<   2009年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

キャットニップの魔力

いやぁ、チャイの爪は痛かった。

久し振りにキャットニップをあげたら凶暴になって食い荒らしていた。
しかしまぁ、どうしてこんなにハムスターっぽいのだろう。


[PR]
by angelwhisker | 2009-06-30 23:30 | 我が家の猫

洗濯機の選択。

最近の洗濯機ってのは、やたらデカイな。

e0058443_1104850.jpg


それが最初の印象。
蛇口が低く設定してあるから、ちょっと窮屈。
もともと、水撃作用防止装置が付いているので余計だ。
この通称ウォーターハンマーは我が家では誰かが壁の中にいるんじゃないかと思う程、ノックの音を立てていた。
さながら超常現象、夜中にノックされると結構怖いものだ。
不格好ではあるものの、この水栓金具を付けたらピタッと収まった。
素晴らしい。
ま、そんなことはどうでもいいか。
e0058443_112551.jpg


洗ってもキレイにならない我が家の洗濯機が壊れた。
念願かなって、やっと買い替えたのだ。
年々、自分でも驚く程に物を捨てる事がしづらい人間になっている。
それに大抵のものがちょっといじって直っちゃったりするから困りものだ。


「これが壊れたら買おう、いつかこれが壊れたら買おう」

そう思って価格COMで目を付けていた洗濯機がどんどん新しい製品と入れ替わり、何台目になったろう。


最近の、妻との合い言葉は


「洗濯機はエコポイントで」



だったのに・・・。
e0058443_1133599.jpg





なんと

洗濯機は

エコポイント対象外。


がーん。



ま、そんな新しい我が家の洗濯機。

「乾燥機能も結構使えるじゃん、梅雨時だし」

ってな事を、とりあえず不運に見舞われたayuさんに、記事で笑わせてくれた御礼とデジタル一眼レフカメラの妬みを兼ねて、ちょっと自慢したい訳である。




いや、ホント、涙流して腹抱えて笑わせてもらった。
e0058443_112763.jpg


感謝。
[PR]
by angelwhisker | 2009-06-30 01:20 | 道具

雨が嫌い。

雨が嫌いだ。
e0058443_1465189.jpg

じめじめ鬱々として、曇天が続き気分も湿りがちである。





「チャイ、お前さん雨好きか?」
e0058443_1414317.jpg




「・・・」
e0058443_143524.jpg




ま、普段からろくに顔洗わないし・・・、お前にはあまり関係無いか。



ここのところ毎晩のように夢でも見積りしていて、ホント寝た気がしない。
悔しいので次に見る夢の中で、この時間外労働分も見積りに含めてやろうと思っている・・・。
[PR]
by angelwhisker | 2009-06-29 01:54 | 我が家の猫

いやぁ暑かった。

妹から連絡があって、寝袋を貸して欲しいと言う。
貸すのは一向に構わないのだが、俺のは20年前のアウトドアブームが来る前の安物で、丸めた大きさが直径四十センチ長さ五十センチといったところか。
やたら大きいから小さく収納出来るものを買った方がいいと伝えた。
e0058443_155940.jpg


何と妹は羨ましい事に、来たる七月二十二日の皆既日食を体験しにトカラ列島だったかに行くらしい。
いいないいな。
最近ちょっとバタバタが連続していてさすがの俺も疲れて来た気がする。
何しろ釣りにすら行ってない。
気晴らしが下手になった。
いかんなぁいかんなぁ。
e0058443_192390.jpg


いやしかしそれにしても今日は暑かった。
猫達も風の無い真夏日はさすがに暑いらしく、でろんでろんとフローリングの上で溶けかかっていた。

そんな一日ではあった。

そういえば近所の無人販売で買ったカブの葉っぱを糠床に入れようとしたら、目ざといタビーに見付かり一枚あげる事に。
時間は掛かったものの、見事キレイに食べた。
e0058443_110252.jpg


生まれ変わったら青虫か・・・。
[PR]
by angelwhisker | 2009-06-24 01:13 | 我が家の猫

茶伊太郎先生の不満

あまりティッシュだの布巾だのを付近に(一応駄洒落で・・・)置かなくなった為に、安倍川茶伊太郎先生の作品制作数がめっきり減ってしまった。
e0058443_162169.jpg



それが原因かどうか解らないのだが、どうやら茶伊太郎先生御立腹のようである。
e0058443_17683.jpg



プリンタの調子がまたどうも悪くて困ったものだ。
普通だったらとっくに買い替えてしまうところを、騙し騙し今まで使ってきたのだがそろそろ厳しくなってきた。
最近までいろいろ調べてこなかった所為もあるのだが、どうにもならなくなってきた。
プリンタは週に一度くらいは何でもいいからカラー印刷をしておいた方が、ノズルが乾いて目詰まりを起こし難いようなのだ。
刷った印刷物を使おうが使うまいが、機能を維持する為に必要な事なのだろう。

ああ、OLYMPUSのPEN発表されたなぁ。
小さくて良さそうだなぁ・・・。
欲しい物がたくさん出て来て困ってしまう。
[PR]
by angelwhisker | 2009-06-20 01:20 | 安倍川茶伊太郎先生

幸福のズビズビと理不尽なシャーッ。

妻が風呂上がりの火照った体を冷まそうと、玄関を出て鉢植えを眺めていたのだ。
するとチャイがやってきて開けた寝室の窓辺から外を見始めた。
妻に何度か声を掛けてもらっているうちに何だかとっても甘えたい気分になったチャイは、撫でても触ってもいないのに喉を鳴らし始める。

大きな体に共鳴するのか、それがまたやたら大きいのだ。
e0058443_11194185.jpg



そこに何か楽しそうだと我が家の闇姫タビーがやってきた。
フラッシュ焚いてこの写り。恐るべし黒猫。
写真は間に合わなかったが、タビーは行儀よく育っているのでちゃんとチャイの体を数回舐めて交代を促してから位置取り。
e0058443_11224954.jpg




タビーが来ても『僕ぼく今とっても甘えたい』だけのチャイは無反応で、ただただ幸せそうに喉を鳴らしている。
e0058443_1125295.jpg




ところがタビーが自分からチャイに近付いてシャーッ。
ちょっと反射的にパンチを出しそうになって・・・、
e0058443_1125452.jpg




やはり下ろす。

e0058443_11263213.jpg


端から見ていると妙に長く感じる時間の流れ。
タビーの威嚇に困惑しているものの、ズビズビが止まらないチャイであった・・・。
[PR]
by angelwhisker | 2009-06-13 11:33 | 我が家の猫

新しいアマゾン箱

e0058443_23453394.jpg


箱というのが四角いものだったって事をすっかり忘れさせてくれていた、我が家のアマゾン箱。

その物語のはじまりはこちらで。下から順に古い記事。このブログの中ではあまりに多いネタなのでタグを打ちきれてないけれど・・・、とりあえず。

もうかれこれ何年になるんだろうか。



久々にアマゾンで買い物したので新しい箱が手元に。
e0058443_2355369.jpg


が、しかし・・・、
[PR]
by angelwhisker | 2009-06-10 00:04 | 我が家の猫

松村響子画伯、グラビアデビュー。

我が家の画伯。
e0058443_23595059.jpg

日本画家でもあるが、ペーター、いやロッテンマイヤー・・・、いや、クララではなく俳人でもある。
・・・俳人であってハイジではないのだ。
誰もそんな事言ってないか。

「クララの意気地なし!もう知らない!」

ま、駄洒落はともかく、画伯がグラビアに載ったのだ。
『専門誌にグラビアデビュー』という字の並びを変えると『グラビア専門誌デビュー』となって別な意味になり、それはそれで面白そうだが、載る方も見る方も拷問かもしれない・・・。

前置きはここいらにして紹介しよう。

文學の森から発行されている俳句専門誌、月刊『俳句界』の依頼で最新刊である二千八年六月号の記事『王子巣鴨界隈散策』に掲載された。
専門的には吟行(ぎんこう)というのだが、二人の俳人の方と共に都電に乗って付近を散策し俳句を詠んで、それが記事として本人のカラーグラビア入りで載ったのだ。
文學の森から刷り上がったものが送られてきて、写真を見た俺は大爆笑。
何故この顔。

我が家でいうところの通称「ケロ顔」なのだ。
「ケロ顔」とは、「ケロケロ踊り」の時にやらなければいけない顔の表情である。
目は三日月型で天を見上げ、頬が上がる為に自然と口は半開き。
解り易くいえば、満面の作り笑顔である。

・・・それは解ったけれども、それをやらなきゃいけない「ケロケロ踊り」って何なのよっ、と思われる方も多いだろう。
「ケロケロ踊り」は我が家で実践される習慣的舞踊である。

満面の作り笑顔で、蛙のように指を一杯に開いた掌を左右交互に振り、心の底から楽しそうに脚も交互にステップを踏まなければならない。
その時に「ケロケロケロッ、ケロケロケロッ、ケーロケロッ」という歌を繰り返し唄う習わしだ。
失敗して落ち込んだ時、不愉快な事があった時など、気分が沈んだ時に自分や相手を鼓舞する踊りである。


心理学者のWilliam Jamesが言っている。

「楽しいから笑うのではない。笑うから楽しいのだ」


まぁ、そんな表情をしているので書店で見かけたら手に取って見て笑って頂きたい。


話が逸れてナンダカンダ夜中の二時半を回ってしまった。
もう一誌紹介しなければいけないのに、俺は一体何やっているんだろう・・・。


もうひとつはユーキャンが発行している『趣味の水墨画』からの依頼で、やはり六月号の『作家通信』の中で俳句と絵画との出会いを語っている。
こちらはモノクロでチャイの絵が掲載された。
残念ながらこの雑誌は定期購読のみで一般書店には出回らないらしい。
手に取る事は出来ないのでここにそのチャイの絵を載せよう。

e0058443_2231231.jpg

肩に落つ花ひと片のいとほしき


「肩に落ちてきたひとひらの桜の花びらの、何と愛おしいことだろう」

そのような意味の句が、この絵の題である。
[PR]
by angelwhisker | 2009-06-08 02:34 | 告知

パッションフルーツは今年たわわに実る予定。

去年はいい加減な剪定をした結果、実どころか花一つ咲かなかった我が家の果物時計草。
e0058443_23133537.jpg



今年は子蔓や孫蔓を増やした甲斐あって、既に五つくらいの花が咲いてこれから咲きそうな蕾が十じゃきかないくらい控えている。
あんどん仕立てがヘタクソだし、もう少し大きな鉢に植え替えよう。

今日は朝から晴れたり曇ったり、昼過ぎにポツポツ来たかと思うと夕方からまた晴れて忙しい一日であった。
e0058443_23161396.jpg

[PR]
by angelwhisker | 2009-06-01 23:16 | 栽培

ヨッスィーが凸凹猫コンビ、タビーとチャイの可笑しい生活を綴る。路地裏の猫達に幸せを届ける『マタタビ至福団』の本部。


by angelwhisker

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
我が家の猫
マタタビ至福団
他の猫
料理と美味
外出
熊五郎
道具
栽培
行事
インテリア
年賀ネタ
安倍川茶伊太郎先生

息子
健康
告知
その他

タグ

(277)
(91)
(47)
(44)
(39)
(33)
(28)
(25)
(25)
(20)
(19)
(19)
(18)
(18)
(17)
(16)
(16)
(15)
(15)
(12)

ブログパーツ

最新のトラックバック

欲求不満
from 難攻不落の熊本城
体にフィットするソファ
from Stlpd28の音楽生活
ボロタワー
from にゃんちんと一緒
療法食開始
from ねこぱんち
寝違えないタヌキ
from ねこぱんち

検索

以前の記事

2017年 05月
2013年 01月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 09月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧