<   2008年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧

ゆくゆくはバター 〜動画〜

前回の記事で、体を張って湯加減を見てくれたチャイ。

お馬鹿さんなのか大らかなのか、微妙なところであるが。
ほとんど編集していない動画をアップした。




チャイのように体が硬い猫って、他にも結構いるのだろうか・・・。


昔、ちびくろサンボ@Wikipediaに出て来るホットケーキに憧れたものだ。

今もホットケーキは好きだ。
家からちょっと行った所にホットケーキで有名なお店があるらしいので、一度行ってみようと思っている。
[PR]
by angelwhisker | 2008-11-30 22:19 | 我が家の猫

湯加減とお馬鹿さん

猫というのは本来、水が苦手な生き物だ。
自ら水に入っていくネコ科の動物は、虎とNHKで放送された(俺は見ていない)スナドリネコ@NHKダーウィンが来たくらいだろう。

さて、我が家の猫達。

妻の入浴中に呼ばれたので行ってみる。
いつものように何をする訳でもなく浴室に入りたがるタビーと、風呂の水を飲みたがるチャイが入室していた。
e0058443_13225841.jpg


お湯の張られた浴槽の縁という大変滑り易い立ち位置の為か、二匹で大人しい。
クスクス笑いながら、妻が目配りして言う。

「チャイさんおかしいの」



何かの音が気になるらしい。
e0058443_13284194.jpg





e0058443_1327876.jpg





e0058443_13305235.jpg




チャイ・・・、
e0058443_1336844.jpg




お前さんが気にしているその音は
e0058443_13382770.jpg





尻尾でお湯掻き回している音だからっ!

e0058443_13401382.jpg




e0058443_13422416.jpg



合掌。
[PR]
by angelwhisker | 2008-11-28 13:44 | 我が家の猫

天国

頂いた花もまだまだキレイだ。

「こらっ、これは食べ物ではありません!」

e0058443_23394740.jpg


花が長持ちする理由はハッキリしている。
我が家ではこういう風に猫達が食べてしまわぬように、立ち入り禁止にしている寒い玄関にしか花を置けないのだ・・・。


それはそうと、皆さんのお陰で甘いものが溢れて我が家は天国と化した。
何だか太りそうな気配・・・。



e0058443_2343117.jpg

「チャイ、お前も幸せそうだなっ」
[PR]
by angelwhisker | 2008-11-26 23:48 | 我が家の猫

男の勲章と少しずつ猫団子

夜は寒くてさすがに暖房を点ける毎日。
我が家もてんやわんやの一大イベントが終わり平穏な日々をやっと迎えた・・・と、いきたいところなのだが、疲れ果てた二人が帰るのはここのところのドタバタで荒れ果てた自宅。


俺は今日から仕事に戻って一人で天井の解体を調子良くやっていたのだ。

まぁ調子に乗り過ぎたようだ。

一気に落とそうとした八畳分の天井が中途半端に落ちてぶら下がり、壁との隙間に挟まれて身動きが取れなくなったのには笑ってしまった(天井材自体は軽いので危険は無い)。
電話で階下に居る仲間を呼んでも良かったのだが、手元にノコギリを確保していたので三十年近い天井裏の埃を被って十分程真っ黒になりながら垂木を切って脱出に成功。





何だか楽しかったので更に調子良くやっていたら、大玄能(大金槌)で叩いちゃいけない所を叩いてしまう。

しばし悶絶。





通称『男の勲章』までこしらえてしまった・・・。






自分に合掌。





これが本物の男の勲章

e0058443_23155732.jpg






今日はかなり寒い現場だったが、お陰で左親指だけじんじんと熱く全くかじかまないで済んだ、そう思うことにした。



痛む指をかばいつつ今日の作業を終え、雨具を着て帰り支度をする。
今日は午後からかなりの本降り。
寒い訳だ。
氷雨だな。


左親指だけ何とも心地良く、他の指は泣きたくなる程冷たい雨に打たれながら自転車で家に帰ると、暖房を点けた居間で妻と猫達が無印体にフィットするソファでくつろいでいた。



「おっ、何だ、お前達仲いいじゃん」

e0058443_23264029.jpg


そうそう、最近ソファにカヴァを掛けるようにしたら夜あまり猫達がベッドに来なくなったのだ。
相当気に入ったらしい。


e0058443_23282847.jpg

両方の手でそれぞれを撫でてやったら、二匹共に身繕いを始めた。


e0058443_23294814.jpg

このままどんどんくっ付いて、黒ゴマきな粉団子になる事を切に願う今日この頃。





松村響子展はお陰様で無事終了。

みやびさん@空と太陽えこPさん@ねこのいる生活ayuさん@こざる生活らが駆け付けてくれた。
特にえこPさんは片道三時間も掛けて来てくれて、頭が下がります。

皆さん本当に有り難うございました。

展示作品はあと数日間柴田悦子画廊トップページでスライドショーで見ることが出来ます。
[PR]
by angelwhisker | 2008-11-25 00:09 | 我が家の猫

松村響子展 十七字の世界 其のニ 開催 〜柴田悦子画廊〜

この告知は十一月二十三日まで一番上に表示され、新着記事は下に更新される。

e0058443_0232969.jpg


今年もやってきた松村響子画伯の日本画展。
十一月十七日(月)から十一月二十三日(日)まで、銀座の柴田悦子画廊で開催される。
営業時間は十二時から十九時まで、最終日のみ十七時まで。




いろいろと故あってここでは詳しく書く事は出来ないが・・・、


何故か


今年も我が家の猫達がモデルに。



つくづく縁というものは不思議なものである・・・。

という訳で・・・、
[PR]
by angelwhisker | 2008-11-23 15:00 | 告知

隣の飯は旨い。

何度も書いているが、我が家ではタビーがチャイの減量食を食べたがり、チャイはタビーの高齢猫用高カロリー食を食べたがるので困っている。

根岸亭の皿がカラだったのでタビー用のフードを用意していると、おこぼれを与りにチャイが駆け付けた。

e0058443_23452063.jpg


そしていつものようにチャイなりに精一杯の甘えた声と仕草で訴えるのだ。
その甲斐あって、チャイはその度に数粒のフードを投げて貰えるようになった。
投げるのは、少しでもカロリー消費させる為。

しかし何度か繰り返すうちにやっこさんも学習したようで、二投目からは投げるコースの最終地点で待つようになった。
う〜ん、さすがのチャイも憶えてきたか。

しかし出来る限り長い距離を走らせたい。
投げた粒がややこしい所に入ってしまうと家具を破壊されたりダニが湧いたりといろいろ面倒でフード投げコースは自ずと限定されてしまい、うのだ。

考えた結果、自分の方へフードを投げられるのを待つチャイの元へ俺が行って、遠くに投げて追わせる、その繰り返しだ。

そんなこんなで爪研ぎが破壊された訳だ。

昨日猫達の体重を計ったら、チャイはひと月半程で八キロが七・ニキロに減量成功。
そして出来るだけチャイのフードを食べさせないようにした結果、タビーは三・九キロから四・三キロに増量・・・。
毎日撫でさせられているタビーの腹が「何だかぽんぽこりんになってきた」と思い始めていたのだが、気の所為ではなかったようだ・・・。


・・・タビーはチャイの御飯も食べて丁度良しってところか。





追記 

松村響子展は土日共に画廊に居る事になった。

希望者には画廊の天井に頭をぶつけるサービス、「ヨッスィーの本当に怖い、高い高い」を実施予定(小学生以下の子供と五十キロ以下の女性で先着十名限定)。
[PR]
by angelwhisker | 2008-11-21 00:18 | 我が家の猫

制作中 安倍川茶伊太郎先生

先生の制作風景。
e0058443_23521520.jpg


最近はあまり手近なところに材料を置かないようにしている事もあって、ちょっと先生の制作頻度が減ってしまったような気がする。
e0058443_23524019.jpg


弟子の私としては先生にもっと活躍して欲しい気もするのだが、先生の意欲の問題、アトリエの環境問題、量産による作品の質の低下の懸念などもあるので難しいところだ。


e0058443_235333.jpg

[PR]
by angelwhisker | 2008-11-20 00:01 | 安倍川茶伊太郎先生

有り難い事に。

ハッキリしない天気が続いた後の快晴。

昨日干してカラッと良い具合に乾いたものをとりあえずベッドにそっと置いて、溜まった洗濯物を洗い、この晴れ間のうちにと一気に干した。


午後三時前には干した布団を取り込んだ。

夕方には暗くなり始めたので干した洗濯物を回収。
乾燥具合も良い感じだ。



・・・そういえばチャイの姿が見えない。


ふふ〜ん。
そうか。
この時期になると、取り込んだホカホカ布団にいつの間にかチャイが潜り込んでいる事が良くあるのだ。

こっそり気付かれないように写真を撮ってやろう。





そう思って、寝室に・・・。








何で洗濯物の上にいるのっ!
e0058443_23544063.jpg


とっても有り難い事に、寝押し。
ふかふか布団ではなく、洗濯物を毛だらけにしての寝押し。


e0058443_23575827.jpg

しかも何故か一生懸命。
[PR]
by angelwhisker | 2008-11-19 00:06 | 我が家の猫

久々の『頭の中真っ白』状態。

一昨日の事だが。
修羅場の妻を激励してやろうと、思い付いた。
吉祥寺での仕事の打ち合わせの帰り道だったのでアテスウェイのケーキを小遣いで(←良い夫演出の為ここが大事!)買ったのだ。

それで自転車だったからそろりそろり段差を避けつつ帰ってきたのだが、家に着く三分前の踏切の凸凹でうっかり手を滑らせて紙袋ごと落とした。

久々の『頭の中真っ白』状態。
何も言葉が出ない。


いやいや、諦めるのは、未だ早い。
開けてみなければ判らんではないか。

その後も無駄と解りつつも、そ〜っと自転車を漕いで帰宅。
疲労で目ノ下熊子な妻に声を掛け、落とした事を告白しつつ箱を開ける。

「ああっ・・・」

妻の声にならない声。

俺は俺で、二十分前の箱の中の美しい姿を目にしているだけに衝撃だった。


解り易くいえば、ケーキのスプラッター、映画に例えるなら『悪魔の毒々モンスター』か『地獄のモーテル』状態。

箱の壁に四つのケーキがグジャグジャ混ざってへばりついていた。
取り分けようにないので、箱から直接食う。
悲しくて二人共に無言。



「あっ・・・美味しい!」

「うん、ホントだ」

カゴが無い自転車に乗る時はケーキを買うのをやめよう・・・。



e0058443_0303031.jpg

[PR]
by angelwhisker | 2008-11-18 00:31 | その他

執念と爪研ぎ

妻が爪研ぎを新しいのに変えて一時間も経たないのに、何かやたらとバリバリバッタンバッタンやっているなとは思ったのだ。

見に行ったらこのハチ様じゃなかった、クモ様でもなくて、このあり様だ。

e0058443_0113100.jpg


「あ〜あ〜あ〜あ〜あ、壊したな〜っ」

ここまで酷くボロボロな爪研ぎはayuさんのこざる生活の「たまたま替えてなかったのがこれまたたまたま写真に写ってしまい、あまりのボロさ加減に皆に非難された爪研ぎ(全過去記事から探したが見付からず)」か、はたまたにゃんちんと一緒のnyanmyupurinさんちにある年期の入ったキャットタワー(これは爪研ぎですらないが、モノがかなり高価だからそう簡単には替えられない)並みと言えよう。

・・・といいつつ全く嬉しくない、どちらかといえば不名誉なリンクを貼ってしまう今日この頃(記事の削除依頼はメールに連絡下さい)。


e0058443_03601.jpg

チャイ怒っているの図。


・・・実はチャイを走らせる運動がてら投げているキャットフードひと粒が、上手い具合に爪研ぎケースに入ってしまったのだ。

これはチャイの執念の現れなのである。
結局、取れなかったのを後で発見されて手から貰ったのだった。
[PR]
by angelwhisker | 2008-11-17 00:47 | 我が家の猫

ヨッスィーが凸凹猫コンビ、タビーとチャイの可笑しい生活を綴る。路地裏の猫達に幸せを届ける『マタタビ至福団』の本部。


by angelwhisker

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
我が家の猫
マタタビ至福団
他の猫
料理と美味
外出
熊五郎
道具
栽培
行事
インテリア
年賀ネタ
安倍川茶伊太郎先生

息子
健康
告知
その他

タグ

(277)
(91)
(47)
(44)
(39)
(33)
(28)
(25)
(25)
(20)
(19)
(19)
(18)
(18)
(17)
(16)
(16)
(15)
(15)
(12)

ブログパーツ

最新のトラックバック

欲求不満
from 難攻不落の熊本城
体にフィットするソファ
from Stlpd28の音楽生活
ボロタワー
from にゃんちんと一緒
療法食開始
from ねこぱんち
寝違えないタヌキ
from ねこぱんち

検索

以前の記事

2013年 01月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 04月
more...

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧