ブレンド挑戦状

昼休みにカフェで苦いコーヒーを頼むのが習慣になった。

『Coffee History 吉祥寺店』だ。

熱いコーヒーを啜りながらマタタビの瓶を眺めて、今日はどの辺りで福猫に出会うのか想像するだけで顔がにやけてしまう。
e0058443_2351135.jpg

吉祥寺で仕事の日にはつい来てしまうこの店だが、
『コーヒー豆も売るカフェ』なのか『カフェもやるコーヒー豆専門店』なのか考えてしまうと、カフェインの取り過ぎも手伝って夜も眠れない。




未だにどちらなのか判らないが・・・。

どっちにしても、コーヒー好きではあるがイマイチ味音痴の俺は

「コーヒーは大人の味」であるからして「コーヒーは苦いのに限る」

と単純明快、土天海冥、馬鹿の一つ覚えで苦いものばかり飲み続けている。

コーヒーは苦けりゃいいのだ。

通に言わせればコーヒーの味は浅煎りの方が出るらしいが、シティローストよりも煎りの浅いコーヒーはあまり好きではない。
それに酸味の利いたコーヒーは事務所のサーバーで飲む、煮詰まった珈琲のイメージが強くて苦手だ。
従ってここで飲むコーヒーも苦めのものばかり。
店に無理を言ってアイスコーヒー用の豆をエスプレッソで出してもらったり、いろいろ勝手な事を言って飲ませてもらったが、適材適所というべきかやはり豆にはそれぞれ適した飲み方があるようだ。
当然と言えば当然。

この店が面白いのは、

客のオリジナルブレンドコーヒーが出来る事だ。

そのブレンド割合は、それぞれの客の処方箋としてファイリングされるらしい。
何にしようか迷っていると、

「言葉やイメージでも作りますよ」

そう言われた。
言葉?
イメージ?
それでコーヒーをブレンドするというのか?
本気か?
どんな客でもやっているのか?

特徴ある眼鏡の店員Fさんはニコニコ顔だ。

『・・・お、俺自身の想像力を試されている』

瞬間的にそう悟った。
いきなりの提案にたじろいだが、ここで退いては男が廃る。
挑戦を受けて立つしかあるまい。

「え〜っと、せせらぎのような澄んだ味で・・・、

酸味が少なく・・・さわやかな若葉の・・・」


言葉が繋がらず、言っている端からイメージが破綻していく。
e0058443_12105355.jpg

完敗だった。

やはり、あまりにも突然で心の準備が足りなかった。
俺の目に、Fさんの眼鏡の奥の瞳がキラリ微かに光って見えた。

もう負けは許されない。
次回の勝負は念入りに、揺るぎない表現でイメージを固めておこう。
この感じでいくと漠然とした表現になればなる程、Fさんは燃えそうだ。
例えば、

「ひなたぼっこする猫の気持ちのような柔らかい香りで、

一生忘れられない恋のような口当たりのコーヒー」


眼鏡店員Fさんにとっての「一生忘れられない恋」とはどんな口当たりだろうか。
甘いものか、酸っぱいものか。
少しばかり意地悪なリクエストだ。

これに決まり。
いや、どうするかな。
・・・あまり調子に乗ると嫌がらせになりかねないので、程々にしておこう。

e0058443_1218914.jpg

[PR]
by angelwhisker | 2005-11-26 12:54 | 料理と美味

ヨッスィーが凸凹猫コンビ、タビーとチャイの可笑しい生活を綴る。路地裏の猫達に幸せを届ける『マタタビ至福団』の本部。


by angelwhisker

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
我が家の猫
マタタビ至福団
他の猫
料理と美味
外出
熊五郎
道具
栽培
行事
インテリア
年賀ネタ
安倍川茶伊太郎先生

息子
健康
告知
その他

タグ

(277)
(91)
(47)
(44)
(39)
(33)
(28)
(25)
(25)
(20)
(19)
(19)
(18)
(18)
(17)
(16)
(16)
(15)
(15)
(12)

ブログパーツ

最新のトラックバック

欲求不満
from 難攻不落の熊本城
体にフィットするソファ
from Stlpd28の音楽生活
ボロタワー
from にゃんちんと一緒
療法食開始
from ねこぱんち
寝違えないタヌキ
from ねこぱんち

検索

以前の記事

2013年 01月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 04月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧