猫飼いのお掃除ロボット・ルンバ レビューそのニ

e0058443_23505783.jpg

ルンバ、恐るべし。
何しろ三回足らずでこの量の床上のゴミを回収しているのだ。
e0058443_23513954.jpg

自動運転で広範囲を掃除し、借りたモデルでは一時間後には自ら充電器に戻って来る。
気になる音は前々回の記事の動画を見てもらえば判るが、そこそこうるさい。
モーター音に加え、軽く障害物に当って方向転換というランダムな動きをするので何か集中して作業している時以外は結構気になる。
同じ部屋でくつろぐ事はまず無理だろう。




センサーで壁沿いはきっちりとブラシでゴミを集め、障害物に当るとランダムに方向転換。
あまり狭い範囲に障害物があると袋小路に入り込んで、よく掃除出来ている場所とそうでない場所の差が激しいようだ。
だから椅子など足が邪魔になるような家具や、引きずってしまうような小物は床から上に上げて置いた方が良い。
e0058443_0562618.jpg


それと、敷居などのある家庭でも大抵の場合二センチまでの段差は問題無く乗り越えるらしい。
我が家の床は結構平坦な作りなので段差乗り越えを見る事は無かったが、毛足の長い絨毯も問題無く掃除してくれた。
そしてこの絨毯掃除が思っていた以上に良い仕事をしている。
外出から帰って来て床に埃が無いというのがどれだけ気持ちいいか!
本当に本当に欲しくなった。


と、ここまではべた褒めなのだが、良い事づくしではないという事もここにちゃんと記しておこう。

まず、メンテナンスだ。
三回に一回くらいはルンバ本体の方のゴミ取りが必要なのだ。
これは普通の掃除機もルンバも一緒で、回転ブラシを持つ掃除機の宿命なのだが、ローラーブラシに毛が絡まる。それに、車輪。
幾つか毛の絡まり易い部品を外し(簡単に外せる)車軸に絡まった毛を取ったり、溜まったゴミを捨てたり、それをやらねばならない。
e0058443_23552220.jpg

絡んだ毛などは結構簡単に取れるのだが、ちょっと面倒でもある。
それと回収したゴミは結構細かい埃が多いのと静電気の為に、本体や部品が白く粉をふいたようになる。それを別な掃除機で吸ってやるとキレイになるのだが、うっかりしていると小さな部品は吸われてしまいそうだ。
この作業は面倒くさがりや老人には難しいかもしれない。

それから、これは金を貯めて買う気満々になりかけていた我が家の気持ちを一気に萎えさせた原因でもあるのだけれど、ルンバは水にとても弱い。
ロボットというからには精密機器な訳で、センサー部分や何やらに水が掛かると壊れるのだそうだ。だから台所で水が跳ねたところを掃除させるのは駄目なのだという。
だから赤外線か何かで立ち入り禁止区域を作る『お部屋ナビ』を使うと良いと営業さんには言われた。

という事は、猫達にしゅっちゅう水ゲロを吐かれている我が家ではなかなか難しいという事なのだ。

それとペットの糞を巻き込んだり回収してしまったルンバは、保証対象外どころか修理点検もしないという。え〜っそれはどうなのよっ、と思ったが、ルンバを分解修理する立場で考えてみたら当然の事だろう。カチカチコロコロうんこならともかく、体調が悪い時のゆるいうんこだったら最悪だ。

それ以外にも価格COMのクチコミなどを読んでいると、消耗品や充電池の交換、定期的なオーバーホールなんかも必要で、一度買ったらほぼメンテナンスフリーのいわゆる掃除機とは全く違う認識が必要だ。何しろ精密機械だから。車の車検みたいなものと考えるのがよろしい。

いや〜ぁ、でもルンバに日常生活防水版が出るなら金貯めて買うな・・・。
ゲロ対策は、人が居る時に使う。
一定時間、何処かの部屋に猫を閉じ込めるか、逆に一部屋ずつルンバを閉じ込めて掃除させれば良いのだ。

それと、ルンバは床専門であるからして、過度な期待は禁物だ。
床以外の掃除はやはり人間がてでやる以外に無いのだから。
掃除するのが好きでそれを生き甲斐にしているとか、掃除で自分の心をキレイにしている人にも向かない。
共働きの我が家には食器洗浄機があって大変重宝しているのであるが、皿洗いが好きな人というのは意外に多いという事が解ったのだ。
手洗いより湯も少なくガス電気も少なく総合的にコストが安いと説明しても、聞き入れてくれない。「皿を洗う行為が好き」という事らしい。
俺も昔の二槽式洗濯機の頃は洗濯という行為が大好きだったな・・・。
あまり汚れていないものから洗い始めて、最後は汚れ物。
汚れが目に見えて楽しく、洗剤も水も少なくとても合理的だった。
それと同じだ。


e0058443_0582944.jpg


ま、我が家ではそんなこんなで今の状況ではとりあえずは難しいという事で、本体をキレイにした後、宅急便着払いで返却した。

翌日から床にうっすら溜まる埃の目立つ事目立つ事!
キュイーンキュイーン、クカーックカーッ言いながら最後は自分の家(充電器)に帰ってゆくアイツはもう居ない。







寂しい。
頑張っていつかルンバ買いたい。
[PR]
by angelwhisker | 2009-12-14 01:10 | 道具

ヨッスィーが凸凹猫コンビ、タビーとチャイの可笑しい生活を綴る。路地裏の猫達に幸せを届ける『マタタビ至福団』の本部。


by angelwhisker

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
我が家の猫
マタタビ至福団
他の猫
料理と美味
外出
熊五郎
道具
栽培
行事
インテリア
年賀ネタ
安倍川茶伊太郎先生

息子
健康
告知
その他

タグ

(277)
(91)
(47)
(44)
(39)
(33)
(28)
(25)
(25)
(20)
(19)
(19)
(18)
(18)
(17)
(16)
(16)
(15)
(15)
(12)

ブログパーツ

最新のトラックバック

欲求不満
from 難攻不落の熊本城
体にフィットするソファ
from Stlpd28の音楽生活
ボロタワー
from にゃんちんと一緒
療法食開始
from ねこぱんち
寝違えないタヌキ
from ねこぱんち

検索

以前の記事

2013年 01月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 04月
more...

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧