タグ:私事 ( 91 ) タグの人気記事

Pato Fuのライヴに行ってきた。

妻と渋谷のCLUB QUATTROにライヴを聴きに行った。
ブラジルの国民的バンド、パト・フPato Fu公式サイト(ポルトガル語)

全く知らないバンドだったのだけれど、YouTubeで調べたらどうもかなり面白そう。
気候も心も熱い国ブラジル出身なのに、寒そうなのPVの多い事!
日本での知名度が低いからといって、そんじょそこらのバンドとはスケールが違いそうなのだ。

「MADE IN JAPAN」という日本語の曲のPVが面白いのでオススメ。



以下、MADE IN JAPANの歌詞。

『人間は今まで恐ろしい目に遭ってきた
熱い原爆を一人で受けた日本
良くて安くて綺麗な商品を世界に売っている
原爆の仇を返している

本物のアメリカ製のアンプ
開けてびっくり
ほとんどの部品は日本製
私は思ったの ああ 仕方がない

Made in Japan Doo-doo-doo-doo...
Made in Japan Doo-doo-doo-doo...
Made in Japan Doo-doo-doo-doo...
Doo-doo-doo,doo,doo-doo-doo
Doo-doo-doo-doo-doo-doo-dooooo-doo!

プロジェクトには秘密がある
これはNASAが解決する
これで私は安心だ
NASAはいつも私達の横についている』


思わず笑ってしまうが、とはいえ色物バンドではないようだ。
その他の曲はポルトガル語で、ポップな曲ありロックあり。
ライヴで聴いた日系三世のFernanda Takaiの歌声はキュートで、それでいて力強く、バンドの演奏も素晴らしかった。
久々に体が自然に動いたね。

会場はそこかしこでポルトガル語が飛び交い、音楽関係者らしき人々も。
FM局J-WAVEの番組サウジサウダージの選曲者中原仁や、THE BOOMの宮沢和史も来ていた。
こう書くと何か俺まで業界人ぽくて良いな(中原仁をドン小西と間違えたのを妻に指摘されたのは内緒・・・)。

不思議だったのは、客がステージの撮影し放題で注意されない事。
携帯やデジカメどころか、あちこちで動画まで撮っている。
挙げ句にはステージからも「さあ、皆で記念写真だ」とかいってパチリパチリやっている。
ブラジル人が多くて対処のしようがないのか大らかなのか解らないが、じゃあ俺も、と一枚だけPHSで撮影。
e0058443_0554940.jpg


俺は一気にファンになったよ、パト・フ。
iTunes Storeで買うか。



e0058443_128309.jpg

[PR]
by angelwhisker | 2008-09-12 01:29 | 外出

晴れ間も束の間、あれまぁお茶の間。

東京では明日からまた曇ったり雨降ったりらしい。

今年は初挑戦のきゅうり『夏すずみ』の栽培を楽しんでいるけれど、ここんとこ続く雨で株全体が何だかカビっぽい。
よく見りゃ他も鉢植え全ての土がにコケやらカビやらで覆われ始めた。
参ったねぇ・・・。

あんまり雨ばかり続くと俺も腐っちゃうんだけどなぁ。
e0058443_0281765.jpg


たまには良いかと言う事で、口語体で軽くいってみた。
あまり変わらないね・・・。
[PR]
by angelwhisker | 2008-09-04 00:29 | 我が家の猫

必殺仕掛猫 〜動画〜

今日はシャチョー率いるスタジオジャムでの仕事。
松屋銀座にテナントで入るはちみつ専門店ラベイユだ。
徹夜工事だったのでいつにも増して頭がボケボケ。
e0058443_13513928.jpg


今朝帰宅してシャワーを浴び八時に眠り始めたが、うつらうつらしているばかり。
何度も同じ夢を見て眠りが浅いので、思い切って寝るのをやめた。
その何度も見る夢というのがまた極めて意味不明な夢であった。
文章に書いても理解出来る範囲を超えているとは思うのだが、一応記しておく。
人の夢を読んでも面白くないだろうが・・・。




『俺は松屋銀座で什器の棚を組み立てていた。
作業をしている俺の頭の中には宮崎駿の新作「崖の上のポニョ」の主題歌が延々と流れている。
ポ〜ニョポ〜ニョポニョ魚の子〜、青い海からやって来たとかなんとか、そこしか知らないが、それがずっとぐるぐると回っている。
夢の中で俺が困ったのは、棚の寸法を出さないと現場で組み上がらないのだが、その肝心の寸法というのがその『ポニョ』なのである。
そして俺はそのポニョからどう棚の位置を割り出そうか真剣に悩んで、棚を取付けられないでいるのだ。』



そういう内容の夢を三時間程で何度も見た。
実際には終わった仕事なのに、余程心理的負担だったのだろう。
夢でも仕事をしているから寝た気がしないのは当然か・・・。


・・・それにしても意味が解らない。

まぁ、夢というのはそういった事の流れを無視して不条理な事が当たり前に起こっていくものという認識はあるが、これはちょっと飛躍し過ぎというか、恰好よくいうと形而上学的とでもいうか、ぶっ飛んでいて説明もつかない。

e0058443_1423382.jpg


余りに意味不明だった事が面白かったので(人に理解出来ない事は判っていても、話したくなるものだ)、起きて居間にいる妻に夢の内容を説明した。

「あなた、その歌に取り憑かれてるね・・・」

と、妻は反応して欲しいところには触れず、俺の頭の中がポニョの主題歌によって見事に汚染された事を指摘して話は終わった。
う〜ん、何かちょっと不満だが仕方あるまい。
妻に形而上学的な事は難しすぎるのだ、そう思うことにした。
まぁ実のところそういう俺も形而上学自体が良く解っていないのだが・・・。

すまん、これから本題に入る。
[PR]
by angelwhisker | 2008-09-02 14:17 | 我が家の猫

日曜を満喫する筈だった。

e0058443_194570.jpg

ちょっと前に書いた、食器洗浄機漏水事故。

パッキンだけじゃん、と簡単に考えていたのだが・・・、甘かった。


上半身を突っ込み配管や電源を抜いて食洗機本体を外してみたら、そうかそうだったか・・・。
e0058443_2351043.jpg

蛇腹のフレキ管は食洗機本体内部から直接ニョキッと出ていて、中のパッキンがイカレているとしたら分解せにゃイカン。

直すとしたら製造元の松下電器に修理依頼するしかない。
しかも何万か掛けて。
これは機械本体内部の事なので水道屋でも手を出せない内容なのだ。
幸い構造は簡単そうだし機械といっても電気的な故障ではなく、給水関係の問題だ。
俺は水道屋でもないのだけれど、自宅なので良し。
ここは一つ、自己責任という事で駄目で元々、分解しちまおう。
e0058443_053483.jpg



外したパッキンを持って近所のホームセンターへ。

e0058443_0535851.jpg

猫達が入れ替わり立ち替わり偵察に・・・。

今日は久々に晴れていて、暑いが気持ち良い日だ。
早く終わらせて吉祥寺にアミノバイタルを買いに行こう。

分解手順を間違えないようにデジカメで写真を撮りつつ解体し、給水の仕組みを理解。
悪戦苦闘の末パッキンを取り替えたのだが、給水管を接続していざバルブを開けてみるとまだポタポタと水漏れが・・・。
あれ〜?とよくよく見てみると、パッキンの下の蛇腹から水がプツプツと湧いてきている。
e0058443_0543325.jpg

パッキンじゃなくてフレキ管そのものが傷んで水漏れを起こしたのだった。
こんな事もあるのだな。

フレキ管を買いに近所のホームセンターへ。
日曜のホームセンターは客でごった返していてレジに長い事並ぶので嫌いだ。


やっと全て繋ぎ終わり、気になる漏水も無く、無事部品交換出来た。
もう吉祥寺に買出しには行けない。
もっと早く終わる筈が夜になってしまったし、夕方から雨が降り出して少しだけ雷が光った。

「明日は日曜を満喫するぜ〜っ」

昨日、仕事仲間に別れ際にした宣言・・・。







・・・まぁしかし買い替えなら安くても七〜八万円、修理に出せば部品交換でも数万円は掛かるだろう。
何よりも使えるものを捨てる事にならなくて良かった。
めでたしめでたし。








ただちょっと気になるのは・・・、

e0058443_162750.jpg


残った、ネジ。



一体、何処のネジだろう・・・。
[PR]
by angelwhisker | 2008-09-01 01:30 | 道具

雷天国

今年の東京は雷の当たり年なのだそうだ。
このままで行くと、雷雲集中発生で有名な群馬や栃木などの北関東に仲間入りを果たす事になりそうだな。

それでもってまた落雷が夕方ならまだしも、昨日はピカピカゴロゴロガッシャン一晩中やっていて、ろくすっぽ眠れず本当に参った。


e0058443_0141728.jpg

写真は昨日の記事に載せるつもりで忘れたもの。


そういえば昨日午前一時半を回った寝る直前に台所の足元が濡れているのに気付いた。
拭いても拭いても滲み出て来る水は水道の漏水か雨漏りなのだ。
外は土砂降りで雷がゴロゴロ言っている。
雨漏りでない事を祈りつつシステムキッチンの蹴込みパネルを外した。
抽斗を開けて組み込み型食器洗浄機の下に潜り込むと、上からポタポタ雫が落ちて来る。顔を突っ込むともう身動きが取れない状態でどうにか体を回し、フレキの給水管の上下から水が漏れているのが判った。
両端のパッキンが共にイカレたらしい。
汗をかきかきバルブを閉めて、濡れた床を拭く。
考えてみればキッチンを組み込んで丸八年経っている。
給湯配管だし毎日使ってパッキンが傷んでも当たり前か。
水の染み具合からいうとここ一日二日の出来事らしく、有り難い事に他に余り影響は無さそうだ。
数日キッチンの中を乾かして、それからパッキンを交換して繋ぎ直そう。
蒸し暑くて堪らないが、窓を開けると横殴りの雨。
エアコンを付けるしか無いのか・・・。
[PR]
by angelwhisker | 2008-08-30 00:16 | 道具

母さん、もう秋です。夢の話

ちなみに母はだいぶ前にあの世に行っているのだが、この間久し振りに夢に登場。

そこは結婚式場のような葬儀場ような雰囲気の会場の庭のようだった。
俺はどうも集合写真を撮らねばならないところに遅刻しているらしくて、あちこちで撮影されている集団の中から自分の親類連中を捜している。
汗をかきかきようやく辿り着いて見渡すと、親戚連中の中に母や同級生やらの顔が見えた。
何の記念撮影なのかサッパリ解らないまま、カメラに向かって階段状に並ぶ列に混じり俺はこういう場にサングラスを掛けていて良いのだろうか・・・、メガネ忘れたしなぁ・・・、などとぼんやり考えていた。

「おい、お前は真ん中の方だ」

「兄貴なんだからさっ」

とそのぼんやり頭に下の方からどやし付けられて、どうやら主役が妹であるらしい事が解った。どうも結婚式のようだ。
慌てて下の方に降りてゆく・・・。


とまぁ、夢はそこで終わってしまって、肝心の妹は一度も姿を見せなかった。

面白いのは昨日だか一昨日、妹が旅行から帰ってきたのだがその行き先の一つが縁結びの神様出雲大社だったという事。
笑った。

俺は全く信心深くないのだけれど、妹に御利益あるといいなと心から思う。
だがしかし、余った縁結びのお守りを「貰ってくれないか?」と聞いてきたのには驚いた。

「もし縁あって芸能人なんかと巡り会って、泥沼離婚訴訟沙汰になったら責任取れるのか」

と、電話で丁寧に断った。

しかし秋の虫も鳴き出して涼しいを越して寒いくらいだ。
寝冷えまっしぐらな今日この頃。

e0058443_23483211.jpg

[PR]
by angelwhisker | 2008-08-26 23:48 | その他

雷と誤解

前回、動画をアップする予告を書いたのだが駄目だ、眠い・・・。
ちょっと忙しくて朝から夜中の三時までCADの作業をして、家に帰って三時間寝てまた出勤して・・・。

今日は夕方六時にやっと開放されて自転車に乗ったらボツボツと夕立。
帰宅するまで土砂降りは免れたが、結構濡れた。

今日は落雷が近くて数も多い。

それにしても

俺は雷が好きだ。

瞬く閃光に地響き。何よりも稲妻が美しい。
e0058443_23524214.jpg


濡れた衣服を脱ぎ捨ててパンツ一丁のまま部屋の明かりを消し、ガラスの窓越しに稲妻をカメラに何とか収められないか挑戦してみた。

カメラは連写モード。

下手な鉄砲数打ちゃ当たる方式だ。
横殴りの雨が吹き込むので窓を閉め切って、濡れた体のまま撮影開始する。
雷雲はもたもたしていると離れてしまう事が多いので、時間との勝負だ。

目の前で空が光り、雷鳴が轟く。

真っ暗な部屋の中で俺は何だか段々と興奮してきて体が熱くなっていた。

狂喜して頭に血が上り、喘いで窓は曇るわ汗はかくわ、


ひとり雷祭り状態。





それを一気に冷ましてくれたのは、何も知らずに帰ってきた妻。




明かりを点ける妻。

顔を紅潮させた、パンツ一丁汗だくの俺。


妻は一瞬の間に眉をひそめ、笑っているような悲しんでいるような何とも言えない顔をした。その中に明らかに俺に声を掛けようかどうかためらった様子が見て取れた。


そんなこんなで百三十三枚撮ったうちの、当たりの二枚なのだ。
e0058443_23525763.jpg

[PR]
by angelwhisker | 2008-08-22 00:07 |

今年もやってきた蚤祭り

昨日書いた何が辛いのかっていうのは、ノミの事である。

「この時期に出て来ないとこみると、撲滅したんだね」

「そういやそうだわ。今年は全然刺されてないね〜」

「本当に最悪だからな、痒くて」

「うわぁ、やっと安心して働けるよ〜!」

などと、作業場で話をしていたのがつい二週間程前。


ノミが孵化するのに何か一定の条件があるのだろう。

その三日後にはこうなった。

e0058443_2359441.jpg


虫除けを体中に噴霧してこれだ。

もう涙目である。
食われた場所の火照りとカユミ地獄とで眠れない。
腹と腰と足首を中心に合わせて二十カ所くらいだろうか。
もうステロイドは体にどうとか言ってられないのだ。

繁殖する事は無いにしても我が家に持ち帰っている事は間違い無さそうなので、猫達にきれいになってもらって獣医から買った駆虫薬を滴下。

そういえば先生は「多頭飼いの家では大型犬用の大きなサイズを買って、体重別に分けて注すと得だよ」と言ってくれてたな。
今年は妻の実家の犬のロロは本来の飼い主の義姉に引き取られたので、余った分は俺の膝下に滴下(本当にやった)。
しかし良く考えてみると体重に比例した量じゃないし、もし殺虫駆除成分が俺の血に残ったとしても、ノミに食われる事には何ら変わりがない事に気付いてがっかり・・・。

作業場を管理する材木屋も駆除の努力はしてくれてはいるのだが・・・。

いろいろネットで調べているうちに殺虫剤の成分の恐ろしさが身に染みた。
しかし、仕事が出来ないのはそれはそれで死活問題である。
で、結局今のところのノミ駆除の有効策は・・・、『塩素系漂白剤を水で薄めたものを散布する』のがどうやら猫にも人間にも一番体に影響が少なく効き目もありそうなのだ。
今日一発目を撒いてきたが、週何回か繰り返して様子を見ようと思う。
e0058443_081680.jpg

[PR]
by angelwhisker | 2008-07-29 00:08 | 我が家の猫

欲をかいた結果

妻が「今年こそ育てよう!」と意気込んで買ってきた紫蘇の苗。

すくすくと育ち始めたので剪定をして、脇芽を増やそうとしたらしい。

その姿に愕然とする。





それからかれこれ二週間以上経っただろうか。

脇芽は出ずに・・・、
[PR]
by angelwhisker | 2008-06-25 02:40 | 栽培

匂う

このアパートにはインド人が住んでいるに違いない。
十数年前、当時シャチョーの仕事場の近所で俺はそう思った。

何故ならその前を通ると必ずカレーの匂いがしたからだ。
いや、インド人はこの付近で見た事がない。

この匂い。
スパイスがちょっと控えめ・・・おとなしめなカレー臭なので、住んでいるのは日本的カレー道を極めたい変人なのかもしれない。

いや待てよ、もしかしたら大槻ケンジのエッセイで話題になった、あの渋谷のムルギーカレー(注文してないのに玉子入り)を再現しようとしているのかもしれない。もしかしたら、これも注文もしていないサラダまで来てしまうかもしれない(俺の実体験)、などと、『もしかしたらかもしれない症候群』に苛まれ続けていた。

何の事はない。

そういう匂いの花が咲いているのだ。
e0058443_1175739.jpg

ツリガネカズラと言うらしい。
見事なカレー臭なので機会があれば是非。
e0058443_1191589.jpg


我が家にもそういう匂いに捕らわれているのがいた。
何がそんなに匂うのか、かれこれ五分程しつこく嗅いでいて、その執着ぶりにあきれるのだった。

それでチャイが嗅いでいたのは何かと言うと・・・、

それが何と言うか・・・
[PR]
by angelwhisker | 2008-05-16 01:27 | 我が家の猫

ヨッスィーが凸凹猫コンビ、タビーとチャイの可笑しい生活を綴る。路地裏の猫達に幸せを届ける『マタタビ至福団』の本部。


by angelwhisker

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
我が家の猫
マタタビ至福団
他の猫
料理と美味
外出
熊五郎
道具
栽培
行事
インテリア
年賀ネタ
安倍川茶伊太郎先生

息子
健康
告知
その他

タグ

(277)
(91)
(47)
(44)
(39)
(33)
(28)
(25)
(25)
(20)
(19)
(19)
(18)
(18)
(17)
(16)
(16)
(15)
(15)
(12)

ブログパーツ

最新のトラックバック

欲求不満
from 難攻不落の熊本城
体にフィットするソファ
from Stlpd28の音楽生活
ボロタワー
from にゃんちんと一緒
療法食開始
from ねこぱんち
寝違えないタヌキ
from ねこぱんち

検索

以前の記事

2013年 01月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 04月
more...

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧