舌打ちの反応 我が家の猫の場合。

以前、男の友人と何かの話をしていて、どういう訳かそういう方向の話題になったのだが、トイレで尻を拭く時に前から拭くか、後ろから拭くか、で白熱した論議になった。
邪魔なものがあるために、男子たるもの、片尻上げて後ろから拭くものだろう、そう俺は主張した。
それは尻の話だけに結論がまとまらなかったのだが・・・。

それとは別に、その友人が和式ではズボンを下ろすどころか、下半身は完全に脱ぐ事を表明した。

「普通、全部脱ぐだろ」

「え〜?!、普通、しないだろ」

そちらの方が話題としては物議を醸した事は言うまでもない。
トイレの床などでズボンの裾を汚さない為という事だったと記憶している。
しかしバランスを崩したり、ブーツなどを履いていた場合などの脱ぐ為のリスクも大きいような気がするのだが・・・。



そんなこんなで今回は品のない、登頂したらヘリに乗って帰ってまう登山のような、下らない話で始まるのだ。

e0058443_23432816.jpg




何故なら、自分ではごく普通の事、或いは当然の事と思っている行為が、世間的には変わっていたりするのは、意外にもよくあるのだという例を挙げたかったのだ。

我が家で言えば、舌打ちだ。

野良猫などの名前の判らない猫を呼び寄せる時に、多くの人が短く連続した舌打ちを使っていると思う。

だがヨッスィー家では、それは結果的に全く逆に作用する。
我が家で舌打ちとは、

『禁止行為を犯した猫に対する警告及び叱責』

として使われているのだ。


大抵の場合、猫もやってはいけない事を自覚して行動している。
舌打ちで咄嗟に逃げるか、デコピン覚悟の耳伏せ状態で固まるかだ。

初めて家に来た友人の何人かは、やはり舌打ちをしていた。

「ごめん。それ、うちでは叱っている事になるから」

叱られる理由に身に憶えがない猫達は、いつも困惑した顔で俺達夫婦を見上げるのだった。
[PR]
by angelwhisker | 2006-11-15 23:54 | 我が家の猫

ヨッスィーが凸凹猫コンビ、タビーとチャイの可笑しい生活を綴る。路地裏の猫達に幸せを届ける『マタタビ至福団』の本部。


by angelwhisker

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
我が家の猫
マタタビ至福団
他の猫
料理と美味
外出
熊五郎
道具
栽培
行事
インテリア
年賀ネタ
安倍川茶伊太郎先生

息子
健康
告知
その他

タグ

(277)
(91)
(47)
(44)
(39)
(33)
(28)
(25)
(25)
(20)
(19)
(19)
(18)
(18)
(17)
(16)
(16)
(15)
(15)
(12)

ブログパーツ

最新のトラックバック

欲求不満
from 難攻不落の熊本城
体にフィットするソファ
from Stlpd28の音楽生活
ボロタワー
from にゃんちんと一緒
療法食開始
from ねこぱんち
寝違えないタヌキ
from ねこぱんち

検索

以前の記事

2013年 01月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 04月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧