THE BAKER BROTHERSのライヴに行ってきた。

カテゴリ分けすれば彼等はJAZZ FUNKになるのだろうか。
THE BAKER BROTHERSを保育園の頃からの友人と共に渋谷クアトロに観に行ってきた。
クアトロでのライヴはPato Fu以来か。
実はライヴなんか行っている場合じゃないくらい仕事が溜まっているのだが、行って本当に良かった。物凄い良い気分転換になった。
いやいや最高の演奏を聴いてきたのだよ。



前座のquasimode等のゲストも・・・、BIRD以外は良かった。
BIRDは数年前に観た時に(ちょっと期待していた)、上も下も全域に渡って声が出ておらず、伸びず、安定もせず、余りの下手さ加減に正直ガッカリしたのだ。
今回も大変気持ち良さそうに御機嫌で唄っていたので、どうやらコンディションが悪いという訳では無さそう。
しかしやはり・・・ノリのいい曲じゃなければ聴くに耐えない歌唱であった・・・。
それでも新曲を出す度に飛ぶように売れていた頃は、歌姫と言われていたのだ。

楽曲の力とは凄いものだと思う。

ああ〜っと、いかんいかんつい辛口になってしまった。
いやはやとにかく、いいな、生演奏は。


十九時始まりの三時間四十分。
トリのBAKER BROTHERSだけでもアンコール含めて全21曲(PAのブースに曲順のメモが見える)。
それで今日一日の中で、俺は心から幸せな気分にさせてもらった出来事が一つ。
というのも後半になって盛り上がりに盛り上がってきたところで、フロアに居たカップルらしき外国人二人組が楽しそうに手を取りながら踊っていたのだ。
片方がロシアの総合格闘家ヒョードル似のごつい男で、もう片方のクルクル回っている方はどちらかというとヒョロヒョロした線の細い男なのだ。

別に差別や羨ましいとかそういう感情も無く、ただただ楽しそうに踊っているゲイのカップルを見て、何だか解らないが幸せな気分になったのだよ。



え〜、今度は何を観に行こうか・・・。


e0058443_053487.jpg

[PR]
by angelwhisker | 2009-07-23 01:15 | 外出

ヨッスィーが凸凹猫コンビ、タビーとチャイの可笑しい生活を綴る。路地裏の猫達に幸せを届ける『マタタビ至福団』の本部。


by angelwhisker

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
我が家の猫
マタタビ至福団
他の猫
料理と美味
外出
熊五郎
道具
栽培
行事
インテリア
年賀ネタ
安倍川茶伊太郎先生

息子
健康
告知
その他

タグ

(277)
(91)
(47)
(44)
(39)
(33)
(28)
(25)
(25)
(20)
(19)
(19)
(18)
(18)
(17)
(16)
(16)
(15)
(15)
(12)

ブログパーツ

最新のトラックバック

欲求不満
from 難攻不落の熊本城
体にフィットするソファ
from Stlpd28の音楽生活
ボロタワー
from にゃんちんと一緒
療法食開始
from ねこぱんち
寝違えないタヌキ
from ねこぱんち

検索

以前の記事

2017年 05月
2013年 01月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 09月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧