タグ:安倍川茶伊太郎先生 ( 16 ) タグの人気記事

茶伊太郎先生、久々の作品。

e0058443_22533988.jpg


我が師匠、茶伊太郎先生の作品の重要な素材のひとつ、ティッシュをカウンターに置かなくなってから、先生の制作頻度が極端に低くなってしまった事は記憶に新しい。
まあ記憶に新しいとかいって、一年前に書いたきりなのだけども。
それで仕方なく我が師匠は時々しか置かれない布巾を素材に、先程あっという間に作品を作ってしまった。
e0058443_22532184.jpg

写真の画質が今ひとつなのはiPodTouchで撮影したからで仕方無いのだ。
大目に見て欲しい。
題名は先生に訊くのを忘れてしまった…。

e0058443_235142.jpg

茶伊太郎先生浴槽横臥ノ図。

里親募集 三毛仔猫&美形洋猫MIX白猫 大阪〜東海圏〜東京の方を希望。 詳細はブログ『にゃんちんと一緒』にて。
是非ともよろしくお願いします。


そういえば、もう右側のメニューを見てご存知の方もおられると思うが、私ヨッスィーはtwitterをやっている。もしフォローしてくれていても気が付かない場合があるので、積極的に声を掛けてもらえればと思う。
[PR]
by angelwhisker | 2011-10-07 23:27 | 安倍川茶伊太郎先生

猫の手は借りたくない件

洗面カウンターの下の収納を変えた。
タオルやら何やらを効率良く収納出来て使い易い無印良品のものに変更したのだ。

そうしたらチャイがやって来て、手伝ってくれるという。


実はこの御仁。
時々、安倍川茶伊太郎と名を変え、見事な芸術作品を残して下さる高名な先生なのだ(詳細は安倍川茶伊太郎先生の話で)。

しかし今回は掻き出すものが無いので御入室。
e0058443_003662.jpg


え〜っ、先生とっても邪魔なんですけれど…。
重くてなかなか動かせない、という事はいたずらに外から閉めてしまうと中からは開けられないに違いない。
本当に窒息して死んでしまうだろう。

茶伊太郎先生には別室に移ってもらって、息子に貰ったお下がりの女の子用よだれかけを進呈。
e0058443_0227100.jpg



何だかアンナミラーズの従業員みたいになってしまった…。
e0058443_02529.jpg

[PR]
by angelwhisker | 2010-10-14 00:07 | 安倍川茶伊太郎先生

タビーうっとりと、久々の茶伊太郎先生の出番。

俺の力だけではアクセス向上が望めそうにない、我が『OFF BEAT DESIGNS』のHPを改めて作ってもらおうと、小学校からの長い付き合いになるvivivi-web serviceの友人夫妻を招いて、打ち合わせを兼ねた食事会を開催。

写真を撮るのを忘れてしまったが、この日はこれまた同じ小学校の友人ゲルッチ経由で教えてもらったレシピで「ローストビーフの粒マスタードマリネ」を作った。
小学校からの友達と今でも付き合っているという事が凄いとよく言われるのだが、そんなもんだろうか・・・。

うん、このレシピ、マリネ液が美味しい!
しかし牛モモが小さめの塊しか手に入らなかった事もあってか、ちょっと全体的に火が通り過ぎたようだ。
自分が作ったとはいえ生肉至上主義の俺としてはかなり不満が残る出来。
今度はもうちょっと上手く出来ると思う。

最初から出迎え愛想を振りまき相手してくれとせがむチャイとは対照的に、いつものように来客があるとしばらく奥へ引っ込み顔を見せなかったタビーだったが、これまたいつものように「ブラシする?」のひと声で寝室から出て来た。
猫好き夫婦から毛並みやら愛想やら沢山の賛辞を受けて思う存分撫でてもらい、終いに腕に抱かれてブラシをされる始末。
つい、タビーもうっとり。
e0058443_15463288.jpg


タビーが来客にこんな事をさせるのは初めてで、本当に驚いた。

夫妻を近くまで送って帰った後、久々に茶伊太郎先生の活躍。
e0058443_1605461.jpg


布類を注意して置かなくなったからなぁ・・・。
そういえばついこの間は先生が洗面所のタオル入れの抽き出しを開けようとしている気配を察知したのだ。
記録係である弟子の私はこっそりとカメラを構えてかなり慎重に戸の隙間に向かったのだが、あいにく先生に見付かってしまった。
先生の制作風景を撮影するのがいかに難しいか、身に染みた。
[PR]
by angelwhisker | 2009-11-17 16:07 | 安倍川茶伊太郎先生

安倍川茶伊太郎先生とタビーの合作か?

つい、うっかりしていた。

メレンゲ好きが我が家に居たのは判ってたのに仕舞い忘れて出掛けてしまった。

家に帰ってみたら、タビーが食い散らかしたMonsieur Soleil(ムッシュソレイユ)のメレンゲが・・・。
e0058443_23261875.jpg



この雨でカリカリのメレンゲが湿気って、まるでヌガーのように歯にくっ付く状態になってしまった。
タビーめ。
ちょび〜っとしか食べないくせに。



そしてどうやら久々に茶伊太郎先生も登場したらしい。
e0058443_2327384.jpg


位置が微妙過ぎて確信が持てないのが残念・・・。


最近、茶伊太郎先生の御食事処から離れた所がティッシュペーパーの定位置になり、また付近に布巾を置かなくなった。
駄洒落である。
結果的に先生の作品数が激減してしまった。
悩みどころ。

毎回このエネルギーを何かに変換出来ないのかと思うくらい、物凄い勢いで砂掛けはしているのだが・・・。
[PR]
by angelwhisker | 2009-07-21 23:37 | 安倍川茶伊太郎先生

茶伊太郎先生の不満

あまりティッシュだの布巾だのを付近に(一応駄洒落で・・・)置かなくなった為に、安倍川茶伊太郎先生の作品制作数がめっきり減ってしまった。
e0058443_162169.jpg



それが原因かどうか解らないのだが、どうやら茶伊太郎先生御立腹のようである。
e0058443_17683.jpg



プリンタの調子がまたどうも悪くて困ったものだ。
普通だったらとっくに買い替えてしまうところを、騙し騙し今まで使ってきたのだがそろそろ厳しくなってきた。
最近までいろいろ調べてこなかった所為もあるのだが、どうにもならなくなってきた。
プリンタは週に一度くらいは何でもいいからカラー印刷をしておいた方が、ノズルが乾いて目詰まりを起こし難いようなのだ。
刷った印刷物を使おうが使うまいが、機能を維持する為に必要な事なのだろう。

ああ、OLYMPUSのPEN発表されたなぁ。
小さくて良さそうだなぁ・・・。
欲しい物がたくさん出て来て困ってしまう。
[PR]
by angelwhisker | 2009-06-20 01:20 | 安倍川茶伊太郎先生

久々の作品

安倍川茶伊太郎先生の、久々の作品。

e0058443_23352915.jpg


気合いが入ったのか、いつもより手を入れる回数が少ない。
手を抜いたのとは違って余計なものを削ぎ落として完成した作品と言える。

そういえば、湿気った食事は気に入らない先生。
しかし湿気る原因の多くは先生が濡れた布巾を皿に掻き込むからで、それが作品として世に出ているのだから致し方ないのだ。
[PR]
by angelwhisker | 2009-03-03 23:36 | 我が家の猫

先生に・・・、つい、ツッコミ。

我が家の掻き出し芸術家、安倍川茶伊太郎先生。
e0058443_001314.jpg

先生は食事が気に入らないと、周辺にある素材を砂掛け行動で器に盛り、作品を完成させる。

今回は弟子の私が前もって先生の制作意欲を察知出来たので、幸運にもその制作過程を記録することが出来た。
先生の作品に対する意気込みが充分に伝わる撮影が出来たと思う。

途中で私がつい口走ってしまった言葉は、幸いにも制作に集中しておられる茶伊太郎先生の耳には届かなかったようだ。
この不況の中、破門されたら路頭に迷ってしまうところだった。
皆さんにも是非聞こえなかった事にして頂きたい。

今回は、姉弟子が首に巻いていたと思しき日本手拭いが素材である。
先生の予測の付かない制作行動や、器の下に何故滑り止めが敷いてあるかがハッキリと解って頂けると思う。

先生の再度の行動に対する二度目のツッコミは皆さんにお任せしようと思う。



動画の最後はいわゆるサービスショットというべきか・・・。
[PR]
by angelwhisker | 2009-01-23 00:46 | 我が家の猫

食べなければ良いのに。降りれば良いのに。

謹賀新年、亀は万年、万年床にはカビが生えるから布団はこまめに干すべし。

これは去年末の安倍川茶伊太郎先生の作品。

e0058443_0121571.jpg


茶伊太郎先生は食事が気に入らない時や満腹になられた時によく制作に掛かられる。
周辺にあるものを手当り次第に皿に盛り付けてゆく。
今回はメモ用紙。

『砂掛け芸術』というか『掻き出し芸術』というか・・・。

もしも『掻き出し芸術』の場合だと、先生の足元にも及ばない私は、

『駆け出しの掻き出し芸術家』

という、ややこしい事になってしまう。
まぁそんなどうでも良い話で新年を迎えたアトリエ。
恒例の年賀状ネタは次回発表。
[PR]
by angelwhisker | 2009-01-09 00:36 | 我が家の猫

安倍川茶伊太郎先生、大作の完成。

e0058443_23212942.jpg

茶伊太郎先生足掛睡眠ノ図


夕食後の事だ。
風呂に湯を張ろうと洗面所の引戸を開けた時、私は仰天してしまった。

「ああっ、やられたっ!」

久し振りの先生の大作に弟子の私が嬉しくない筈がないのだが、何故だかつい口走ってしまった。・・・その理由は今ここでは話したくない。

掻き出し芸術の先駆者、安倍川茶伊太郎先生があまり機嫌が宜しくない事は薄々判ってはいたのだ。

夕飯の直前になって、先生は「ワオ〜ワオ〜ッ」と不満げに叫びつつアトリエ中を走り回っていた。
その行動は『俺は退屈極まりない』と主張している、と私には読み取れたのである。
私はというと糠床を掻き回してカブを摘まみ上げたところで、あいにく先生のお相手をすることが出来ない。

そういう時にその抑圧的エネルギーを、先生はあっという間に見事な芸術へと昇華させるのが得意なのだ。

これがまたあまりにも瞬間的で、激しい。

やはり・・・、
[PR]
by angelwhisker | 2008-12-23 23:16 | 安倍川茶伊太郎先生

芸術家の品格

茶伊太郎先生は不思議な存在だ。

いつもだらしなく、こんな風にくつろいでいたり、
e0058443_22285666.jpg




こんな風にあられもない恰好でお休みになられている。
e0058443_2230352.jpg




何しろ普段の先生にはまるで気品というものが感じられない。
そういえば、弟子の私がそんな事を口にして先生に破門されやしないかと心配して下さる方がいらっしゃるが、それは心配ない。
それよりは、『制作中は大きなクシャミをしちゃいけない』、『咳は短く二回まで』と決まっていて、それをしくじると私は荷物を小さくまとめてここを出て行かねばならないのだ。
それさえ守れば問題無い。

事実、茶伊太郎先生はそんなに尻の穴が小さくはない。



そんな茶伊太郎先生なのだが、御自身で気に入られた作品が出来上がった時だけは違う。
e0058443_2248583.jpg





顔付きに気高さが溢れているのだ。
e0058443_22484184.jpg



この一瞬だけ現れる、芸術家としての品格。

真の芸術家とは、かくあるべきであろう。
先生はまだまだ雲の上の存在である・・・。
[PR]
by angelwhisker | 2008-12-01 22:52 | 我が家の猫

ヨッスィーが凸凹猫コンビ、タビーとチャイの可笑しい生活を綴る。路地裏の猫達に幸せを届ける『マタタビ至福団』の本部。


by angelwhisker

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
我が家の猫
マタタビ至福団
他の猫
料理と美味
外出
熊五郎
道具
栽培
行事
インテリア
年賀ネタ
安倍川茶伊太郎先生

息子
健康
告知
その他

タグ

(277)
(91)
(47)
(44)
(39)
(33)
(28)
(25)
(25)
(20)
(19)
(19)
(18)
(18)
(17)
(16)
(16)
(15)
(15)
(12)

ブログパーツ

最新のトラックバック

欲求不満
from 難攻不落の熊本城
体にフィットするソファ
from Stlpd28の音楽生活
ボロタワー
from にゃんちんと一緒
療法食開始
from ねこぱんち
寝違えないタヌキ
from ねこぱんち

検索

以前の記事

2013年 01月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 04月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧