タグ:美味 ( 47 ) タグの人気記事

牡蠣食えば

「犬まっしぐら」な日々のyama-inu26ことガク氏から電話があった。
SONY王国のSONY党員でSONY信者の彼が何故か持っているAppleの旧型iPodnanoを

「使えないからあげる」

とでも言うのかと期待したら、そうじゃなかった。
使えないと言うなら俺が物凄く有効に使ってあげるのに。

「あのさぁ、今晩予定ある?」

「え?これから?」
釣りに連れて行けという指令か?こんなに寒いのに?明日現場だし、どうやって断ろうか・・・。最近釣りに行ってないし参ったなぁ。

「これからマトヤガキがうちに大量に来るんだけど」
俺は子供は好きだが、そんな聞いた事もない手の付けられなさそうなガキがウジャウジャ来る所へは行くのは御免だ・・・。

「ヨッスィーはカキ大丈夫?ムキンガキなんだよ」

「ええっ?ああ、・・・うん」
剥いてあるっていうと、干し柿か。干し柿ゃ好きだがありゃ体が冷えるンだよな・・・。佐渡か?

何だか話が通じないと思っていて、よく話を聞けば(今までは聞いてなかった)、貝のカキなのだった。

「ああ、牡蠣ね、カキカキ。好きだよ〜」
何だよ、俺は鮮度の悪い剥き身の牡蠣なんか食わねぇぜ・・・。


それでも何だか話が通じないと思っていて、よくよく話を聞けば(今まではよく聞いてなかった)、剥き身ではなくて無菌飼育の活きた的矢牡蠣なのだった。

生肉生魚生貝至上主義の俺は二つ返事でお礼のビールを片手に、鶏肉ではなく取りに行く。
ガク氏は「純正牡蠣こじ開け道具一式」に無農薬レモンと純米酒まで付けてくれた。
e0058443_0321288.jpg


元々付属するこじ開け道具には、『殻で手を切らないように軍手が片方だけ入っている』という合理的な企業理念。
要領も判ったところで妻も自らこじ開けたがったので、

「俺は別に要らないな」

と強気で軍手を渡し、直後にこじ開ける器具を指に刺し流血。

しかし美味かった。

こんなに美味い牡蠣は久し振りだよオッカサン(故人)、夕飯を食べた後なのに平らげてしまった。


ガク氏は牡蠣が駄目なのだそうだ(文字通りガックシってやつだな・・・)。
食わず嫌いというのだろう。
食べ物とは思えず、体が、理性が、全身全霊を尽くして拒否するのだそうだ。
甘い物も駄目、牡蠣も駄目・・・。
何だか可哀想な犬生である。
ある意味『生類憐れみ』の感がある。

しかし、大変宜しい。
もっともっと色々嫌いな物が増えると、なお宜しい。
次は是非、前沢牛や椰子蟹、鮭の王様ますのすけ、果物の王様ドリアン辺りを嫌いになって頂きたい。

そういえば、彼は来年の一月に富士スピードウェイで開催される、七時間耐久レースSUPERママチャリグランプリにドングリ戦隊を率いて出場するという。
この競技はF1も走るコースを市販ママチャリで七時間ぶっ通しで漕ぐレースなのだが、そんな馬鹿馬鹿しい事を皆真剣にやるのだという(詳しくは上記リンクへ。参加の手引きやQ&Aも面白い)。
・・・素晴らしい。
仕事は程々に、遊びこそ真剣にやるものだと昔から思っていたが、間違いじゃなかった。


牡蠣、御馳走様でした。



業務連絡 閣下、ワタクシ松坂牛食べた事ありませんので宜しくお願いします。
[PR]
by angelwhisker | 2007-12-17 01:28 | 料理と美味

チリパウダーとピンクペッパーを買った。

e0058443_03877.jpg

ねこぱんちのlunaworksさんのチリチリマメマメに触発されて・・・、というより触発の応酬という形で、久々に「チリビーンズ作るか!」と思ったら我が家にはチリパウダーが切れていたのだった。
今日は日曜なのだけど仕事して、帰り道だったので久し振りに『プロの食材A-PRICE』に寄った。

嬉しい事にチリパウダーとこれまた丁度切らしたピンクペッパーもあるではないか!!
また置くようになったか・・・。
というのは以前この店でピンクペッパーを買ったことがあるのだ。
ピンクペッパーというのは外食でよく出るものの、一般的には案外手に入り難い。
我が家はその香りと甘みと辛みのバランスが大好きで、サラダから何から使用頻度が高いのだ。
皿に盛った料理にパラパラと載せるだけで、見た目も味もぐっと良くなる。
大体の店には無いか小瓶でしか売ってなくて、また小分けされている分値段も高い。珍しくこの店はGABANのちょいと大きめの物が手に入ったのだ。
ところがその後、この商品を全く仕入れなくってしまった。

そうなるとピンクペッパー好きとしては厳しい。

頼りになる他の輸入食材店にも置いてなかったので、この店の人に是非もう一度仕入れてくれと交渉し、それじゃ会員になった意味が無い、などと愚痴った。
まさか本当に仕入れてくれるとは思わなんだ(俺の要望を受け入れたのだ、と思いたい・・・)。



思わぬ再開に二つのスパイスを店の棚から手に取り、考える。
しばらく悩んで妻に電話で相談して、結局二つとも買った。


何でいちいち妻に相談するかね〜、と思う人も居るだろうが仕方無いのだ。
普通なら悩む筈だ。

何故ならば・・・
[PR]
by angelwhisker | 2007-12-10 00:54 | 料理と美味

クリスマスの飾り付けと御馳走

ちょっと前に話になってしまうが、毎年恒例のクリスマスの飾り付けの仕事をして来た。
これはシャチョーの仕事の手伝いで、青山の西洋アンティーク雑貨店『ランジュパース』と毎年の合同制作。
e0058443_091867.jpg

広尾のイタリアンレストランLA BISBOCCIA(ラ・ビスボッチャ)と恵比寿のIL BOCCALONE(イル・ボッカローネ)だ。

ビスボッチャの店内は結構広い。
[PR]
by angelwhisker | 2007-12-07 01:14 | インテリア

今季初ストーブ。

朝起きたらえらい寒くて、窓の外は雨が上がったばかりという曇り空。
日が当たらないと我が家は寒い。
e0058443_0331726.jpg


この気温、猫達には中途半端らしくて二匹共クッションに寝ていた。
冬になると普段は二匹共に布団の中を出たり入ったり。
タビーは妻が担当、チャイは俺が担当だ。
困った事に特にチャイは暑がりで寒がりなので、一晩に何度も出たり入ったりを繰り返す。
俺が寝ていると、いちいちカリカリと布団を引っ掻いて俺を起こし、入り口を開けてやるまで掻き続けるので腹立たしい。
本当に酷い時は十回以上起こされる。
昼間の寒い日は独りでベッドの上の畳んだ布団に勝手に潜り込んでいるくせに・・・。

夜は個展の時に空と太陽のkagemasa1007さんから頂いた、マリアージュ フレールのテ・ア・オペラというお茶(オペラでのお茶の意)をケーキと一緒に。
茶葉の大きなちょっと変わった緑茶のフレーバーティーで、花や林檎を思わせる華やかな甘い香りと、緑茶独特の品の良いさっぱりした味。
ポットに入れておくと少しずつ渋みや苦みが出て来て、刻々と印象が変わっていくのが楽しい。

e0058443_036228.jpg



明日は五時半起きだ。
風呂入って寝よう・・・。




よろしければお願いします。
1日1クリック有効です。
  ↓
にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ


こちらもついでにお願いします。
   ↓
人気ブログランキングへ
[PR]
by angelwhisker | 2007-11-21 00:56 | 我が家の猫

ハロウィンなんだって。

猫ノ宝のりゅうさんから素敵なハロウィンのカードが送られて来た。
ハロウィンカードなんて貰ったの生まれて初めてだ。

ところでハロウィンて何よ。
知っているようで良く知らなかったので調べた。ハロウィン〜Wikipedia
なる程そういう事であったか。

「お菓子をくれなきゃ、いたずらするよ」
[PR]
by angelwhisker | 2007-11-01 00:55 | 行事

葉唐辛子の佃煮とブローチ

天候不順で野菜がちょっと高い。
スーパーで安い葉ものが無いかと捜していたら、葉唐辛子を発見した。
結構な量が入って百五十円なので買い物籠に入れる。
一度、葉とうがらしの佃煮を作ってみたかったのだ。
作り方を調べると、材料は葉のみで、茎や花や蕾は一切入れないらしい。
もちろん傷んだ葉も入れない。

袋から出すと、嫌な予感。
枝分かれが激しく、花も蕾も実も多い。
結構丁寧に葉だけを取らなければいけないのだ。

e0058443_23114081.jpg


葉をむしるうちに後悔し始めた。

量が半端じゃない・・・。



むしってもむしっても量が減らない。
この、途方に暮れて後悔の念にさいなまれる、妙な感覚。
何処かで、何度か経験したような気がする・・・。

そうだ、去年まで毎年作っていた『ちりめん山椒』と同じだ。

あれも枝付き山椒の実を、実だけ丁寧に取り分けなければならない。
毎年買って、毎年後悔するのだ。
しかし・・・、仕方あるまい。
売っている『ちりめん山椒』は結構な高級品。

それに比べて、結構安い値段で出回っている葉とうがらしの佃煮。
食品添加物無しで作れるというのが救いか。
三十分以上かかって、ようやく残すところ四分の一まで取り分けることが出来た。

赤くなった唐辛子の実と白い花が可愛かったので、

箸で穴を開けて、生けてみた。
[PR]
by angelwhisker | 2007-09-07 00:01 | 料理と美味

iMac復活、巨峰収穫、気が付きゃブログ二周年。

電源落ち、再起動、勝手に起動を繰り返していた我が家のMac。
友人に指摘され調べたところ、シリアルが無償修理対象だったのでAppleサポートに電話すると、「持ち込むか、指定修理業者に送るか、どちらかです」と言われた。
Apple渋谷店に持ち込むと「予約してないんですか?」とジーニアス君に困った顔されたが、電話の時には予約してくれとは言ってなかったんだけれどな。
40分くらいかかって状況を確認され、引き換え票を渡される時に「取りに来る時は予約を」と言われた。
修理が上がったら自宅に送ってくれないの?と聞くと、持ち込んだら持ち帰りしか出来ないとの事。
それで修理完了の留守電が入っていたので、早速Apple渋谷店に予約を入れると、今度は「引き取りには予約は要らない」と言われた。

言ってる事がバラバラだよ、Apple。
[PR]
by angelwhisker | 2007-08-27 00:19 | 栽培

本日快晴、アーティチョーク開花、パッションフルーツ、ゴーヤ結実ス。

e0058443_2323294.jpg

暑い暑い日が続き、我が家のアーティチョークがようやく開花した。
この株の花は大きさが直径十センチ程だ。
ここ四年ぐらい育てているが、一度も食べた事が無い。
毎年「今年こそは食べよう」と意気込むのだが、欲が邪魔をする。
もうちょっと大きく、もうちょっと大きくと思っているうちに開花直前になってしまうのだ。


e0058443_23334544.jpg

パッションフルーツは我が家で咲いた二つ目の花を『指』で受粉したものが見事結実。
一つ目の花はそのまま落ちてしまった。
パッションフルーツは酸味が強くて俺の大好物の一つだ。
妻は食後「胃が荒れた」と言って、それ以来胃の調子がおかしいらしい。
結果、パッションフルーツは俺専用の果物に認定された(かなり嬉しい)。


e0058443_23504572.jpg

ゴーヤほろにがくんは長さ二センチで成長を止め枯れていった幻の二号、この間サラダにして食べた十二センチ程の三号以外に、新しく四号が実になり始めた。
現在三センチ弱。

e0058443_23524363.jpg

夜になっても室温が下がらず、猫達もゴロ寝するしかない。
写真を見ても気付かないかもしれないので一応書いておく。
後ろに光るのはタビーの目だ、念の為。
[PR]
by angelwhisker | 2007-08-09 23:58 | 栽培

梅雨明けらしい

この間買った果物時計草の花が咲いた。
e0058443_0344536.jpg


元々実が二つなっているものを選んだので、熟れた果実は収穫。
e0058443_0213525.jpg


我が家のほろにがくんは次々と花を咲かせるものの次々と花が落ちて、結実して大きくなっているのは現在一つ。
ゴーヤは育て易くて沢山実がなり過ぎて困るぐらいだと聞いたのだが、話が違う・・・。
実がなりますように、と柔らかい筆で受粉までしているにも関わらず花の根元からボトボト落ちて悲しい。
時計草の花はちゃんとパッションフルーツになってくれると良いのだが・・・。






それと時を同じくして、音楽庭師外間さんから毎年恒例になった沖縄完熟マンゴーを頂いた。
毎年この時期になると、「マンゴーマンゴー」と唱えてから寝る事にしているので、彼に情念が届いているに違いない・・・。
刷り込みは完全に成功したようだ。

e0058443_0224735.jpg


わーいわーい、南国果物祭り開催だ。
[PR]
by angelwhisker | 2007-08-02 00:56 | その他

欲をかいた結果

我が家初挑戦のゴーヤ、ほろにがくん。

長男は太く逞しい姿形だったが、何だか短い。
少し待てば延びるだろう、もう少しもう少しと思っているうちに・・・、完熟してしまった。
南国のものだなぁと思う。
もうバナナより鮮やかな黄色なのだ。

e0058443_14179100.jpg


初の収穫はスパイダーマンの人形、『雲助』に持たせてみた。
別に俺はスパイダーマンのファンでも何でもないけれど、何しろ67箇所の関節に惚れた。
色々なポーズをとらせても良いし、何より純粋に楽しい。

完熟したゴーヤは、種とその周りの綿毛部分が真っ赤になる。
実は、俺はその気味が悪い程真っ赤になったところが甘くて好き。
しかし、こうなってしまうと肝心の果肉というか鞘というか、いわゆるゴーヤの食べる部分はモソモソなのだ。
噛んでもシャキシャキとかバリボリといった音はしない。
例えるなら古くなったリンゴのような食感。

それでも昨日はゴーヤチャンブルーにして頂いた。
苦みも本当に少ないので、多分ゴーヤって言われないと判らない。
刻んでしまえばパプリカみたいなものだ。

あ、そうだ。

ついでだから書いておこう。
[PR]
by angelwhisker | 2007-07-22 14:54 | 栽培

ヨッスィーが凸凹猫コンビ、タビーとチャイの可笑しい生活を綴る。路地裏の猫達に幸せを届ける『マタタビ至福団』の本部。


by angelwhisker

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
我が家の猫
マタタビ至福団
他の猫
料理と美味
外出
熊五郎
道具
栽培
行事
インテリア
年賀ネタ
安倍川茶伊太郎先生

息子
健康
告知
その他

タグ

(277)
(91)
(47)
(44)
(39)
(33)
(28)
(25)
(25)
(20)
(19)
(19)
(18)
(18)
(17)
(16)
(16)
(15)
(15)
(12)

ブログパーツ

最新のトラックバック

欲求不満
from 難攻不落の熊本城
体にフィットするソファ
from Stlpd28の音楽生活
ボロタワー
from にゃんちんと一緒
療法食開始
from ねこぱんち
寝違えないタヌキ
from ねこぱんち

検索

以前の記事

2013年 01月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 04月
more...

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧