民謡や和太鼓だって聴く。初代高橋竹山だって渋谷ジャンジャンに何度聴きに行ったか判らない。
とか何とか言いつつ、縁あって我が家に来たロジャース PM410から流れてくる音源で一番長時間流れているのは落語だったりするのだが・・・。
オーディオファンが聴いたら泣くだろうな。

まぁ、そんなだからこまどり姉妹も充分射程だったりする訳だ。
ガールズバンド、キノコホテルの妖しさもさることながら、こまどり姉妹も負けてなかった。
渚ようこも独特の色気があってカッコ良かった。


マンボボーイズのステージも、何だかハードディスクを使ってDJをしたりしていたようだが、何だかアナログ感がたっぷり。
怒濤のマンボ攻撃!
久し振りに体が動いてしまった。

昭和歌謡を堪能した夜であった。
友人サンチェを誘うべきだったな・・・。


YouTubeに昨日のライヴ動画がもう上がっていた。

[PR]
by angelwhisker | 2010-06-06 00:33 | 外出

あなたにDIVE

今更ながら最近頭の中をグルグルと巡っている相対性理論。

といっても、アインシュタインの難しい話ではない。
音楽ユニット相対性理論 @MySpaceの話。

何しろ今まで出したアルバムタイトルが『シフォン主義』に『ハイファイ新書』だ。


ヘタウマな歌唱に言葉遊び満載の歌詞、独特なギターフレーズをラジオで耳にして以来、気に入ってしまった。
駄洒落好きのオッサンにぴったりと合致。

どうでも良い話だが個人的には「バーモント・キッス」という曲の歌詞が好き(まあこのブログからどうでも良い話を取り除くと何も残らないので我慢して頂こう・・・)。

歌詞検索サイトなどに行けば読めるので是非。
e0058443_13165639.jpg



今日の記事の題名はその相対性理論の「品川ナンバー」という曲のサビの一部。

e0058443_13175033.jpg

タビーのDIVE。
[PR]
by angelwhisker | 2009-11-06 13:29 | 我が家の猫

THE BAKER BROTHERSのライヴに行ってきた。

カテゴリ分けすれば彼等はJAZZ FUNKになるのだろうか。
THE BAKER BROTHERSを保育園の頃からの友人と共に渋谷クアトロに観に行ってきた。
クアトロでのライヴはPato Fu以来か。
実はライヴなんか行っている場合じゃないくらい仕事が溜まっているのだが、行って本当に良かった。物凄い良い気分転換になった。
いやいや最高の演奏を聴いてきたのだよ。



前座のquasimode等のゲストも・・・、BIRD以外は良かった。
BIRDは数年前に観た時に(ちょっと期待していた)、上も下も全域に渡って声が出ておらず、伸びず、安定もせず、余りの下手さ加減に正直ガッカリしたのだ。
今回も大変気持ち良さそうに御機嫌で唄っていたので、どうやらコンディションが悪いという訳では無さそう。
しかしやはり・・・ノリのいい曲じゃなければ聴くに耐えない歌唱であった・・・。
それでも新曲を出す度に飛ぶように売れていた頃は、歌姫と言われていたのだ。

楽曲の力とは凄いものだと思う。

ああ〜っと、いかんいかんつい辛口になってしまった。
いやはやとにかく、いいな、生演奏は。


十九時始まりの三時間四十分。
トリのBAKER BROTHERSだけでもアンコール含めて全21曲(PAのブースに曲順のメモが見える)。
それで今日一日の中で、俺は心から幸せな気分にさせてもらった出来事が一つ。
というのも後半になって盛り上がりに盛り上がってきたところで、フロアに居たカップルらしき外国人二人組が楽しそうに手を取りながら踊っていたのだ。
片方がロシアの総合格闘家ヒョードル似のごつい男で、もう片方のクルクル回っている方はどちらかというとヒョロヒョロした線の細い男なのだ。

別に差別や羨ましいとかそういう感情も無く、ただただ楽しそうに踊っているゲイのカップルを見て、何だか解らないが幸せな気分になったのだよ。



え〜、今度は何を観に行こうか・・・。


e0058443_053487.jpg

[PR]
by angelwhisker | 2009-07-23 01:15 | 外出

Pato Fuのライヴに行ってきた。

妻と渋谷のCLUB QUATTROにライヴを聴きに行った。
ブラジルの国民的バンド、パト・フPato Fu公式サイト(ポルトガル語)

全く知らないバンドだったのだけれど、YouTubeで調べたらどうもかなり面白そう。
気候も心も熱い国ブラジル出身なのに、寒そうなのPVの多い事!
日本での知名度が低いからといって、そんじょそこらのバンドとはスケールが違いそうなのだ。

「MADE IN JAPAN」という日本語の曲のPVが面白いのでオススメ。



以下、MADE IN JAPANの歌詞。

『人間は今まで恐ろしい目に遭ってきた
熱い原爆を一人で受けた日本
良くて安くて綺麗な商品を世界に売っている
原爆の仇を返している

本物のアメリカ製のアンプ
開けてびっくり
ほとんどの部品は日本製
私は思ったの ああ 仕方がない

Made in Japan Doo-doo-doo-doo...
Made in Japan Doo-doo-doo-doo...
Made in Japan Doo-doo-doo-doo...
Doo-doo-doo,doo,doo-doo-doo
Doo-doo-doo-doo-doo-doo-dooooo-doo!

プロジェクトには秘密がある
これはNASAが解決する
これで私は安心だ
NASAはいつも私達の横についている』


思わず笑ってしまうが、とはいえ色物バンドではないようだ。
その他の曲はポルトガル語で、ポップな曲ありロックあり。
ライヴで聴いた日系三世のFernanda Takaiの歌声はキュートで、それでいて力強く、バンドの演奏も素晴らしかった。
久々に体が自然に動いたね。

会場はそこかしこでポルトガル語が飛び交い、音楽関係者らしき人々も。
FM局J-WAVEの番組サウジサウダージの選曲者中原仁や、THE BOOMの宮沢和史も来ていた。
こう書くと何か俺まで業界人ぽくて良いな(中原仁をドン小西と間違えたのを妻に指摘されたのは内緒・・・)。

不思議だったのは、客がステージの撮影し放題で注意されない事。
携帯やデジカメどころか、あちこちで動画まで撮っている。
挙げ句にはステージからも「さあ、皆で記念写真だ」とかいってパチリパチリやっている。
ブラジル人が多くて対処のしようがないのか大らかなのか解らないが、じゃあ俺も、と一枚だけPHSで撮影。
e0058443_0554940.jpg


俺は一気にファンになったよ、パト・フ。
iTunes Storeで買うか。



e0058443_128309.jpg

[PR]
by angelwhisker | 2008-09-12 01:29 | 外出

ヨッスィーが凸凹猫コンビ、タビーとチャイの可笑しい生活を綴る。路地裏の猫達に幸せを届ける『マタタビ至福団』の本部。


by angelwhisker

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
我が家の猫
マタタビ至福団
他の猫
料理と美味
外出
熊五郎
道具
栽培
行事
インテリア
年賀ネタ
安倍川茶伊太郎先生

息子
健康
告知
その他

タグ

(277)
(91)
(47)
(44)
(39)
(33)
(28)
(25)
(25)
(20)
(19)
(19)
(18)
(18)
(17)
(16)
(16)
(15)
(15)
(12)

ブログパーツ

最新のトラックバック

欲求不満
from 難攻不落の熊本城
体にフィットするソファ
from Stlpd28の音楽生活
ボロタワー
from にゃんちんと一緒
療法食開始
from ねこぱんち
寝違えないタヌキ
from ねこぱんち

検索

以前の記事

2013年 01月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 04月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧