タグ:足掛け ( 44 ) タグの人気記事

久々の更新、いよいよ師走。

さぁ、一年の締めくくりの月。
e0058443_23352618.jpg


師走とは良く言ったもので、ここのところ雑用でナンダカンダ忙しい。
はちみつ専門店ラベイユでお歳暮や頼まれ物を買ったり、杉並区関係のセミナーを受講したり、息子の保育園入園申請をしたり、風邪をひいて久々に高熱を出したり…。
今日は父の大腸ポリープ切除手術で、年齢も年齢なので朝早くから兄妹全員久々に集結した。
無事手術も終わって経過は順調なので心配要らないようだ。
子供も居る事だし、今年は早々と年賀状ネタを終わらせねばならない。

今回はコメントも認証制にしたし、
迷惑千万の「ネタバレ的予想コメント」も未然に防げるから

ちょっと安心


しかしまぁ月日が経つのは早いもの。
息子もいつの間にか自分の意志で手近にあるものを口に入れ、興味がある物には手足をバタつかせどうにか這って近付くという技術を取得した。
少しずつだが知恵が付いてきたようである。
例えば妻がプッププップと唇をならす事を自慢げに見せていたら程なく覚え、一時的に息子の中での流行になった。
可愛い可愛いと祖父祖母や母親仲間がもてはやした為に、本人は大得意。
開放的で視界も広い「前向き抱っこ」が好きな息子は、背を屈めて声を掛けてくれる御近所さんやスーパーの店員にプッププップッと唾を吹き掛けている…。
それも思い出したように突然やり出すので油断出来ない。
ベーカリーや鮮魚コーナー等は息子の顔を塞いで歩かなきゃ行けなくなった。

我が家の猫達も例外ではないはずなのだが、どうも猫達にはあまりやらない。
わざわざ猫達の正面に向かわせてもやらないのだ。
e0058443_025926.jpg

何故だろうとよく観察してみると、どうやら息子がプッププップをやるのは「相手が自分を見てくれている」と認識しているときの方が多いようだ。
猫はただでさえ正面切って見られるのが嫌いだし、息子は嬌声を上げてやかましい上にいきなり尻尾や耳を掴んだりするものだから正面を向きたがらない。
結果的に息子の唾攻撃から逃れられていると思われる。





そうそう。

「テーブルには乗ってはいけない」という我が家の規律。

e0058443_015431.jpg

これが相変わらずのタビーの解釈である。
[PR]
by angelwhisker | 2010-12-10 00:17 | 我が家の猫

猫も人間も日向ぼっこ集合

これ、禿げた小さな楳図かずおじゃなくて、息子である。
ちょっと前までオッサン顔からなかなか抜け出せなかった。
最近だいぶ眼がパッチリしてきて、親の俺が言うのも何だが…やっと可愛い赤子になってきた。
本当はブロマイドを作って皆に配りまくりたいくらいであるが、ここで顔を出すと近所のみならず全国の同じくらいの月齢の女児を持つ母親が「是非うちの子を貰ってやってくれ」とうるさそうなのでやめておく。
e0058443_122504.jpg


その息子。
だんだんと這い回るようになってきて、自分の目の前をウロウロする猫達にも興味が出て来た。
なにしろ触りたい。
ただ、目の前にあるものを自分の意志で掴む事はだいぶ上達してきたけれど、手足を上手く制御して目的の場所に行くという事は難しいようだ。

猫達もたかが知れている息子の行動能力を承知しているから、かなり近付いても逃げないし掴まれたりしなければ多少触られても嫌がらなくなってきた。
とはいえ、今の段階では息子には掴む以外のコミュニケーションは難しいのだが…。
e0058443_1233434.jpg


ここのところ我が家では、今まで愛用した石油ファンヒーターは子供にはちょっと危ないかもしれないという事で封印し、専らエアコンで室温を制御している。
安全で匂いが少ない反面、猫も人間もじかに暖を取れる場が無くなった。

大陽の力ってのは本当に凄いなぁ、と思う今日この頃。
写真はウネウネゴロゴロと動いて結果的に日向ぼっこになった息子と、先客の猫達。
[PR]
by angelwhisker | 2010-11-18 01:48 | 我が家の猫

息子対チャイ、第二次足掛け合戦

「泣いたりわめいたりうるさいけれど、おまえ結構暖かいから好き」
と寝る時は息子の傍に来る事が多くなったチャイ。
e0058443_13381898.jpg


ハイハイは出来ないものの右回り専門の寝返り回転と芋虫系ほふくでの移動を覚えた当の息子。
e0058443_1337496.jpg



ご機嫌な一匹と一人。

今現在、一番の移動手段である高速寝返り回転なら、最高五秒で二メートル程度の移動が可能だ。
ただ、残念な事に右回転専門なので転がって行ったら戻って来れない。
行き詰まったら泣き出すので元の出発地点に戻してやらなければならず、少々面倒ではある。
出来るならローラー台を用意したいところだ。
e0058443_13372744.jpg


息子は自分の意思で物をつかめるようになってきて、いろいろ口に入れるのが楽しいお年頃。
椅子の脚をじっくりしゃぶったり、おもちゃや縫いぐるみをよだれでビショビショにするようになってきた。
それからここ数日で猫達に興味を相当示すようになってきていて、手に届く範囲に居ると触りたいようである。息子が毛を掴む時は強さを加減出来ないので猫達は文句を言って逃げて行く。
それでも猫達とのだいぶ距離が近付いて、毎日穏やかな時間が流れている。
e0058443_13395385.jpg

[PR]
by angelwhisker | 2010-11-16 13:41 | 我が家の猫

蝉と扇風機と。

一昨日、家の向かいで一匹のアブラゼミが鳴いていた。
およそ秋空には似つかわしくない音風景。
あいつはおそらくあまりに爆睡し過ぎてしまったに違いない。
日本油蝉連盟集団お見合いの会に寝坊で遅刻してしまったのだ。
雌どころかライバルさえもいない今の季節に…。

そんな秋深まるこの時期。
e0058443_23481488.jpg



もうさすがに扇風機を掃除して
e0058443_23484995.jpg




屋根裏に仕舞わないといけないな、
e0058443_23485750.jpg




そう思いつつ、なかなか実行出来ない今日この頃。
e0058443_23491133.jpg



もうすっかり涼しくなって、靴下必須。
俺はスリッパ履いていないとクシャミも出てしまう。
クシャミは寝た子を起こしかねないし、もちろんチャイからも苦情が出るので俺もなかなか大変なのだ。
息子と一緒にゴロゴロ出来るし、気分的にはもうラグを敷いても良いかもしれないと思っているのだが。
e0058443_2356563.jpg

[PR]
by angelwhisker | 2010-10-07 00:13 | 我が家の猫

忙しい忙しい。

何だかいろいろ忙しくてブログ更新ままならぬパパ状態である。
e0058443_2343356.jpg


明日から大阪に出張。
高島屋のテナントで入るはちみつ専門店ラベイユ大阪難波支店の店舗工事。
前の工房から独立しているものの、ラベイユは一番最初の店舗からずっと関わっているのでお手伝い。

息子の成長が数日見られないのが残念無念。
本当に日々少しずつ人間味を帯びていくので見ていて飽きないのだ。
[PR]
by angelwhisker | 2010-08-18 23:45 | 我が家の猫

息子対チャイ、足掛け合戦勃発。

ひと月前、我が家に家族が一人増えた。
そして会う人会う人にたいてい開口一番訊かれるのが、猫は大丈夫なのか、という事。
e0058443_23112736.jpg


これは二つの意味があって、チャイに乗られて圧死しないか、引っ掻かれたりして怪我しないか、というような心配と、猫達がやきもちを焼いたりストレスを溜めたりしないかという心配だ。
それで今のところは圧死してはいないのだが・・・、猫達も息子との距離の取り方が少しずつ解ってきたようであからさまに息子を避けて部屋を通る事も無くなった。
それどころかここのところ猫達と息子との距離が近付くに従って、タビーとチャイのそれぞれの甘え方が遠慮無しになってきた。
チャイは最近になって俺が寝室に向かうと先にベッドの上で待つようになったし、寝る前は必ず撫でてくれと訴えるようになった。
タビーは息子が傍にいても気にせずリラックスして腹を出すようになった(これもまた腹を撫でろ、という仕草であるが)。

そしてつい先日、寝室で授乳中の息子の足元に後から陣取ったチャイとの足掛け合戦が勃発。
e0058443_2326512.jpg




授乳中にもかかわらず、ベッドの上では意外に激しい攻防が繰り広げられていた。
e0058443_2326049.jpg






息子の方は足を掛けるというよりはただ単にジタバタしているだけなのだが、そのジタバタする足を鬱陶しく感じるチャイがその息子の足に自分の足を掛けようとしている。
e0058443_23103333.jpg



「近いところで寝たい」と来たのは自分なのだが・・・。
e0058443_2310209.jpg




そのやり取りを見てゲラゲラ笑っていたら、楽しそうな雰囲気を聞き付けた黒い影が・・・。



e0058443_23292914.jpg

私も入れて・・・。


この後カメラを置いて俺もベッドに上がり、猫達を撫でくり回してやった。
[PR]
by angelwhisker | 2010-07-26 23:36 | 我が家の猫

チャイさんとの距離。

猫達は今のところ息子と上手く行っている方ではないだろうか。

大きな声で泣き止まない場合を除いて、二匹共に息子の近くで寛げるようになった。
ああ、駄目だもう眠い。

とりあえずチャイさんの足掛け写真を載せておこう。
e0058443_23383367.jpg

[PR]
by angelwhisker | 2010-07-11 23:40 | 我が家の猫

赤子と猫達の距離

面白いのは猫達の反応だった。
猫や犬を連れてきたときとは明らかに反応が違う。
生まれたてだからかもしれないが、タビーもチャイも「フガーッ」、「シャーッ」の威嚇の類いは一切出していない。

こちらが抱いている赤子を近付けるとちょっと匂いを嗅いだあと、その場を離れて遠巻きに見ているだけだ。
赤子が来た当初は猫達は寝室から出て来なかったのだが、段々と慣れていくに従って少しずつ距離が縮まっていった。
e0058443_10321549.jpg




何しろ赤子は自分からはまだ移動出来ない。
泣くとうるさい事を除けばとりあえずの害が無い訳だ。
しかも幸いまだ声帯が未発達だからか、はたまた肺活量の問題か、泣き声が余り大きくなく響かないのだ。泣いても呼吸に近いというべきか。
音に敏感なチャイも特別嫌がっている様子も無い。
e0058443_10321846.jpg



やがて猫達にとって特別そそられる動きをする訳でもない新参者のこの生き物は、警戒するに値しない存在として二日ばかりのうちに認識された。

e0058443_1032221.jpg

チャイもいつの間にか近くで寛いでいる。



いずれこの子がチャイに足を掛けられる日も近いとみた。

e0058443_10543783.jpg

[PR]
by angelwhisker | 2010-07-02 10:57 | 息子

招き猫発祥の地、豪徳寺に行った。

二十数年前、友人が豪徳寺駅前付近に住んでいた。
e0058443_0163267.jpg


そこへは何度も行った記憶があるのだが、地名の由来である豪徳寺には今まで一度たりとも足を運んだ事が無い。
猫好きなのに豪徳寺に行った事が無いのはマズいのではないか。
何しろ豪徳寺は自性院と共に『招き猫@Wikipedia』由来の地の一つとして有名なのだ。
仕事が思いのほか早く終わったので、妻と妻の母を車に乗せて豪徳寺へ。


いやはや想像以上にというか、驚く程に立派な寺であった。
何しろ井伊直弼で知られる井伊家の菩提寺だそうだ。

ここの招き猫像は小判を持っていないらしいので、俺も妻も買う気満々。

おっ、これだこれだ。
e0058443_0211447.jpg


これはこれは皆さんお揃いで・・・
[PR]
by angelwhisker | 2010-01-28 00:47 | 外出

眠くて更新が出来ないという言い訳。

我が家のパッションフルーツが、自らぽとりぽとりと落ちだした。

熟れて重くなりぶら下がっているのが辛くなるのだ。

「兄貴すまねぇ、お、俺はもう駄目だ・・・、あ、兄貴だけでもせめて残って・・・、嗚呼ぁっ」

とまあこんな風に落ちていくのである。
この果物時計草の実が勝手に落ちるというのは、実は食べごろの合図。
食べて欲しくて身悶えした結果、落ちているという方が官能的か。
どっちにしてもとても判り易くて宜しい。

e0058443_1116342.jpg

もう少し置いておくと色も深紅に変化して酸っぱすぱの甘うまなのだ。
妻はその酸っぱさに胃がやられるので一口も食べていない。
今年は去年の未収穫のリベンジ。
成らせ過ぎの感も否めないが天候不順の割に味は上々であった。


e0058443_11171063.jpg

[PR]
by angelwhisker | 2009-08-13 11:18 | 我が家の猫

ヨッスィーが凸凹猫コンビ、タビーとチャイの可笑しい生活を綴る。路地裏の猫達に幸せを届ける『マタタビ至福団』の本部。


by angelwhisker

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
我が家の猫
マタタビ至福団
他の猫
料理と美味
外出
熊五郎
道具
栽培
行事
インテリア
年賀ネタ
安倍川茶伊太郎先生

息子
健康
告知
その他

タグ

(277)
(91)
(47)
(44)
(39)
(33)
(28)
(25)
(25)
(20)
(19)
(19)
(18)
(18)
(17)
(16)
(16)
(15)
(15)
(12)

ブログパーツ

最新のトラックバック

欲求不満
from 難攻不落の熊本城
体にフィットするソファ
from Stlpd28の音楽生活
ボロタワー
from にゃんちんと一緒
療法食開始
from ねこぱんち
寝違えないタヌキ
from ねこぱんち

検索

以前の記事

2013年 01月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 04月
more...

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧