カテゴリ:その他( 31 )

軽井沢高原教会で挙式

兄の結婚式に、軽井沢へ行った。
当日は曇りと聞いていたが、空は晴れ。

式直前にホテル備え付けの髭剃りで髭を当たっていたら出血。
やはり自前で持って来るべきだった。
これじゃBloody Weddingだ。
ワイシャツの襟が血に染まってしまった。
慌てて染み抜きをしたり石けんで擦ったりしているうちに十分も遅刻。

平謝りだ。
皆に合わす顔が無い。
特に父。
前日、親族揃っての晩餐の集合時間に遅刻した父親を俺は責めた。
それもあってか、父は一番に支度を終えて待っていたらしい。
スマン。

花嫁は純白のウエディングドレスで美しく、とても良く似合っていた。
何だか兄には勿体無い、というか申し訳ないような。

e0058443_14473816.jpg


俺も妻も花嫁とは二度目、彼女の家族とは初の対面をした訳だが、何だか初めてあったような気がしない。
皆とても気さくで飾り気が無く、自分でも驚く程この行事を楽しんだ。
どうやら価値観や生活習慣がかなり近いようなのだ。
とても楽しい家族だった。

兄夫婦も本当に幸せそうだ。

この人達と親戚になれて、俺達も幸せだな。
俺にしては珍しくそんな事を思った一日だった。
[PR]
by angelwhisker | 2007-06-04 14:55 | その他

手紙

e0058443_19443534.jpg

先日、仕事から帰宅して新聞と共にテーブルに置いた郵便物に目をやると、俺宛の封筒があった。
仕事関連の郵便物が多い俺にとって、手書きの宛名というのは何だか最近は非常に珍しくなっているから、そいつはよく目立った。

ピンクの封筒だ。

誰だろう?

全く憶えがない。
裏返しても差出人の名は無い。



・・・女か!?



何しろピンク色なのだ。

これだから色男は困る。
[PR]
by angelwhisker | 2007-06-01 19:46 | その他

泣けた。

時々、ちょっと変わったというか、俺自身ではまず行かないWebサイトを紹介してくれる、lunaworksさんのねこぱんち。
お陰で、その度にパズルゲームやWebソフトにハメられ、半分眠りながらもクリックしてしまい、思う壷な自分が悲しい。

今回は、2ちゃんの拾い読みをしているサイトを紹介していた。あ、吹雪いてる・・・(実況中継  @ ねこぱんち(lunaworksさん)

良い話を読ませてもらった。

個人的にはこの話が泣けた。
とといた?

嗚呼、こんなに涙を流したのは久し振りだ。
気が付いたら、頬を大量の涙で濡らしてた。
妻と二人で、ただ涙、涙。

元気になった気がする。
[PR]
by angelwhisker | 2007-04-06 13:55 | その他

民主主義的テントの考察

街で面白いモノを発見した。

しかし、テーマが猫とかけ離れているし、ここのネタ的にも相応しくない。
残されるコメントも恐らく限りなくゼロに近いだろう事も予想される。
ブログに乗せるかどうか、随分迷ったのだが・・・、思い切って載せる事にした。
いつも生真面目な記事ばかりじゃ、つまらないし。
まぁ、たまには良いではないか・・・。

最初それを目にした時は、余りのさりげなさに気付くのが遅れた。
考え事をしていたら、全く気付かなかったろう。

そのモノとは、『店舗のテントに書いてある文字』なのだが、笑ってしまった。

どうしてその文字ががそこに書いてあるのか理解出来なかったのだが、手前の駐車場の車の屋根越しに覗いてみてやっと判明。

どんなテントなのかというと・・・、
[PR]
by angelwhisker | 2007-03-30 00:07 | その他

さよなら、仮面ライダーカブト

今頃になってなのだが、終わってしまったシリーズ、仮面ライダーカブト

実は去年の秋頃から妻と共に何気なく見だした(詳しくはここのところ続く地震の話を参照)このドラマの面白さに、この冬は完全にやられてしまったのだった。


e0058443_0174771.jpg

写真は店舗改装している現場前の野良達。

長い話はここから。
[PR]
by angelwhisker | 2007-03-01 00:19 | その他

自転車の歩道通行解禁

基本的にはこのブログはネコを主たる題材としたブログなのだが、本当にマズい事になりそうなので、今回少しばかりお付き合いいただきたい。
ほとんどのマスコミが取り上げない話題なので、危機感を持ってここに書かせて頂く。

それで、しばらくトップページにしておく事にする。

猫の記事はこの記事の下に更新されます。

問題の危険な法案
[PR]
by angelwhisker | 2006-12-25 23:48 | その他

池波正太郎と水木しげる

気分転換には読書は良い。

二、三ヶ月前から、妻が池波正太郎にハマっている。

剣客商売シリーズ、鬼平犯科帳シリーズをほぼ読破。

e0058443_22252846.jpg


夕食を終え寛いでいると、携帯ゲームに飽きた妻がこう言った。



「さてと、ウメヤスでも読むかな」
[PR]
by angelwhisker | 2006-12-03 23:03 | その他

怒りと哀しみの佐川急便老女コンビ

それはちょっとした事から始まった。

数年前、インターネットで念願のインフレータブルカヤックを買った。
通称ダッキー(アヒルのような)と呼ばれる、ゴム製のカヤックだ。
ちょっと重くて15キロくらいはある。
注文してから、自宅に届くまでの待つ間の長かった事。
その夜、佐川急便の女性ドライバーから住所確認の電話があった。
訊けば我が家のすぐ近くに車を停めて捜していると言う。

説明するのも面倒なので我が家のある三階から階段を降りて行き、佐川の車に向かった。
夜だったのでしっかりとは確認出来なかったのだが、佐川のオバちゃんは二人組で、しかも二人共かなり高齢なのだった。
夜遅くまでこんな老女が働かねばならない時代なのだ。
暗い中、老眼で伝票を離して見なければいけない上、荷室の奥から重いカヤックを取り出すのにも苦労していた。
あまりに気の毒で見かねて声を掛け引っ張り出した。
グモテックス(カヤックメーカーの名)はずっしりと重かった。
しかし憧れのカヤックが我が家に来た喜びで舞い上がっていた俺は、サインをして
「いいからいいから」
と、そのまま家まで勢いに任せ自分で持ち運んだ。

それがいけなかったらしい・・・。
[PR]
by angelwhisker | 2006-08-04 00:39 | その他

色バトンが回ってきていた。

忙しさにかまけて、すっかり過ぎていた事としていたが、思い出した。
猫・ねこ・ネコ (=^^=)のnekoboci さんから『色バトン』なるものが随分と遠い昔に回ってきていたのだ。
「自分はこうです」という事を語らなければならず、何だかコッ恥ずかしい内容な気もするが、一旦受け取ってしまった以上仕方あるまい。
関係無い写真を多用し、小さなフォントで読み難くさせれば、『文字を読まない派』の人達はやり過ごせるだろうから、その作戦に出る。

e0058443_0362873.jpg

Q1:自分を色に例えると? 
 A:昔、熱帯魚を飼育していた頃、ターコイズ・ディスカスという憧れの魚が居た。その緑青色が好きだったので自分はその色なのだと思っていた。しかし、何故か今は橙色が温かくていい。そのうち部屋の壁を橙色に塗ろうと思っている。歳をとったのか・・・。

Q2:自分を動物に例えると?
 A:バク。言わずと知れた、人の夢を喰って生きると言われる伝説上の動物。主食は隣でグースカ寝ているかみさんの夢。

Q3:自分をキャラに例えると?
 A:思い付かないので星一徹とでもしておこう。この図体なら6人掛けのテーブルくらいなら軽くひっくり返せる。一度やってみたいが、後で泣きながら拾って喰うのは『勿体無い星人』の俺なのだろうな。

Q4:自分を食べ物に例えると?
 A:好きな食べ物はマンゴーなのだが、長さといい、色といい・・・ゴボウだろう。

Q5:次に回す五人を色に例えると?

ねこのいる生活 (えこPさん)
元気な若草色。沢山の生命力に溢れた初夏、そんなイメージ。

猫とエンタメの日々 (はいちゃんこさん)
夜の空の群青色。これはブログスキンの色の影響なのだろうけれど。

Calm Cat (pocoさん)
太陽のような山吹色。日向ボッコしている印象が強いのだろうな。

「くな&ぴゅる」ほのぼの日記 (funiさん)
桜色。お宅のあちこちにピンク色の物があるような・・・。文字もそうか。そうか、それでだ。

上條コウ Actor (上條コウさん) 
情熱の赤。ただの赤じゃなくて、情熱の赤。エネルギッシュなところは他の色は何も浮かばない。

以上の方々にバトンを渡せたらいいなという事で、選ばせてもらった。
今回はタスキに変更もしないし、質問も少ない。タスキ自体には未練が残るが、偏屈ジジイと思われたくは無い。強いて言うなら俺は偏屈おじさんなのだから。ジジイとおじさんでは雲泥の差だ。
ネタに困った時や気が向いた時に是非。
e0058443_0382930.jpg

[PR]
by angelwhisker | 2006-07-12 00:42 | その他

自己紹介バトンなるものが回ってきた。

にゃんちんと一緒のnyanmyupurinさんから『自己紹介バトン』なるものが回ってきた。
こういうのは初めてだから、ちょっと困る。
コッ恥ずかしい。
手に持ってみると『自己紹介バトン』は意外にも重かった。
気も重い。

「お前達はどう思う?」

e0058443_23514189.jpg


猫達に訊いてみたが、当然答えは返って来ない。
チャイはそっぽを向き、タビーに至っては迷惑顔だ。

よし、決めた。

そのバトン、受け取ろうではないか。
[PR]
by angelwhisker | 2006-05-19 00:25 | その他

ヨッスィーが凸凹猫コンビ、タビーとチャイの可笑しい生活を綴る。路地裏の猫達に幸せを届ける『マタタビ至福団』の本部。


by angelwhisker

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
我が家の猫
マタタビ至福団
他の猫
料理と美味
外出
熊五郎
道具
栽培
行事
インテリア
年賀ネタ
安倍川茶伊太郎先生

息子
健康
告知
その他

タグ

(277)
(91)
(47)
(44)
(39)
(33)
(28)
(25)
(25)
(20)
(19)
(19)
(18)
(18)
(17)
(16)
(16)
(15)
(15)
(12)

ブログパーツ

最新のトラックバック

欲求不満
from 難攻不落の熊本城
体にフィットするソファ
from Stlpd28の音楽生活
ボロタワー
from にゃんちんと一緒
療法食開始
from ねこぱんち
寝違えないタヌキ
from ねこぱんち

検索

以前の記事

2013年 01月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 04月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧