<   2010年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

新しい家族が来た。

さてさて。
猫達との生活のブログを書き始めてナンダカンダ五年近く経つ。
ここ数年は仕事環境の変化や健康問題やらはたまた親の介護に繋がる問題などもあって、バタバタ続きなのだが、まぁ自分がそういう年齢になったという事なのだろう。

我が家の猫達、タビーとチャイもそれぞれ十歳と七歳になった。
驚いた事にそれを人間の年齢に換算すると、二匹とも我々夫婦の歳をとうに超えていたのだ。
いつの間に!!
そして歳を重ねるに連れて猫達は少しずつ少しずつ性格も穏やかに、肉体的にも活動している時間が少なくなってきている。
まぁそれでも猫達が全く変化しないかというとそうでもない。
少しずつの変化にはなかなか気付かないもので、チャイがやたらと鳴いて甘えるようになったり、タビーは夜寝る前に枕元へ必ず来て、俺に腹を揉んでもらうのが日課になったりとか、それなりにあるにはあるのだ。
それでも大体毎日同じ繰り返し。
ブログに書く事も少なくなる訳だ。

と、言い訳してみる。
俺の頭も当初と比べると随分と固くなって、柔軟性が落ちてきた。
面白い記事が書けなくてスランプに陥った事もある。
じゃ今はスランプを抜け出して面白い事を書けているかというと、書けていない。
まぁ心の持ちようというか、俺自身が退屈な人間になってきたのかもしれない・・・。

あれっ?
何で?
こんな事を書くつもりじゃなかったんだが。

で、このブログを読んでくれている人にはもう大体の察しはついていると思うが、そうなのだ。

新しい家族を迎えた我が家。
一昨日妻と共に退院してきた。

今、満腹になって俺の横でスヤスヤと寝息を立てている。

e0058443_2247249.jpg



一週間前に2880グラムで生まれた元気な男子。
名前は大体決まったが漢字をどう当てるか考え中。

そして俺は俺で親としての実感はまだ無いが、赤子の観察が面白く、仕事から帰るのが楽しみになった。
子供の生活リズム作りの為に親も早寝早起きの習慣が付きそうである。

猫達は赤子が泣くと迷惑そうではあるものの、慣れてきて逃げなくなった。
昨日などタビーは寝ている妻と赤子の間に割って入ろうとしてきたらしいからもう大丈夫だ。

e0058443_2384732.jpg

チャイも今まで以上に甘えてくるので、ちゃんと応えてやらないといけないなと思う。

我が家は三人とニ匹の家族になりました。
今の俺の頭の中は年賀状ネタをどうするかで一杯です。
これからもよろしくお願いします。
[PR]
by angelwhisker | 2010-06-25 12:44 | その他

近いうちに何かするという告知。

え〜っと、最近我が家はいつも以上にバタバタしているのだが、そのバタバタの理由も含めて、近いうちに十代百俵じゃなかった十台発砲でもなくて重大発表する予定。

e0058443_0563181.jpg

何を発表するかって?






・・・さぁ。



『それを書かないでヤキモキさせるのが目的の告知』だという事を理解すべし。


それでは乞うご期待!





e0058443_0534812.jpg

手前の以外は受粉されずどんどん萎んでゆく我が家のズッキーニ・・・。
[PR]
by angelwhisker | 2010-06-24 01:03 | 告知

仔猫達その後

ツイテいるようでツイテなかった話 で書いた仔猫達。
e0058443_141546100.jpg


その中でも取り分け美人さんの仲良し二匹が、妻経由で平野俊一さんの家族に迎えられた。


平野家では新たに「ニッキ」と「ちゅらさん」と名付けられて、すっかり寛いでいるらしい。
とても穏やかなお二人の下、穏やかに育つのか・・・、はたまた暴れっぷりが凄かったりするのか・・・、これからとても楽しみである。
e0058443_14294729.jpg


いや本当に可愛い。
妻と俺とで一匹一匹仔猫達の写真を見ていた時に、一番ニ番を争っていただけの事はある。

平野家に幸あれ(あれ?もう幸が来た訳か)。
いや、もっともっと幸が来るに違いないのだ。
仔猫の可愛さを過ごした後、それぞれの個性が出始めてからがまた楽しい。
そして七年八年経って落ち着いてきた頃に、新しい仔猫を迎え入れるというのが理想だろう。
e0058443_14302537.jpg

ああ、羨ましい。

そのうち我が家だって・・・。






そういえばそのツイテいるようでツイテなかった話の山内家で、後日談があった。

仔猫達は御陰様で八匹中四匹の貰い手が決まったのだが、その子達の世話をしている間に、イッキュー、はっちゃんの間の猫、行方知れずだった『ろ』がふらりと帰ってきたという。

山内家では「どうかお腹が膨らんでませんように」とそればかりを祈っていたらしい。
その後生まれたという話を聞かないので雄だったようだ。


何はともあれ目出たし目出たし。
[PR]
by angelwhisker | 2010-06-18 14:43 | 他の猫

ツミよさらば。

うちの近所の公園に住んでいた猛禽ツミが、二羽の雛を育て上げて親子で去って行ったという。
妻が日本野鳥の会の今年の観察記録ページに記述してあるのを教えてくれた。
撮影に間に合わなかったのは悲しいが、雛も孵したという事で嬉しくもある。
五月半ばには移動してしまったらしいから、ちと遅過ぎたようだ。

来年また来てくれるだろうか・・・。

e0058443_22133117.jpg



そういえば杉並の我が家の周囲で少し前までウグイスが鳴いていた。
もう梅雨入りしてしまったが、ここのところ晴天の日に限ってヒバリの声を良く耳にする。
条件反射なのか、ヒバリのさえずりを聞くと野山自然へと気持ちが向かっていく。
好きだなぁ、ヒバリの声。

久々にりんご追分でも聴くか。
[PR]
by angelwhisker | 2010-06-15 22:23 | その他

ツミが居ないのでアザラシを撮影。

近所に猛禽が暮らしている で書いたツミを撮影する為に、今持っている一眼レフ用のレンズの倍率を二倍にするテレコンバーターを手に入れて、昨日の夕方、公園に出掛けた。

ところが居ないのだ。

夕方だからな。
フクロウでもないし鳥目なのだろう。
巣で寝ているのかもしれないと思って、今日の昼頃に再び公園へ。

やっぱり居ないのだ。

いつもの場所に留まっていない。
周辺をくまなく捜し、他に営巣しそうな場所の見当を付けながら行ったり戻ったりを何度か繰り返したが、やはり見当たらない。
もうこの公園には居ないのだろうか・・・。




ガックリうなだれて仕方無く神田川でコサギ@Wikipediaを撮影。

e0058443_013686.jpg






家に帰って撮影したコサギの写真にも満足出来ず、悶々としていたら我が家でアザラシ発見。
良しとするか。




e0058443_0145073.jpg

[PR]
by angelwhisker | 2010-06-14 00:18 | その他

手出し無用の御相伴君

時々山犬ガク氏の釣った魚を頂くようになってから随分と経つ。
習慣化というものは怖いもので、チャイは毎晩のように魚を催促するようになってしまった。
e0058443_23355814.jpg


我が家ではもっぱら御相伴君と呼ばれている。

「お魚下さい」

チャイなりに精一杯甘えた声を出して、何かもらえないか訴える。
そしてつい手が出てしまう。
e0058443_234436.jpg


この時は遅い食事で食材も余り揃ってなく、適当に冷凍うどん。
猫達が鰹節の匂いに惹かれて色めき立った。
他にあげられそうなものが無かったのでこれを分ける事に。

当然、我が家は毎日魚を食べている訳ではない。
カレーライスだったりゴーヤチャンプルーだったり、ニラ玉だったりする訳で、とりあえず匂いを嗅がせて「お前さんの食べるものじゃないよ」と言い聞かせてやると納得して静かになる。

どうやらチャイは甘えついでに何かもらえたらラッキー、みたいに思っているフシもあるが・・・。

e0058443_23474273.jpg

[PR]
by angelwhisker | 2010-06-11 23:54

豚足の小岩井じゃなかった、転職のお祝い。

遅ればせながら、こざる生活のayuさんの転職祝いを、空と大陽のみやびさんと共に祝った。
というか、転職祝いを理由に呑んで食って、みたいな事である。
e0058443_2263371.jpg


本当は赤坂プリンスのサファイヤホール貸し切りのつもりであったが、最近になって我々夫婦の機動力が極端に弱くなってしまったので、急遽変更。
「猫達に会いたいだろうから」ともっともらしい理由を付けて、お二方には我が家にわざわざ来てもらった。
先着したayuさんは一押しのVIRONのバゲット・レトロドールを手土産に。
初めて食べたけどこれが美味い!
久々に小麦の味がする美味いフランスパンを食べた。確かにayuさんの言う通り、何も付けないでも食べられる、そんなパンなのだ。
う〜ん、この感じ、盛岡のボワ・ド・ヴァンセンヌ以来かもしれないなぁ、と思って懐かしくなって調べたら・・・、何と岩手県の盛岡から再び東京早稲田へ戻っていた!
ボワ・ド・ヴァンセンヌ
盛岡ではよく沢に釣りに行く前に店に寄って、片手で食べられるバゲット・サンドを買い、パリパリの皮で口の中を切りつつ美味い美味いと運転しながら食べていたのだ。
懐かしい。
・・・あ、話が逸れた。


それで俺はお昼過ぎまで仕事していたので、今回は妻が料理担当。
悔しい事に今まで何度か同じレシピでローストビーフを作っていたにもかかわらず、今回妻が作ったものが一番美味しかった・・・。

ayuさんには転職先にまつわる様々な話題を提供してもらった。
ここには書かないけれども・・・、普段なかなか聞けない話で非常に興味深く楽しい話だった。
e0058443_22174746.jpg


その他、みやびさんからお土産で頂いた猫用国産またたび茶を皆で飲んでみたり、仕事帰りに買ってきた季の葩のケーキを食べたり。
e0058443_23172434.jpg


そして、この会の〆に相応しい、みやびさんのお土産の話題。

どういう理由でこれなのか解らないのだけれど、みやびさんがお茶や高級カステラと共に「我が家に」お土産として買って来てくれたのが、



向きを整える手間が省けました!
前からも後ろからも履けるサンダル! ファインぬぎっパ

一同、大爆笑。


ネーミングもさることながら、その着想・・・、どんだけモノグサだよっ!

e0058443_23331875.jpg


ayuさん、転職おめでとう。
英会話頑張って下さい。
[PR]
by angelwhisker | 2010-06-07 23:41 | その他

二十年来の夢叶う。

e0058443_23193853.jpg


知らない人も多いとは思うが、二十年くらい前に東京パノラママンボボーイズというグループが活躍した。
その名前を知らなくとも、フジテレビ「ごきげんよう」のテーマソングを聴いた事が無いという人は少ないと思う。その他にも「パチンコ」という曲や「カサショフ」など、テレビやラジオのいろいろなシーンBGMに使われているのだが、俺はステージを一度も見る事が無いまま、彼等は解散してしまった。

ところが最近になって、そのパノラママンボボーイズがどうも復活したらしいという事が判って俺は心躍った。それでずっと公式ブログやらHPをチェックしていたのである。

で、やっと機会は訪れたのだ。

歌謡WONDERLAND 〜レッツ歌謡曲!〜

今回の出演者は濃い。
全員初めて観るが、総じて良かった。
信じてもらえないかもしれないが、こまどり姉妹も本当に良かった。
元々、俺は音楽に関しては周りが呆れる程に節操無く聴く。
洋楽邦楽問わずロックにジャズ、ワールドミュージックも聴くし、沖縄民謡や和太鼓だって聴く。初代高橋竹山だって渋谷ジャンジャンに何度聴きに行ったか判らない。
とか何とか言いつつ、縁あって我が家に来たロジャース PM410から流れてくる音源で一番長時間流れているのは落語だったりするのだが・・・。
オーディオファンが聴いたら泣くだろうな。

まぁ、そんなだからこまどり姉妹も充分射程だったりする訳だ。
ガールズバンド、キノコホテルの妖しさもさることながら、こまどり姉妹も負けてなかった。
渚ようこも独特の色気があってカッコ良かった。


マンボボーイズのステージも、何だかハードディスクを使ってDJをしたりしていたようだが、何だかアナログ感がたっぷり。
怒濤のマンボ攻撃!
久し振りに体が動いてしまった。

昭和歌謡を堪能した夜であった。
友人サンチェを誘うべきだったな・・・。


YouTubeに昨日のライヴ動画がもう上がっていた。

[PR]
by angelwhisker | 2010-06-06 00:33 | 外出

テレコンバーターが来て、美味しいマカロンが来た。

PENTAXのKマウント用テレコンバーターを購入。
今日の夜届いたので、赤い月を撮影してみた。

e0058443_2115093.jpg


ベランダに三脚を立てているうちに月の色がどんどん変化して白っぽくなってきたので、慌ててシャッターを切ったので気持ちブレたようだ。
100-300mmの望遠に2倍のテレコンバーターだから600mmという事になる。
ところがこの一眼レフ用のレンズはフィルムカメラで使った時の数値で、デジタルカメラの場合は・・・。
フィルム換算値の計算法があるらしいけれど数学が苦手だった俺には難しくて解らない。
とにかくキレイに写れば良いのだ。

同じ月の夜を、F1:2の明るい広角レンズで撮るとこんな感じ。
e0058443_211616100.jpg



それから、思いがけず我が家にピエール・エルメの高級マカロンが届く。
e0058443_21165215.jpg


初めて踊るマカロンの舞。

嬉しい。
ここのところ夕飯から就寝までの丁度真ん中辺りで、いつも何か物足りないものを感じている夫婦。
体重が気になるところではあるが、この心の隙間を埋めるのに最適な一品。
贅沢なひとときを過ごさせてもらった。
御馳走様。
e0058443_21171875.jpg


後ろで蛙のゴミ箱が倒れているのが気になる・・・。
[PR]
by angelwhisker | 2010-06-03 01:11 | 道具

ヨッスィーが凸凹猫コンビ、タビーとチャイの可笑しい生活を綴る。路地裏の猫達に幸せを届ける『マタタビ至福団』の本部。


by angelwhisker

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
我が家の猫
マタタビ至福団
他の猫
料理と美味
外出
熊五郎
道具
栽培
行事
インテリア
年賀ネタ
安倍川茶伊太郎先生

息子
健康
告知
その他

タグ

(277)
(91)
(47)
(44)
(39)
(33)
(28)
(25)
(25)
(20)
(19)
(19)
(18)
(18)
(17)
(16)
(16)
(15)
(15)
(12)

ブログパーツ

最新のトラックバック

欲求不満
from 難攻不落の熊本城
体にフィットするソファ
from Stlpd28の音楽生活
ボロタワー
from にゃんちんと一緒
療法食開始
from ねこぱんち
寝違えないタヌキ
from ねこぱんち

検索

以前の記事

2013年 01月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 04月
more...

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧