ラッコの御飯を食べた。

今日、仕事を手伝ってくれている友人ゲルッチとスーパーで昼飯の弁当を選んでいると、凄いものを見付けてしまった!
生まれて初めて見るそいつは、やたらとデカくて、多分弾けんばかりに身が詰まっていて、焼いたら美味そうだ。

「凄いねこれ!」

「うん、初めて見るよ」

「ああ、ちょっと食ってみてぇな」

「食ってみたいね」

二人とも弁当とパンを手にしていたものの、そいつの魅力に心が揺らぐ。
それは何かというと・・・、

e0058443_2382932.jpg


『大アサリ』

(後で家に帰って調べてみたところ、アサリに近い仲間で標準和名は「ウチムラサキ」という貝であった。伊勢湾や三河湾では焼き大アサリは名物料理らしい)

腹の減った昼時だ。
その圧倒的存在感で勝負は見えた。
俺達は弁当と二つの重い大アサリを手に下げて現場に帰った。
ここには高校以来の友人である施主が置いていった七輪と網があるのだ。
当然、薪も山程ある。
七輪に火を起こした。
炭火になるまで待てず、焼く。

e0058443_23132548.jpg

物凄い迫力だ。


e0058443_23153580.jpg

大アサリはあっという間に弱音を吐いて、降参した。

食べかけの日替わり弁当の上に乗せたら、思わず吹き出してしまった。





巨大アサリ弁当。

e0058443_2319447.jpg



ゲラゲラ笑いながら飯を食う。
味は確かにアサリ。
一個で腹一杯だ。
美味しい汁が皆流れてしまったので解らないが、ちょっと大味かもしれない。

あまりに珍しいので、ゲルッチと帰りがけにもう一度スーパーに寄って、今晩のオカズに買った。
店員と話をする。

「これ珍しいですよね」

「そうですね、都内ではあまり流通してないですね〜。何軒かの呑み屋さんで見るくらいですかね〜」

「俺見た事も聞いた事も無いもん」

「そうそう、池袋サンシャイン水族館に行くと見れますよ」

「?」

「ラッコがこれ食べてます」



家では旨味が流れないようにナイフを入れて二つに切り、酒を振り掛けてネギを載せ焼いた。
シークワサーを添え、お気に入りの大島窯の皿に載せて頂く。
e0058443_23464657.jpg

うむ。なかなか美味であった。
[PR]
by angelwhisker | 2006-09-29 23:53 | 料理と美味

ヨッスィーが凸凹猫コンビ、タビーとチャイの可笑しい生活を綴る。路地裏の猫達に幸せを届ける『マタタビ至福団』の本部。


by angelwhisker

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
我が家の猫
マタタビ至福団
他の猫
料理と美味
外出
熊五郎
道具
栽培
行事
インテリア
年賀ネタ
安倍川茶伊太郎先生

息子
健康
告知
その他

タグ

(277)
(91)
(47)
(44)
(39)
(33)
(28)
(25)
(25)
(20)
(19)
(19)
(18)
(18)
(17)
(16)
(16)
(15)
(15)
(12)

ブログパーツ

最新のトラックバック

欲求不満
from 難攻不落の熊本城
体にフィットするソファ
from Stlpd28の音楽生活
ボロタワー
from にゃんちんと一緒
療法食開始
from ねこぱんち
寝違えないタヌキ
from ねこぱんち

検索

以前の記事

2017年 05月
2013年 01月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 09月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧