タグ:年賀状ネタ ( 17 ) タグの人気記事

年賀状ネタ発表

とうとうこの日が来てしまった。

賀状をいろいろな事情で未だ出せず、年賀が過ぎて寒中見舞いになってしまう数名がいるのだが、それはそれで仕方あるまい。

今年の年賀状は去年の秋の時点でほぼ内容が決定していたので、十二月二十九日の夜の時点までは我が家は至極安泰だった。
候補が幾つかあって一番楽そうなものを選んだし、それなりに受けるだろうとの予想も出来た。

ところが、

ある人から二十七日のセロリを食うタビーの記事に対してとは別の、

年賀状、ネズミ男ですか~?奥様は鬼太郎とか?

今年は何になるんでしょうか、楽しみだわ~。


とのコメントを頂戴し、状況は一転する。

『ネズミ男』がズバリどんぴしゃ、月のかいしゃ、ホテル・ニューハンプシャーだった。
落語の高座に上がった途端、客席からオチを言われた噺家のようなものだ。
俺は扮装の楽そうなネズミ男、妻は段ボールで黒い耳を作ってミニーマウスにと思っていたのだ。
予想通りにやるのは余りにもシャクなので、変更せざるを得ない。

まぁいい。
今までどうにかしてきたし、これからもどうにかなるだろう・・・。

しかし窮地に立たされた事に違いは無い。

いろいろ悩んだ挙げ句、そこまでするのは無理だろうと却下した第一候補案が再浮上してきた。

実は水木しげるの妖怪ネズミ男は良いとして、外国文化のミニーマウスはどうなんだ?と、ずっと引っ掛かっていたのだ。
ハッキリ言って俺はディズニーがあまり好きではない。
千葉県浦安にありながら東京ディズニーランドと言っている事がおかしい。
乗り物は楽しいがあちこち歩いているキャラクターが、どうしても「縫いぐるみを着た人間」としか思えず、全くディズニーの世界に浸れない。
そして俺の中では、手塚治虫の漫画を元にしたアニメをディズニーが作り、その事実を認めなかった事で完全にその位置が決定した。
だから、俺がミッキーマウスになる事は考えられないのだ。

そんな俺の気持ちもあって、第一候補案を真剣に再検討する事になった。
日本が誇れる(と言っていいと思う)ネズミだ。
ちょっとホッとした心持ちになった。
元々今年はこれがやりたいと思っていたが、材料と手間と予算を考えるとかなり厳しい状況だったのだ。

家族会議にて材料を揃えるべく、翌三十日の日曜にユザワヤへ買い出しに行く事に決定した。

素材は見付かるのか、上手く出来るのか、そして間に合うのか。

吉祥寺駅周辺は、正月の餅やお飾りやおせちの準備等で買い出しに来ている客でごった返していた。



俺達は一体何をしに来ているのだろうか・・・。

この全く見通しの付かない状況で、限られた予算内で適合素材が見付からなければネタの再検討も必要かもしれない。
そんな不安を抱えながら店舗のエスカレーターを上がって行く。

俺達は幸運だ。
ワゴンセールの素材の中に最適なものを見付けて格安で手に入れる事が出来た。
その晩から制作開始。

大晦日の晩。
いつもならテレビの格闘技番組を見つつ年越蕎麦を食い、除夜の鐘を聞く。

しかし、そうはならなかった。
手早く蕎麦を啜ってその後もずっと、黙々と制作だ。


「私達、大晦日に何やっているんだろうね・・・」

「・・・でも、これは使命だから」

「・・・」

チクチクチクチク。





・・・そしてやっと出来た。

顔がバレバレという話もあるが、この格好で歩かなければ判るまい。






二千八の年賀状ネタ、発表!
[PR]
by angelwhisker | 2008-01-10 12:02 | 年賀ネタ

二千八年の幕開け

やっとやっと、我が家の年が明けた。
年賀状のネタで悩むのは毎年の事ではあるが、今年は特に苦労した。
開き直って簡単に済ますつもりが、今度は様々な条件が揃ってしまってやらざるを得なくなった、という経緯だ。
計らずも年々表現が大袈裟に、更に大掛かりになってきている気がする・・・。

未だ正月も明け切ってはいないし、七日から仕事という人も多い筈なのでもう少しのんびりさせてもらおう。

ネタ公開は九日か十日の予定。


e0058443_2131892.jpg

[PR]
by angelwhisker | 2008-01-05 21:32 | 我が家の猫

我が家の遠い遠い新年

世間ではもうとっくの昔に新年は明けている。

確かに・・・、

我が家もその筈だった。

e0058443_2358299.jpg

ミニお飾りをかじるタビー

毎年・・・、 
[PR]
by angelwhisker | 2008-01-02 00:02 | 我が家の猫

どうせなら二千四年の年賀ネタも公開。

今公開しておかないと一年待つ事になるので、発表することにした。

ひつじ年の翌年なので同じシリーズの内容だ。

タビーのいつものジットリと湿った視線と、

チャイが熱さを我慢しているような表情が好評だった。

見てみる
[PR]
by angelwhisker | 2007-01-22 23:59 | 年賀ネタ

二千三年の年賀ネタ公開

皆結構楽しんでくれているらしいので、過去の年賀状ネタを披露。

2003年の我が家の年賀状の画像はこうだった。
[PR]
by angelwhisker | 2007-01-15 00:44 | 年賀ネタ

年賀状ネタ発表


明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いします。


e0058443_23322611.jpg


これでやっと俺の2007年が始まった。

悩み悩んで、結局工夫の無い年賀状になってしまったが、仕方あるまい。

毎年我が家では、友人、親類、仕事先に関係無く、全て一種類の年賀状を送っている。
こういう質素なものの方が評判が良かったりするのだが、「気持ち悪い」とか「怖い」という感想もあるにはある。

さぁ、来年は一体どうなる事やら・・・。

追記
[PR]
by angelwhisker | 2007-01-09 01:44 | 年賀ネタ

明けましておめでとうございます。


謹賀新年

昨年に引き続き、本年もよろしくお願いいたします。


年末は仕事に、朝までの忘年会、年賀状制作と、この時期俺にしては珍しく忙しい身だった。
毎年苦労する年賀状も、我が家では恒例となった
笑える『変身なりきりもの』シリーズの予定であった。
どんな内容かというと、『犬神家の一族』のパロディで、

『飼い犬が純白の家系の親犬同士の子なのに、

生まれる子全てがビーグルのような毛色になってしまう一族』

という架空の映画が題材だ。


しかし白い犬の出産シーンと、生まれたばかりのビーグルの仔犬の写真の入手が間に合わず、ロゴを重ねただけで断念。

e0058443_1415791.jpg


次に『CATS』の向こうを張って、ブロードウェイミュージカル『DOGS』という路線も考えたが、思ったよりも語呂が悪く、内容にヒネリが無いのと、絵ヅラが面白くないので途中でやめてしまった。

e0058443_1464318.jpg


行き詰まった挙げ句、土壇場になって原点回帰。

正月用お飾りも買いに行かねば売り切れるかもしれない忙しい時に、宅急便の配達員が来ない事を祈りつつ、テンションの上がった夫婦が取った行動とは・・・。

で、どんな年賀状が出来たの? ・・・続きを読む
[PR]
by angelwhisker | 2006-01-04 02:31 | 年賀ネタ

ヨッスィーが凸凹猫コンビ、タビーとチャイの可笑しい生活を綴る。路地裏の猫達に幸せを届ける『マタタビ至福団』の本部。


by angelwhisker

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
我が家の猫
マタタビ至福団
他の猫
料理と美味
外出
熊五郎
道具
栽培
行事
インテリア
年賀ネタ
安倍川茶伊太郎先生

息子
健康
告知
その他

タグ

(277)
(91)
(47)
(44)
(39)
(33)
(28)
(25)
(25)
(20)
(19)
(19)
(18)
(18)
(17)
(16)
(16)
(15)
(15)
(12)

ブログパーツ

最新のトラックバック

欲求不満
from 難攻不落の熊本城
体にフィットするソファ
from Stlpd28の音楽生活
ボロタワー
from にゃんちんと一緒
療法食開始
from ねこぱんち
寝違えないタヌキ
from ねこぱんち

検索

以前の記事

2013年 01月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 04月
more...

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧