<   2007年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

口は災いの元

いつも底抜けに能天気な姿を披露するチャイに対して、
e0058443_1012544.jpg



文字通り、黒くて見えない影のような存在タビー。
e0058443_10171650.jpg


しかし、きっちり、主張だけはしている。
ブラッシングと、腹揉みだ。
何かあると、いや何も無くても、通りすがっただけで叫んでいる。


それに、我が家では『ブラシ』という言葉を安易に口にしてはいけない。
e0058443_1023561.jpg

聞き付けたタビーが「ゴロニャン」と甘ったれた声を出しながら、いつものブラッシングポジションにやってくるのだ。
e0058443_10245539.jpg


我が家に来た頃は体に一切触れさせなかったタビーだが、どうしてこんなになってしまったのか。
抜け毛対策としては最高なのだけれども・・・、時々煩わしい。
[PR]
by angelwhisker | 2007-05-30 10:29 | 我が家の猫

チャイの抜け毛

夏が近付いてきたからだろう、チャイの抜け毛が激しい。

そこで久々の本格的ブラッシング。

タビーは毎日、いや、いつでもブラシを掛けているから、問題ない。


e0058443_0253587.jpg


チャイ玉が4つ出来た。

それにしても靴下が・・・。
[PR]
by angelwhisker | 2007-05-28 00:28 | 我が家の猫

足掛け季節の到来

近所のあちこちで咲くジャスミンの香りが盛期を迎えると、フローリングの上でチャイが足を掛け始める。

e0058443_020584.jpg


暑いのだ。

しかし何故に足(脚)を掛けるのか。

e0058443_0203134.jpg


一度訊いてみたい。
[PR]
by angelwhisker | 2007-05-25 00:21 | 我が家の猫

ノミ駆除剤と体の硬さの関係

獣医から貰ってきた予防駆虫剤フロントライン。
我が家の猫二匹と妻の実家の犬一匹とで体重二十キロ用を分けて滴下する予定だった。
完全室内飼いなのに何でまた、と思うだろうが仕方無いのだ。

何故なら、俺がノミのいる環境で作業する事が多い為だ。
よって、図らずも

『御持ち帰り』

が多くなる。
それでなくとも最近苦戦を強いられているマタタビ至福団活動で野良猫と触れ合う機会も多い。

e0058443_16333993.jpg


本当ならば、
俺がノミ駆除剤を浴びたいところだ。

さてその猫達。
タビーは怯えて隠れたままになったが、チャイは・・・。
チャイの届かぬ思いを観る。
[PR]
by angelwhisker | 2007-05-21 16:35 | 我が家の猫

絶叫実況中継〜動画

前回、前々回と反響があったので、編集しようがないくらい短い動画をまとめてみた。
まとめる必要がなく、字幕で引っ張った感は否めないが・・・。

今回は猫ネタ写真が無いので、別なものを載せる事にする。

我が家に義母が訪ねてきた。
妻にストレッチ運動を教わる。
義母の体のあまりの硬さに愕然とした。
これでは咄嗟の時に大事になりかねない。
本人は

「ストレッチ教室に通うわ」

なんて言っていたが、それは無理だろう。
理学療法士のいる病院で『リハビリ』というのが現実的だ。

e0058443_044230.jpg


終いにはこの姿勢のまま

「眠くなっちゃった・・・」


しかし、妻がどうして片足だけ靴下を履いているのかは誰にも解らない。

お出掛け〜猫さらいの旅
[PR]
by angelwhisker | 2007-05-19 00:08 | 我が家の猫

虐待を考える

今思えば、チャイにはとても悪い事をしたなぁ・・・と思ってしまうのだ。
それは我が家の掛かり付け獣医が、少年期のチャイを診察した時に

「頭の大きさからして、これ以上大きくはならない」

と断言したのが事の始まりだ。




続いて先生は

「これ以上体重を増やしてはいけない」

とも言ったのだ。





人間の思い込みは恐ろしい。




我々夫婦は、『チャイは物凄く太った』と思い込んでいた。
無理なダイエットもさせてしまった(その時の事はいずれ書く)。



しかし実際は・・・、

チャイは太ったのではなく、大きくなったのだ。



今の体重になるまで、当たり前のように青いキャリアで運んでいた。
猫は狭いところが好きとはいえ、どう考えても無理がある。

イリュージョンだ。
[PR]
by angelwhisker | 2007-05-16 23:52 | 我が家の猫

お出掛け

先日書いたタビーのヨダレがどうしても気になり、無理矢理口を開けて歯茎を点検すると、どうやら歯槽膿漏か何からしい。
混合ワクチンを射つのと、フロントラインを貰いに行くのも兼ねて、獣医に行く事になった。

e0058443_23401019.jpg


フロントラインとは、ペット用蚤ダニ駆虫剤だ。
色々なところから色々な薬剤が出ているが、うちの猫達はホームセンターなどで売っているタイプだとヨダレを流してラリってしまって可哀想なのだ。
医者から貰ったこれは良く効き、猫達へのダメージも少ないように思われる。
それを先生の助言もあって、犬用(あまり成分は変わらないらしい)体重20キロ分のを我が家の猫二匹分に、体力的に難しくなってきて両親の代わりに妻が面倒を見ている犬とで分ける事になった。
その犬は保護センターから貰ってきたミニチュアダックスフントなのだが、やたら大きい。
どれくらい大きいかと言うと、7.6キロだ。
ジャパンケネルクラブが定義するミニチュアが5キロだから大きい。
でも、ミニチュアなのだそうだ。

じゃ、7.4キロあるチャイの立場はどうなるのかという話もあるが・・・。

屋根裏からペットキャリアを降ろしたところで、勘の良いタビーは寝室のベッドの下に隠れてしまった。チャイを入れ、タビーを入れる。

家を一歩出た途端に、猫達が絶叫しだす。
面白いからムービーを撮っていたのだが、相当なストレスになりそうなので早々と自転車に。

e0058443_2354494.jpg


・・・重い。
重過ぎる。

チャイの乗る後ろの籠が重くてバランスが危ういので、妻に支えてもらってここでも動画を撮るのだが、これも短く切り上げた。

絶叫をやめない猫達を後ろと前に載せ、いざ出発!
こんなに重くバランスが悪い荷物は新しいクッションを買う。以来だ。

俺は道行く人々の好奇の目に晒されながら、猫さらいのように何だか後ろめたい気持ちでペダルを漕ぐ怪しいオジさんだった。
[PR]
by angelwhisker | 2007-05-14 00:22 | 我が家の猫

猫に好かれる車

シャチョーの仕事で使う車の駐車場には、野良猫達が沢山いる。
毎日通ってくる餌やりおばさんが複数居るのだ。

実を言うと、俺は『定期的餌やり』には否定的だ。
栄養失調で衰弱している状態や、最近一般的になった給餌と避妊去勢等を行う『地域ねこ活動』は別として…。
毎日定期的に餌を与える人達は、猫が集まるようになる結果、地域住民や猫自体にも迷惑がかかるという事をもっと考えるべきだ。
餌のやり逃げは、けしからん。
糞害、マーキング臭、鳴き声等は猫の過密状態で発生する。
その行為を良く思わない人からの、猫への虐待も増えていくだろう。
それに不特定多数の猫が集まり過密状態の中、不要な喧嘩などで接触する事によって猫の伝染病などの拠点になってしまう事も多い。
多くの猫達がいつの間にか現れていつの間にか見かけなくなる。
その周期は非常に短い。
十年通っている俺が見てそう思うのだ。

俺ももう少し地域ねこの事を勉強して、近いうちにまたこの事を取り上げたい。


さて、その駐車場。
好かれる車種とでも言おうか、居心地が良いのか・・・。

どうしてなのか、毎日毎日うちの車にばかり猫達の足跡が残されているのだ。

e0058443_23155415.jpg


だからといって、猫を叱ったりする訳でも追い払ったりする訳でもないのだ。
足跡があると何故か楽しい。

犯人達は判っている。
[PR]
by angelwhisker | 2007-05-10 23:55 | 他の猫

御機嫌の音

チャイが窓辺でひなたぼっこ。

e0058443_22513327.jpg


御機嫌でズビズバ言っている。

これをベッドの上で、やられる。

地響きだ。

しかも、寄り掛かって毛繕いをされながらなので、

揺られて気分が悪い。


チャイのズビズバを聴く
[PR]
by angelwhisker | 2007-05-07 22:54 | 我が家の猫

籠城と懇願

我が家の屋根裏にある物置。

ゴチャゴチャいろいろなものが置いてあるので、猫達は大好きだ。

下ろした階段が邪魔なので、用事を済ませたら早く格納したいのだが、

猫達はなかなか降りて来ない。


特に、この御仁。
e0058443_22594253.jpg



いつも名前を呼ぶと入り口近くまでは来るものの、すぐには階段を降りて来ない。

俺ならば無理矢理下ろす事も可能だが、狭い上に急な階段だ。
七キロ強の抵抗するチャイを抱えて降りるのでは、こちらが落ちて怪我しそうだ。
仕方無く優しく声を掛けるが、知らんぷり。
俺が苛々し始める前に妻が助け舟を出すも、普段出さないような甘ったれた声で身を捩らせ、駄々を捏ねて抵抗するばかりだ。



そう、この御仁。

e0058443_23132693.jpg



チャイのお願いを聞いてみる
[PR]
by angelwhisker | 2007-05-05 23:22 | 我が家の猫

ヨッスィーが凸凹猫コンビ、タビーとチャイの可笑しい生活を綴る。路地裏の猫達に幸せを届ける『マタタビ至福団』の本部。


by angelwhisker

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
我が家の猫
マタタビ至福団
他の猫
料理と美味
外出
熊五郎
道具
栽培
行事
インテリア
年賀ネタ
安倍川茶伊太郎先生

息子
健康
告知
その他

タグ

(277)
(91)
(47)
(44)
(39)
(33)
(28)
(25)
(25)
(20)
(19)
(19)
(18)
(18)
(17)
(16)
(16)
(15)
(15)
(12)

ブログパーツ

最新のトラックバック

欲求不満
from 難攻不落の熊本城
体にフィットするソファ
from Stlpd28の音楽生活
ボロタワー
from にゃんちんと一緒
療法食開始
from ねこぱんち
寝違えないタヌキ
from ねこぱんち

検索

以前の記事

2017年 05月
2013年 01月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 09月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧