持つべきは猫友達

今となっては大勢の猫友にこうして囲まれている俺だが、一番古い猫友達は確か2000年春あたりからの付き合いだ。
携帯サイトで黒猫を募集をした事が縁で出会い、以後メールをやりとりするようになった。
その友人とはまだ一度も会った事はない。
タビーが我が家の一員になったあたりから、その頃のメール内容は時々音楽の話題だったり身の上話だったりしたが、基本的にはほぼ猫一色だった。
その古いメールはMacに転送していたのだが、OSが変わった為か、文字化けして読めなくなった。
読めるのはチャイが来るひと月前あたりからである。
今つくづく思うのは、本当にこの友達がいて良かった。
書いている内容が猫がほとんどのため、知らず知らず猫達の成長記録になっていたのだ。
読み返してみると、当時の猫に対する自分のフレッシュな気持ちが溢れている。
文章も若い。
e0058443_034953.jpg


せっかくなので、当時彼女に送ったメールを何もいじらずにここに記そう。
以下、2002年6月27日のメールより。





件名  今日はお休み

いつも世話になっている材木屋さん。
大きな造作物を作る時はJR中央線高架下の作業場を借りるのだ。
そこに登場した猫の親子。
キャー!!かわい〜い!イヤ〜ん、アイピローにもってこいの大きさだワ〜ん。
手のひらサイズ。
かみさんを明日連れて行って、うちの子になる猫を選ぶつもりです。
タビーが拒絶反応起こさなきゃ良いのだが。まぁ拒絶反応ならともかく、うちの遊び方からいって、おもちゃとして認識しないようにしなくちゃいけない。
弄ばれて殺されちゃう。それだけ心配。どうしても仲間という意識が生まれず攻撃ばかりするようならば、他に子猫の里親を探す方向で決まってます。
俺は、複数飼いがほぼ初めてだし、成猫のいるところに生後1ヶ月の子猫を迎えるというのも初めての経験なので、不安ばかり。
子猫もやっぱりメスを選ぼうと思っているのだけど、ごはんもしばらくはドライフードのタビーとは別にしなくちゃイケナイだろうしね。
子猫らはようやく猫缶を食べ始めたらしい。
母親は半野良で、警戒心が強くて子猫はOKでも自分の体は絶対に触らせないらしいです。
避妊させたいが、捕まってくれないらしい。
「あまり親の所に長く居ると人間嫌いが仕込まれちゃう」
と材木屋の奥さん。
材木屋さんチには既にその母親が以前産んだ子が4匹くらいいるんだって。
あそこはシーズ−も何匹か居たし、家の中はさぞかし大変なことになっているのだろう…。
いろいろ教えてね。

以上が、チャイが我が家に来る事になる話の、サワリの部分だ。
多頭飼いの先輩にいろいろと教えを乞う姿勢で、期待に満ち満ちている様子が窺える。
文章の基本は変わっていないか。

このメールには大好きな画集
『スタンランの猫』
の漫画風ストーリ仕立ての絵の写真を撮って送った。
著作権は切れているだろうし、同じ内容のものを載せよう。
e0058443_032639.jpg

[PR]
by angelwhisker | 2006-01-27 00:37 | 我が家の猫

ヨッスィーが凸凹猫コンビ、タビーとチャイの可笑しい生活を綴る。路地裏の猫達に幸せを届ける『マタタビ至福団』の本部。


by angelwhisker

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
我が家の猫
マタタビ至福団
他の猫
料理と美味
外出
熊五郎
道具
栽培
行事
インテリア
年賀ネタ
安倍川茶伊太郎先生

息子
健康
告知
その他

タグ

(277)
(91)
(47)
(44)
(39)
(33)
(28)
(25)
(25)
(20)
(19)
(19)
(18)
(18)
(17)
(16)
(16)
(15)
(15)
(12)

ブログパーツ

最新のトラックバック

欲求不満
from 難攻不落の熊本城
体にフィットするソファ
from Stlpd28の音楽生活
ボロタワー
from にゃんちんと一緒
療法食開始
from ねこぱんち
寝違えないタヌキ
from ねこぱんち

検索

以前の記事

2017年 05月
2013年 01月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 09月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧