<   2010年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

頂きました、天然真鯛。そのニ

さてさて、ガクが釣ってきてくれた大きな真鯛。
いつものようにカマの部分や頭は猫が食べても構わないよう塩を振らずに素焼きにした。
e0058443_23321958.jpg


事の成り行きは前回の記事を読んでもらうとして、もう最高潮にクレクレ光線を放っていたチャイだったが、まずは人間の食事からだろう。
e0058443_2334831.jpg


チャイにはすまないが、腹が減っては戦は出来ぬ。
俺も妻もいい加減もう腹ぺこだったし。
まずは腹を満たしてからカメラを構えてじっくり撮影したいではないか。
e0058443_23352875.jpg



結果的にチャイを随分待たせてしまった。
そしてそれが後々どう影響したのだろうか。

まぁそれよりも妻のとっさの行動に、俺もチャイも驚いた事は間違いないのだが・・・。
終盤にちょっと怒った顔になっているチャイをご覧頂きたい。






とにかく人間は真鯛づくしを堪能させて頂いた。
あまりの美味しさに誰にもお裾分けせず、二人と一匹で食べ尽くしたのだ。
ごちそうさまでした。
[PR]
by angelwhisker | 2010-04-29 23:22 | 料理と美味

頂きました、天然真鯛。その一

結構な雨風で荒れた一日だった。
夕方になって久々にウルトラスーパー遊び犬「犬まっしぐら」な日々のガクから連絡。

「鯛要る?」
「要る」

二つ返事で夕飯のおかず決定。
そりそろ刺身を食べたいからスーパーに買いに行って来るか、と思っていたところだ。
有り難や有り難や。
e0058443_2358264.jpg


いやはや、それにしてもあんな天候でよく船に乗るな・・・。
夜明け前から船を出して一日中横殴りの雨に波やうねりに揺られていた筈なのにピンピンしているガク。俺が行ったら一日中、人間撒き餌機だな〜。
ずしりと重い鯛を渡された。
それでちょっとの間話をして、まあ、今までも話していて何となく解っていた事だけれども・・・、どうやらうちにくれる鯛はいつも、俺にではなくて、チャイに、らしい。
チャイがうまそうに食べるかどうかの反応が楽しみなのだ。

だからチャイが食べるところのブログ記事のアップは必須。

家に帰って流しに開けたらまぁ立派な真鯛。
四十五センチはあるだろうか。

脂が乗ってでっぷりと太って、こりゃ食べ甲斐があるねぇ。
今回は捌いて身の半分は湯引きした刺身、半分は昆布締め、カマは焼いて頭とアラは潮汁にしよう。

「な〜っ、チャイ」


捌き始めたあたりから匂いがするのだろう、台所周辺をウロウロしながらくれるのを待っている。
魚を触った生臭い手であまりK−7を触りたくはないんだけど、仕方無い。
パチり。
e0058443_23592812.jpg




叱られるのを覚悟で・・・。
e0058443_04110.jpg

ついつい手が出てしまう。
e0058443_0101960.jpg





それでどうにかとりあえず、人間の御飯。
e0058443_017411.jpg


潮汁のアラも生臭みを取るため一度焼いているから、時間が掛かってしまって腹ぺこだ。
肝臓は熱湯を掛けてすり潰し、醤油とレモン汁を合わせて肝和え用に。

チャイ、お前には後でたっぷりあげるからな。
あ、ちなみにタビーは魚は一切見向きもしない。
例外は鰹節くらいか・・・。
アブラナ科の菜っ葉や和菓子のアンコの方がよっぽど好きなタビーである。

e0058443_0303175.jpg

キティに大接近。この後この距離でシャー連発・・・。


チャイが食べるかどうかは次回。
[PR]
by angelwhisker | 2010-04-28 23:31 | 料理と美味

キティ、ロロのおっぱいチュパチュパモミモミ

先住犬のロロに全部食べられてしまうので、キッチンのカウンターの上で御飯をもらっていた三毛猫キティ。
e0058443_22541899.jpg


義姉がふと目を離したら、何だかいや〜な匂いが。
お湯を沸かしていたコンロの火に興味津々近付き過ぎて、ヒゲも眉毛も焼きましたとさ・・・。
だから左側だけちょっと巻き毛よ。

そんなキティの動画をYouTubeにアップした。

いつもは嫌がるロロらしいが・・・じっと我慢どころか、ウトウトしているのには笑った。




ロロちんオスなのに偉いぞ。

それはともかく、以下、話題とは無関係のぼやき
[PR]
by angelwhisker | 2010-04-25 23:34 | 他の猫

ツイテいるようでツイテなかった話(悩殺ポーズ写真あり)

え〜っと、仔猫の話が続いたのでここらへんでちょっと違った話題を。
e0058443_23455571.jpg



我が家の食器の主なものを作っている、山内瑠璃子さんの大島窯での話。

俺は行った事が無いのだけれど、瀬戸内海の大島という自然豊かなところに大島窯はある。
山内家ではその広い敷地内でアニーとオットーという二匹を飼っていた。
アニーとオットー・・・、何だかガーシュインのミュージカルみたいな名前だな、と思っていたらそうじゃなかった。
この二匹、オスの兄弟。
だからアニーとオットーと名付けてしまう俺みたいにベタなセンス・・・。
それはともかくとして、それぞれが天命を全うし残された子供が二匹。

もうすぐ一歳になる一Q(イッキュー)とハニーで共にオス。
名前の由来は、元々三匹いて「い、ろ、は」で、「い」は尻尾がローマ字のQの字に曲がってるから一Q、「ろ」は脱走して行方不明、「は」はアニーの子供でハニー。

それで、その二匹の話なのだが・・・
[PR]
by angelwhisker | 2010-04-17 23:49 | 他の猫

キティのその後、シャーフガーの応酬

e0058443_14202555.jpg

キティが義姉の家に帰ってからも、我が家の猫は大変であった。

ビクビクおどおどしながら辺りを嗅ぎ回り、情報収集に必死のチャイ。
e0058443_14223749.jpg




そう、実はキティは義姉の家族になったのだ。
生後四ヶ月で引き取られたこの子は元々東京都動物愛護相談センターに保護された猫である。
義姉ところの先住犬ロロも東京都動物愛護相談センター出身の先輩で、二匹はもう仲良しらしい。
いやいや何にせよ喜ばしい事である。

それで家も隣だし我が家の猫達とも仲良くなれたら良いなという事で、ちょくちょく遊びに来てもらう事になった。
まぁこれは人間達がそう思っているだけで猫達にとってはいい迷惑なような気もしないでもないが・・・。
e0058443_14383777.jpg




しかしタビーはともかくチャイだ。
見た目にそぐわず神経質なのは以前から書いていたけれども、ヒドいねあれは。
笑っちゃうくらいナーバスになってしまって、腫れ物もいいところだ。
e0058443_1450319.jpg

表情が怒っている。
チャイは体が大きいくせに心が狭いよ。
仔猫はもう居ないのにシャーシャーフガフガ言って、挙げ句の果てにはタビーに対してシャーフガー。

それこそ猫が変わったように唸りまくるチャイに、タビーも怖くなったのだろうシャーシャーの連続。
視線を合わす度にシャーフガーの応酬で、その晩は二匹が互いに近寄る事は無かった・・・。
e0058443_14475251.jpg

e0058443_1448286.jpg

[PR]
by angelwhisker | 2010-04-16 14:52 | 我が家の猫

我が家に仔猫が来た。名前はキティ。

いやぁもうね。
これが歌謡曲ならば構成としてAメロ-Bメロ-サビの王道なのだが、もう俺としてはただただメロメロなサビ三毛なのだ。
もう書きだしからして訳の解らん事を言ってしまうくらい可愛いものなのね。
e0058443_1131979.jpg


仔猫とは言ってもチョイ大きめで、この子を連れて来た義姉の手にはちょっと余る感じだ。
貰って来る際にボランティアに「名前を」ととっさに訊かれて付けた名前がキティだそうだ。
e0058443_1175685.jpg


うちの猫たちはというと、チャイもタビーもシャーシャーッ、フガーフガーッと大いに憤慨してあっという間に寝室へ逃げ込んでしまった。
e0058443_128121.jpg

タビーはフラッシュを焚かないと全く写らなかったのでピカリ。
e0058443_1293267.jpg



怖いもの知らずのマイペースで我が家を探検。
e0058443_120674.jpg



うんうん、可愛いよやっぱり仔猫は。
そして三毛ってのも良いではないか。
e0058443_132519.jpg

しばらく仔猫にメロメロ状態が続きそうだ。
[PR]
by angelwhisker | 2010-04-15 01:33 | 我が家の猫

みるきぃにライバル登場

友人ゲルッチの家に引き取られて幸せに暮らしていたみるきぃが、築き上げたアイドルの座を奪われようとしている。
e0058443_17951.jpg


事の起こりはこうだ。

働き者のゲルッチの母上は定年後、免許を取得して訪問介護員、要するにヘルパーをやっている。
そしてつい最近まで担当していたお宅は身寄りの無い一人暮らしの老女で、一匹の猫を飼っていた。
その飼い主がアルツハイマーになり、猫のトイレどころか餌やりもままならない状態になってしまったという。
人権問題なども絡む為に民生委員などと相談しつつ、飼い主が専門の医療施設に入所出来るようにあちこち奔走し、残された猫はゲルッチ家に引き取られる事になったという。
良いねぇ。
部屋の広さや相性の問題さえ解決すれば、猫は多頭飼育に限ると俺は常々思っているのだ。

その猫。
e0058443_0523091.jpg


聞けば二十数万円する血統書付きのアメリカンショートヘアらしいが、まぁ別に値段は関係無い。
ゲルッチ家の近くに用事があったのでついでに寄らせてもらった。
いやはや小柄とは話には聞いていたけれど、本当に小さくて大人しく、そして可愛い。
確かニ・五キロと言っていたか・・・。
e0058443_0542737.jpg


俺の好きな怒りん坊顔だ。
e0058443_1202919.jpg



名前はちびっちーと言うらしい。
みるきぃは初めはシャーシャー言って逃げ回っていたが、今ではこんな感じらしい。

e0058443_16313.jpg


幸せで良かったなニ匹共!!
[PR]
by angelwhisker | 2010-04-12 01:23 | 他の猫

恵比寿イル・ボッカローネで食事。

妻と小野竹喬展を竹橋の国立近代美術館に観に行った後、予約しておいたIL BOCCALONE(イル・ボッカローネへ。
e0058443_0525257.jpg



このお店には何度も来ているのだが、それは毎年クリスマスの飾り付けの仕事なのである。
クリスマス関連の話題

本来はキリが良かったので去年やりたかったのだが何ぶん忙し過ぎて機会を逃し、今年やっと実現。
いやはや結婚十一周年の食事会。
何だか長いようでとても短い十一年。
夫婦二人でゆっくり贅沢に思う存分食べて、美味しく楽しく過ごした。

ブログの為に料理の写真を撮ろうかとも思ったのだが、そうすると頭が撮影モードになってしまって食事を純粋に楽しめなくなるのでやめた。
料理はどれも美味しく、給仕と客の距離感も程良くとても居心地が良い。
我が家にとっては少々贅沢な食事だったけれど、こういうのもたまにはいいもんだ・・・。
嗚呼、幸せなひととき。
結婚記念日だという事を知った給仕の青年が祝いの言葉と「店から」と手作りのマンダリンのリキュールをサービスしてくれた。
とても嬉しかった。
御馳走様。


e0058443_155354.jpg

そして帰りは満開の夜桜を眺めつつ帰宅。


家に着くと、冬物を仕舞おうと思ってベッドの上に広げておいたダウンコート(我が家では通称『宇宙服』)を片付けようとしたら・・・。
e0058443_19587.jpg




e0058443_193426.jpg



・・・。
e0058443_1102714.jpg

[PR]
by angelwhisker | 2010-04-03 22:24 | 外出

ヨッスィーが凸凹猫コンビ、タビーとチャイの可笑しい生活を綴る。路地裏の猫達に幸せを届ける『マタタビ至福団』の本部。


by angelwhisker

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
我が家の猫
マタタビ至福団
他の猫
料理と美味
外出
熊五郎
道具
栽培
行事
インテリア
年賀ネタ
安倍川茶伊太郎先生

息子
健康
告知
その他

タグ

(277)
(91)
(47)
(44)
(39)
(33)
(28)
(25)
(25)
(20)
(19)
(19)
(18)
(18)
(17)
(16)
(16)
(15)
(15)
(12)

ブログパーツ

最新のトラックバック

欲求不満
from 難攻不落の熊本城
体にフィットするソファ
from Stlpd28の音楽生活
ボロタワー
from にゃんちんと一緒
療法食開始
from ねこぱんち
寝違えないタヌキ
from ねこぱんち

検索

以前の記事

2013年 01月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 04月
more...

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧