解脱

部屋の中を通り過ぎて行く風が涼しくなったものだ。
じっとしていると肌寒い。

妻が「ちょっとだけ昼寝」と言いながら無印良品の体にフィットするソファに横になった。
すると、待っていましたとでも言うように何だか薄茶の大きなハムスター状の生き物がズピズピ喉を鳴らしながら、妻のちょっとTシャツの丈が足りなくて出てしまう腹の辺りに寄り掛かった。

妻もチャイもどちらも幸せそうだ。
e0058443_22352195.jpg




もうちょっと良い構図で撮れないかと床にあぐらをかいたら、ゴロニャンと鳴いて今度は俺にも黒い影が忍び寄ってきて鎮座(ゴロニャンと鳴いているのだから全然忍んでないのだが・・・)。
e0058443_22384541.jpg



しばらく見ていた。

いつも思うがチャイは熱い。
時期的にはまだ早いが、チャイは歩く湯たんぽなのだ。
寝床の主にとっては落ち着きがなく恐ろしく寝相の悪い湯たんぽである。

今は秋。
何だか段々と妻の顔が汗ばんできてきたような気がする。

俺の膝上の黒い塊も段々熱くなってきた。
ひかがみ(膝の裏)から汗が滲む。


そしてついに、二匹が完全開放。

解き放った。

e0058443_22512625.jpg



羨ましい。
人間の方はなかなか煩悩から開放されない。



あ、断っておくが俺は特に信仰している宗教などは無い。

まぁだからといって求めてもいないので、お誘いもお断りしておく。
今まで生きてきた中で、自分のいろいろな経験や知識などが複雑に混ざり絡み合って、漠然とした自分なりの宗教観が形成されている、とでもいっておこう。

人に信仰を訊かれた時は面倒なので「強いて言えば俺が神だ」と言う事にしている。
大抵の人はそれ以上その話を続けようとは思わないらしい。
[PR]
by angelwhisker | 2008-09-24 23:21 | 我が家の猫

ヨッスィーが凸凹猫コンビ、タビーとチャイの可笑しい生活を綴る。路地裏の猫達に幸せを届ける『マタタビ至福団』の本部。


by angelwhisker

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
我が家の猫
マタタビ至福団
他の猫
料理と美味
外出
熊五郎
道具
栽培
行事
インテリア
年賀ネタ
安倍川茶伊太郎先生

息子
健康
告知
その他

タグ

(277)
(91)
(47)
(44)
(39)
(33)
(28)
(25)
(25)
(20)
(19)
(19)
(18)
(18)
(17)
(16)
(16)
(15)
(15)
(12)

ブログパーツ

最新のトラックバック

欲求不満
from 難攻不落の熊本城
体にフィットするソファ
from Stlpd28の音楽生活
ボロタワー
from にゃんちんと一緒
療法食開始
from ねこぱんち
寝違えないタヌキ
from ねこぱんち

検索

以前の記事

2013年 01月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 04月
more...

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧