ちりめん山椒の調理法

『ちりめん山椒レシピ』と書けば検索で引っ掛かり易いのは知っている(言い訳とはいえ・・・、期せずして目的達成)。

しかし、俺は「出来る限り不自然でない程度に日本語にこだわる」のだ。

そこに気付いている人がここの読者にどれだけいるのか解らないが・・・、俺はいつの間にかそういうこだわり屋になってしまっていたのだよ。
歳を重ねたという事か。
このブログも初期の頃は文体が確立していない。若さもあって、読み返せばやや気恥ずかしい。
あ、いきなり話が逸れているので元に戻そう。

ちりめん山椒なのだ。

これは正直に書けば幾つかのHPを印刷したものを参考にして、毎回本当に適当に作っている。
参考にしたHPはおとなのちりめん山椒@キッチンひめちりめん山椒ごはん@蛙亭お品書きの二軒。
六年前に印刷したHPを見に行ったら、何だか2つとも規模が大きくなっていて驚いた。

で、俺は基本的にキッチンひめの作り方で、蛙亭の金胡麻を足している。

今までの作り方に不満は無い。
それは余計な塩分を摂りたくないというのもあったが、今回は蛙亭の山椒を塩茹でする作り方に挑戦したかった。
何故なら、HPに書いてあるような黒い灰汁をただ見てみたかった、それだけなのだ。

山椒の辛みが余り抜けなかった。
何度も煎り煮をし直したりしたが、一口の中に激辛のものが数粒。
口の中がチカチカして痺れる。
好みが大人の味とはいえ、後になってビリビリで完全に麻痺だ。

なるほど。
二日目から妻が食べなくなった訳だ。
塩を入れ過ぎたきらいはある。
あの刺激自体はグレープフルーツのような柑橘系の揮発油が元々のものだろうが・・・。
解らない。

俺は何でも自分で作るのが好きなのでやっているだけで、買った方が美味しくて安いものというのも多いと思う。
ああ、今回は何だか文章がまとまらない。
すまん。

そういえば、前回の紫陽花のある庭。
我が家の庭ではない。
三階にある我が家の、下の家の庭。
別に入っても構わないのだが・・・。
これからの時期、庭は献血所に変わるので特別な用事がない限り近付かない事にしている。落とした洗濯物を取りに行く時や、生ゴミを埋めに行く時くらいだろうか。
虫除けをいくらやっても必ずたかられて痒い目に遭う。

ヤブ蚊天国カユミ地獄。
[PR]
by angelwhisker | 2008-06-28 01:00 | 料理と美味

ヨッスィーが凸凹猫コンビ、タビーとチャイの可笑しい生活を綴る。路地裏の猫達に幸せを届ける『マタタビ至福団』の本部。


by angelwhisker

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
我が家の猫
マタタビ至福団
他の猫
料理と美味
外出
熊五郎
道具
栽培
行事
インテリア
年賀ネタ
安倍川茶伊太郎先生

息子
健康
告知
その他

タグ

(277)
(91)
(47)
(44)
(39)
(33)
(28)
(25)
(25)
(20)
(19)
(19)
(18)
(18)
(17)
(16)
(16)
(15)
(15)
(12)

ブログパーツ

最新のトラックバック

欲求不満
from 難攻不落の熊本城
体にフィットするソファ
from Stlpd28の音楽生活
ボロタワー
from にゃんちんと一緒
療法食開始
from ねこぱんち
寝違えないタヌキ
from ねこぱんち

検索

以前の記事

2017年 05月
2013年 01月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 09月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧