<   2008年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ねこ鍋に挑戦。

今日は資源ゴミ回収の日なので新聞紙やら段ボールやらを片付けていると、猫達が楽しそうだと起きてきた。

するとインフルエンザらしきものに罹ってフラフラしていた妻が台所から土鍋を両手に持ってきて、やってもいい?と俺に聞く。

何をやるのかというと、今何かと話題のねこ鍋だ。
ブログ仲間ではどうも未だ誰もやっていないようなので、やってみる事にした。
また洗えば良いのだ。

愛用の土鍋を床に置くと、早速群がる二匹。

e0058443_16252326.jpg


予想通り、チャイが先陣切って挑戦。

我が家の土鍋は何号だか忘れてしまったけれど、直径二十八センチ。
夫婦二人で使うには大きすぎるくらいなのだが・・・。





結果・・・。


チャイ、お前さん満足しているけど、それはかなり無理矢理だろ。

e0058443_16554240.jpg


やっぱり無理らしくて・・・
[PR]
by angelwhisker | 2008-01-30 17:05 | 我が家の猫

鼻っ柱

e0058443_12422784.jpg


ここのところ毎日タビーがチャイに挑んでいる。

いつも追い掛けられてばかりいる仕返しか、御機嫌で寝ているチャイに因縁を付けて喧嘩を吹っ掛けるというのを毎日数回繰り返す。

といってもそれは場所取りではなさそうで、勝ち負けの問題ではなしに単に憂さを晴らしているように見受けられる。


e0058443_13271087.jpg

その結果、チャイの鼻っ柱はアブドーラ・ザ・ブッチャー(Wikipedia)の額のように生傷が絶えない。


e0058443_13325224.jpg

チャイはチャイで、あまり気にも留めていないようだが・・・。
[PR]
by angelwhisker | 2008-01-28 13:36 | 我が家の猫

チャイの飛び込み

「ワ〜オッ、ウワ〜オッ!」

いつものように、「退屈で死にそうだ、つまらな〜い!つまらな〜い!」と叫びながら、タビーを誘っていたチャイ。

さっきまで盛んに寝ているチャイを誘っていたタビーは、今は椅子の上で知らん顔。

「どうしてお前達はいつもタイミングが合わないんだぁ!?」


仕方無くチャイは独りで叫び声をあげながら、部屋中をドタドタと駆けずり回っていた。




ガタッ、ジャボッ、バタバタッ、プルプルッ!



一連の音を聞いたので、一瞬の間にたまたま広げていたバスタオルを持って、チャイが居間に飛び出して来るのを待った。

「馬鹿だねぇ・・・お前は」

体重が重い上、湿ってグリップの良い肉球で勢いを付けて風呂の蓋に乗るものだから、蓋がずれてチャイもろとも落ちるのだ。


e0058443_14443715.jpg



びしょ濡れの体を一通り拭かれた後、ストーブの前へ。

風呂の出口から居間まで水浸しだ。


e0058443_14501010.jpg



これで懲りたかと思うと、そうではない。
e0058443_1450254.jpg


一時間後にはわざわざ人が入っている風呂の淵に上がり、お湯を飲んでいる。
細かい事は気にしない大物なのか、ただ単にお馬鹿さんなのか・・・。
[PR]
by angelwhisker | 2008-01-25 14:55 | 我が家の猫

妻の体の変化

妻は一昨年に体を壊し、去年の夏から中国整体に通ったり気功を習ったりして自己治癒力を高める努力をしてきた。
以前書いたように、前程ではないにしろ未だツボ押しもしている(詳しくは経絡刺激と懸念を参照)。

そこに前回の記事に書いた、妻の体の変化だ。


人間の肉体というのは不思議で、

そして素晴らしい。




妻が恥ずかしそうに告白した、変化とは何か。

見た。
確かに見たのだ。
痣が出来る程グリグリ押していた、ツボ刺激の効果か。

妻が・・・
[PR]
by angelwhisker | 2008-01-24 01:18 |

妻の告白と満月

妻に体のある変化を告白された。
e0058443_0505853.jpg



そうかぁ・・・、そう来たかぁ。
e0058443_0512443.jpg



証拠もちゃんとあるらしいのだが、俺としては見たい気持ち半分、見たくない気持ちも半分。
e0058443_0522274.jpg



もう数日で満月。
う〜ん・・・、人間の体って不思議だな。
そう思う今日この頃。
e0058443_053997.jpg



勿体ぶって悪いが、何の事だか公表するのはこの眼で確かめてからにしたい。
[PR]
by angelwhisker | 2008-01-22 00:40 |

年賀状ネタ裏話

裏話といっても、年賀状ネタ発表でナンダカンダ書いてしまったのであまり書く事が無いか。

そうそう、前回の記事で書いたブログ仲間達に

「ヨッスィーさんの網タイツはかなり厳しい」

と言った旨の意見を頂いた。
e0058443_036101.jpg


あれは仕方無い。
[PR]
by angelwhisker | 2008-01-19 00:00 | 年賀ネタ

着物巡礼とチャイの憤慨

一昨日の事なのだが、もうここのところずっと着物熱中症に罹っている妻がこざる生活のayuさんと空と太陽のみやびさんを誘って、西荻着物巡り。

西荻は古物商が多いのは知っていたが、古着の着物屋も相当多いらしい。着物好きには堪らないようだ。

俺は終わらない自宅の改装と客を迎えるにあたっての掃除等をしながら、妻からの連絡を待つ。
ところが・・・、西荻窪で夕飯を一緒にとった後は我が家へと言っていたのに、六時を過ぎても連絡が無い。さすがに腹が減ってきたので冷蔵庫を見ると、腹に溜まり過ぎずかつ軽く食べられる物が干し芋しか無かった。
仕方無く一切れをポイと口に入れ、手持ち無沙汰なので台所に溜まった食器を洗った。

結局妻からの電話は七時半を回り、それまでに口にした干し芋は七枚を超えた。
腹は満たされつつある。
「飯は一体いつになるんだ・・・」
独り言を呟く。

と、ようやく電話が鳴り招集が掛かった。

食事をし、張り切り過ぎて電池の切れたらしいayuさんとビールが入って御機嫌なみやびさんが

「明日は仕事なので今日はこれでお開き」

と言うのを半ば強引に拉致。
掃除優先で半日潰し、干し芋で飢えを凌いだ俺の苦労は何処で報われるというのだ。
客人が来るとタビーはいつも真っ先に寝室へ逃げ込むので猫専用扉をテープで塞ぎ、アレルギー対策に加湿器をガンガンに回し(空気中の猫の毛や埃が床に落ちる)、掃除機を掛けたのに。

二人の客が来てチャイはいつものように出迎えをしたが、いつもとは違って皆が構ってくれる。というよりも、当然猫好きの二人だから普段の客よりも接する距離がいきなり近くで、心を開けなかったらしい。
顔を近付けたみやびさんにシャーッ。


そこにayuさんの「ホントだ性格の悪さが顔に出ている」とか「胸に谷間が」とか散々けなされて憤慨し、フガーシャーの連発(詳しくはアンティーク巡り→ヨッスィー家@こざる生活)。

そう考えると初対面で文句も言わず抱っこされるこざるちゃんは我慢強くて偉い。

タビーの方は何度も寝室へ行こうと挑戦していたが諦めて妻の作業場に逃げていた。
お土産の六花亭のシフォンケーキを頂きながら雑談していると、しばらくして猫達も落ち着いてきたのかようやく少し慣れたタビーが出て来た。
タビーを写真に収めようと客人二人共奮闘。
部屋が特別明るい訳じゃないから黒い被写体に携帯電話カメラのayuさんは四苦八苦していた。

写真をアップしようと思ったのだが、来客の時間が短かったので嫌がるチャイを妻が抱き上げているあまり意味の無い写真しか撮っていなかった。

今日はみやびさんは望んでいた着物を、妻は掘り出し物の着物を見付けた。
ayuさんはいろいろ真剣に見過ぎて消耗し自沈したらしい。
e0058443_2333220.jpg

今度は何か食事作るので、次の日も休みの時に是非。
[PR]
by angelwhisker | 2008-01-16 23:06 | 我が家の猫

日課

前回の記事とは全然違う日なのだが、同じような写真になってしまう。
椅子と床と、猫達はいつも同じような位置関係。

タビーは襲われ難く戦いにも有利な椅子の上へ。
チャイは足を掛けつつ椅子或いはテーブルの下。

・・・そういえばチャイが椅子の上で寛いでいる姿を見た事がない。

e0058443_1172974.jpg



何故だろうか考えると、すぐに判った。
考えるまでもなかった。


大き過ぎて椅子の上では横になれないのだ・・・。


合掌。
[PR]
by angelwhisker | 2008-01-14 01:21 | 我が家の猫

条件反射

猫というのは暑い時期を除いて日なたが好きだ。
e0058443_1283890.jpg


そしてこれはうちの猫だけなのかもしれないが・・・、いつも思うのだ。
猫を日の当たらない部屋から抱き上げて日なたに置くと、大抵の場合は反射的に毛繕いし始める。

うちのタビーは夏を除いてほぼ間違いなくやる。



・・・じゃぁ、チャイはどうなのよ?
と言われると、そういう姿をあまり見た事が無いような気がする。

良く考えてその理由が判った。

チャイは重いのであまり運ばれていないのだ・・・。
[PR]
by angelwhisker | 2008-01-13 01:33 | 我が家の猫

年賀状ネタ発表

とうとうこの日が来てしまった。

賀状をいろいろな事情で未だ出せず、年賀が過ぎて寒中見舞いになってしまう数名がいるのだが、それはそれで仕方あるまい。

今年の年賀状は去年の秋の時点でほぼ内容が決定していたので、十二月二十九日の夜の時点までは我が家は至極安泰だった。
候補が幾つかあって一番楽そうなものを選んだし、それなりに受けるだろうとの予想も出来た。

ところが、

ある人から二十七日のセロリを食うタビーの記事に対してとは別の、

年賀状、ネズミ男ですか~?奥様は鬼太郎とか?

今年は何になるんでしょうか、楽しみだわ~。


とのコメントを頂戴し、状況は一転する。

『ネズミ男』がズバリどんぴしゃ、月のかいしゃ、ホテル・ニューハンプシャーだった。
落語の高座に上がった途端、客席からオチを言われた噺家のようなものだ。
俺は扮装の楽そうなネズミ男、妻は段ボールで黒い耳を作ってミニーマウスにと思っていたのだ。
予想通りにやるのは余りにもシャクなので、変更せざるを得ない。

まぁいい。
今までどうにかしてきたし、これからもどうにかなるだろう・・・。

しかし窮地に立たされた事に違いは無い。

いろいろ悩んだ挙げ句、そこまでするのは無理だろうと却下した第一候補案が再浮上してきた。

実は水木しげるの妖怪ネズミ男は良いとして、外国文化のミニーマウスはどうなんだ?と、ずっと引っ掛かっていたのだ。
ハッキリ言って俺はディズニーがあまり好きではない。
千葉県浦安にありながら東京ディズニーランドと言っている事がおかしい。
乗り物は楽しいがあちこち歩いているキャラクターが、どうしても「縫いぐるみを着た人間」としか思えず、全くディズニーの世界に浸れない。
そして俺の中では、手塚治虫の漫画を元にしたアニメをディズニーが作り、その事実を認めなかった事で完全にその位置が決定した。
だから、俺がミッキーマウスになる事は考えられないのだ。

そんな俺の気持ちもあって、第一候補案を真剣に再検討する事になった。
日本が誇れる(と言っていいと思う)ネズミだ。
ちょっとホッとした心持ちになった。
元々今年はこれがやりたいと思っていたが、材料と手間と予算を考えるとかなり厳しい状況だったのだ。

家族会議にて材料を揃えるべく、翌三十日の日曜にユザワヤへ買い出しに行く事に決定した。

素材は見付かるのか、上手く出来るのか、そして間に合うのか。

吉祥寺駅周辺は、正月の餅やお飾りやおせちの準備等で買い出しに来ている客でごった返していた。



俺達は一体何をしに来ているのだろうか・・・。

この全く見通しの付かない状況で、限られた予算内で適合素材が見付からなければネタの再検討も必要かもしれない。
そんな不安を抱えながら店舗のエスカレーターを上がって行く。

俺達は幸運だ。
ワゴンセールの素材の中に最適なものを見付けて格安で手に入れる事が出来た。
その晩から制作開始。

大晦日の晩。
いつもならテレビの格闘技番組を見つつ年越蕎麦を食い、除夜の鐘を聞く。

しかし、そうはならなかった。
手早く蕎麦を啜ってその後もずっと、黙々と制作だ。


「私達、大晦日に何やっているんだろうね・・・」

「・・・でも、これは使命だから」

「・・・」

チクチクチクチク。





・・・そしてやっと出来た。

顔がバレバレという話もあるが、この格好で歩かなければ判るまい。






二千八の年賀状ネタ、発表!
[PR]
by angelwhisker | 2008-01-10 12:02 | 年賀ネタ

ヨッスィーが凸凹猫コンビ、タビーとチャイの可笑しい生活を綴る。路地裏の猫達に幸せを届ける『マタタビ至福団』の本部。


by angelwhisker

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
我が家の猫
マタタビ至福団
他の猫
料理と美味
外出
熊五郎
道具
栽培
行事
インテリア
年賀ネタ
安倍川茶伊太郎先生

息子
健康
告知
その他

タグ

(277)
(91)
(47)
(44)
(39)
(33)
(28)
(25)
(25)
(20)
(19)
(19)
(18)
(18)
(17)
(16)
(16)
(15)
(15)
(12)

ブログパーツ

最新のトラックバック

欲求不満
from 難攻不落の熊本城
体にフィットするソファ
from Stlpd28の音楽生活
ボロタワー
from にゃんちんと一緒
療法食開始
from ねこぱんち
寝違えないタヌキ
from ねこぱんち

検索

以前の記事

2017年 05月
2013年 01月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 09月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧