鍋の会と憤慨

土曜は俺の知らない間に妻がアンティーク巡り→ヨッスィー家@こざる生活のayuさんと空と太陽のみやびさんを誘って、我が家で鍋の会をやる事になっていた。

仲間はずれは余りにも悲しい。
俺の方は現場でのコンクリート土間打ちが手間取って残業になりそうなところを、仲間のお陰で解決して六時までにどうにか家に帰る事が出来た。

前回とは違い引っ込み思案なタビーも早い段階で寝室から出て来て、ウジウジしながらも意外にしっかりと接客。
写真を撮り忘れてしまったが、ayuさんには腹も揉ませていたタビー。


チャイはみやびさんにしっかり遊んでもらい、エンジン全開。
もう完全に心を許したようだった。
e0058443_23591133.jpg

しかし・・・。
寛いでいるところにayuさんが匍匐して近付き、チャイの前脚を人差し指で押え込んだ。
困惑し前脚を引っ込めるチャイ。

押え込む→引っ込める→押え込む→引っ込める→押え込む→引っ込める

三回目で、さすがのチャイもついに「シャーッ!」

一同大爆笑。

「いや〜、人んちの猫がどれ位やらせてくれるものかと思って」

チャイの怒りの許容範囲を試したらしいのだが、ayuさん・・・、


アンタそれ、完全な嫌がらせだよ。


笑われっぱなしのチャイは憤慨甚だしく「フガーッシャーッ」の連発。
それでまた爆笑。
しかしイタズラ心といえば可愛らしいが、言い換えればそれは小さな悪意でもある。
人んちの猫を挑発する客人は初めてだ。

そしてチャイのキャラクターにそぐわない、ピリピリと小刻みで神経質に動く尻尾を

「ガラガラヘビみたい」

と形容されたからか、再び挑発目的の凝視をされたからか、やたらにナーバスに。

e0058443_23594279.jpg


ayuさんには濃厚で苦いカラメルの大人の味プリンに化粧品、みやびさんからはタビーも太鼓判の上品な和菓子(二人を駅まで送って帰ったら、タビーに荒らされていた)とマタタビシートも頂いた。

妻は残っているプリンを今度はちゃんと計画的に食べられるだろう。
何しろ濃厚過ぎるプリンをやっと食べ終えた後、底に残った単体では苦過ぎるカラメルを口にして初めて食べ方の重要性を知ったのだった・・・。
御馳走様でした。
[PR]
by angelwhisker | 2008-03-03 00:24 | 我が家の猫

ヨッスィーが凸凹猫コンビ、タビーとチャイの可笑しい生活を綴る。路地裏の猫達に幸せを届ける『マタタビ至福団』の本部。


by angelwhisker

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
我が家の猫
マタタビ至福団
他の猫
料理と美味
外出
熊五郎
道具
栽培
行事
インテリア
年賀ネタ
安倍川茶伊太郎先生

息子
健康
告知
その他

タグ

(277)
(91)
(47)
(44)
(39)
(33)
(28)
(25)
(25)
(20)
(19)
(19)
(18)
(18)
(17)
(16)
(16)
(15)
(15)
(12)

ブログパーツ

最新のトラックバック

欲求不満
from 難攻不落の熊本城
体にフィットするソファ
from Stlpd28の音楽生活
ボロタワー
from にゃんちんと一緒
療法食開始
from ねこぱんち
寝違えないタヌキ
from ねこぱんち

検索

以前の記事

2013年 01月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 04月
more...

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧